« 「備中高松城」と「忍城」の水攻め | トップページ | 町のブランド化 »

2014年7月16日 (水)

夏休みの小さな一人旅

一昨日、夏休みを取り「関東小さな一人旅」に行田市に行ってきました。
昨日は「忍城」のことをアップしました。

行田市には、永い眠りから目を覚ました行田蓮の美しさを満喫できる「古代蓮の里」があります。
広大な敷地の中に42種類12万株の蓮を見ることができますし、中でも花弁の数が少ない原始的な形態を持つ行田蓮は約1400~3000年前の蓮であると言われています。

今では行田市のシンボルになっています。

種類が沢山あっても、私に分かるのは「大賀蓮」くらいで、それ以外は私にとっては全て「蓮」なのです。

でも分からなくても良いんです。
咲いている花を見て綺麗と感じることが出来れば?
良い夏休みの一日になりました。
0716

« 「備中高松城」と「忍城」の水攻め | トップページ | 町のブランド化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59997285

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの小さな一人旅:

« 「備中高松城」と「忍城」の水攻め | トップページ | 町のブランド化 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ