« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

不良老人を目指す!

     僕の前に道はない
     僕の後ろに道は出来る
     ああ、自然よ
     父よ
     僕を一人立ちさせた広大な父よ
     僕から目を離さないで守る事をせよ
     常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
      この遠い道程のため
      この遠い道程のため

私の大好きな高村光太郎「道程」です。

昨日、誕生日のお祝いをFacebookで沢山いただきました。
その中で、若い方からのアクティブな「不良老人」を目指して下さい!とのメッセージをいただき、改めて光太郎の「道程」を想い出しました。

私が両親からやりたいようにやらせてもらったように、これからは若者の支えになり、彼らの新しい道づくりの一助になることが出来れば、この上ない幸せかな?

今日からは新たな「不良老人」を踏み出すことにします。
こんなことを考える、前期高齢者を迎えた一日目の感想でした。

2014年7月30日 (水)

前期高齢者の仲間入り

何か複雑な心境の誕生日です。
今まで自分の誕生日には無関心な方でしたが、Facebookで大勢の方からお祝いのメッセージをいただいたり、孫たちからの手紙をもらうと、改めて歳を積み上げてきた歴史を感じます。

少なくとも平均寿命が延びている日本においては超高齢社会が訪れています。
そして自分も含めてアンチ・エイジングなどにより、外見はもとより内面まで若々しいお年寄?も多くなっています。

今の時代は何歳から「高齢者」なのでしょうか?

世界的な基準の例としては、国際連合では60歳以上。
国際保健機構では65歳以上を「高齢者」に定義しています。
日本では人口統計上の区分においては65歳以上、高年齢者雇用安定法においては55歳以上、高齢者の医療の確保に関する法律や付随する各種法令においては、65歳以上が「前期高齢者」75歳以上が「後期高齢者」とそれぞれ異なる定義があります。

今年の4月1日にわが県の大和市が「60歳代を高齢者と言わない都市」宣言を行いました。
その狙いは「高齢者自身の意識改革」を促し、地域コミュニティーにおける豊富な人生経験を生かした仕事や活動を期待しています。

期待にこたえなければ。
    老け込むわけにはいかないな?
    でも、出しゃばり過ぎてもいけないな!

う~ん!やっぱり複雑な65歳の誕生日だ!

2014年7月29日 (火)

出席者の数だけ違った価値観が!

会議を行うと人数分の価値観があります。
それは当たり前のことでむしろ自然だと思います。
従って、自分たちの良しとする提案が全て通るはずがないのですが、そうは思っていても、たまにはいらっとするものです。
人間的に未熟な自分自身に腹を立てることもしばしばです。

「真人の息は踵を以てし、衆人の息は喉を以てす」(荘子)

今夜の会議は、荘子のこの言葉に頼りました。
逆境にある時には無理に逆らわずに、そして、自分の意見を通した時には勇み立たずに満足をしない。

心の置き方で結構、気持ちが楽になるものです。
衆人の息の仕方は喉でするように浅くなってしまいます。それと対照的に、真人の息は、踵から吸って息を全身に行き渡らせた後に、再び踵からゆっくりと吐きだしていく、深く静かな呼吸が必要だと。そうすると身体から力みが消えて全身がリラックスするものです。と荘子さんはおっしゃっていました。

典型的な例が「赤ちゃん」です。
「赤ちゃん」の身体には無駄な力みがないので、息が深く、一息ごとにリズムがあります。

これをもう一度学ばなくては と思っているのですが、これを歳を積み重ねてくると忘れてしまうのです!

2014年7月28日 (月)

ペーパーレス化会議は、まだまだ遠い世界?

事務所内のデータは紙主体からデジタルデータでの保管が進み確実にペーパーレス化に変わってきています。
今や一人一人にパソコンがあるのが当たり前に時代です。
インターネット/LANのブロードバンド化、データを保存するためのメディアの価格も劇的に安くなっています。光磁気ディスク、フラッシュメモリなど紙媒体以外に手軽にデータを保存できる仕組みが整ってきたために、これらをフルに活用して、紙への印刷やコピーを極力減らすことを目標にしているペーパーレス化は確実に進んでいます。

時間的にも効率的な業務の遂行を可能にしました。
そして、普段から会議で使用した資料をスマートフォンに保存でき、どこでも手軽に見て、確認できることはありがたいです。

会議資料も最近はパワーポイント等を使用しての資料作成が非常に多くなってきています。
ペーパーレス会議を意識してのことです。
電子会議システム導入の最大のメリットは「ペーパーレス化による様々なコストの削減」にあります。
しかし、プロジェクター等を使用して会議は日常的になってきました が さすがにここまでの環境を整えた会議になっていないのが現状です。

そうすると、確かに「ストック」として保管される紙はペーパーレス化はされました。
なおかつ、自分のデスク周りも事業綴りで溢れている状況から開放されて、すっきりとしたのに、何故か、会議時の配布資料の枚数が以前より多くなっているのです???

そして今日も明日の会議の準備をしているのですが、まだまだ本当の意味でのペーパーレス化は先のようです。

私の関連するイベント情報

8月17日(日) 第48回大磯市
       17:00 ~ 20:30 大磯港
     ※7月~9月の「大磯市」は「夜市」になります。
          夕涼みながら、いつもと違う「大磯市」をお楽しみください。

2014年7月27日 (日)

趣を変えた「カミイチホームランナイター」

絶好のナイター日和です。
上府中公園の小田原球場に行ってきました。しかし、スコアボードがおかしくありません?
0727_1
小田原球場で開催されているクラフト夜市。ホームランナイターの会場なのです。

外野芝生には約80店舗が出店して、皆さん芝生でゆっくりとした時間を過ごしていました。
普段は公園内の周遊道路で開催されている「カミイチ」ですが今夜ばかりは趣を異にしていました。

2

2014年7月26日 (土)

夏本番 なぎさの祭典

各地で連日の猛暑日を記録。

夕方から開催される「第26回 なぎさの祭典 夏!!大磯!!祭!!」の準備の時には、正式の記録はありませんが、体感的に会場の駐車場は、もう間違いなく猛暑日です。
このなぎさの祭典が行われると、大磯の夏も本番です。

毎年、会場内が大変混雑するので今年は入場する際にリストバンドを1人につき1本3000人分を用意しました。想定していた苦情も終了後にいくつかいただきましたが、メインゲストに迎えた岩崎良美さんと石川ひとみさんのコンサートに20分間に凝縮された大磯の花火も無事に終了しました。

これが仕事ではなくてビールを片手にでも観賞できれば と思いつつ・・・・・?
後は毎年このイベントで腰を悪化させるのですが、その後遺症が出ないことを願うのみです。
140726

140726_2

2014年7月24日 (木)

猛暑の中でのエアコン不調!

梅雨明け宣言されたと思ったら夏全開の天気です。
各地で猛暑日を記録しています。

よりによって、この猛暑、真っ只中にあってご機嫌斜めのわが部屋のエアコンに、私の方がご機嫌斜めです。

エアコンの吹き出し口から出てくるのは暖かい風だけ?
冷媒装置が多分故障しているのだと思います。冷風など全く出てきません。

私も暑いですが、パソコンもこの状況で使用すると壊れてしまいます。
今夜の予想も熱帯夜。
風が入って来て来ることを願うのみです!

2014年7月23日 (水)

先輩からのFacebook

Facebooを、私はごく身近にいる人とのコミュニケーションツールとして利用しているだけです。
全世界ではFacebookのアクティブユーザー数はどの位いるのでしょうか?
10数億人の方が利用しているようですが、その中でも世界中の方とコミュニケーションをしている方はごく一部だと思います。

私の年代でもこのSNSの世界はついていくのに非常に苦労をしているのですが、人生の先輩から友達リクエストが届きました。

「日本語の記事が何もないじゃん?」

翻訳機能を使用してにわかに翻訳家気取りで文章を翻訳?
分からん!

「あぁ~、ここに朝の連ドラの花子さんが居ればすぐに翻訳してくれたのに!」と思いながら、改めてFacebookが地球の裏側から五大陸にまで繋がっているネットワークを実感しました。

今、娘の子どもが一昨日から英会話教室の合宿に行っています。
合宿中は日本語禁止とのこと。
自分も英語は好きな分野だったのですが、私の時代は何せConversation何って無視の教育を受けてきたのですから・・・・・?

若かりし頃、ドイツで民泊させていただいたときに、日本の英語の教育を聞かれ、中学生で3年間、高校生で3年間、大学で4年間の英語の授業がありました と応え、「それでこの程度の会話力?」と言われたことが、今でも鮮明に想い出します。

「あっ~、もっと英語をしっかり学んでおけば良かった!」と独り言に沈む、一日の終わりです。

2014年7月22日 (火)

アーティストといっしょにあかりのワークショップ

明日の大暑を前に関東地方も高気圧に覆われて広い範囲で晴れ、気象庁は「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」との発表がありました。
関東甲信の梅雨明けは、平年よりも1日遅く、去年よりも16日遅くなっています。

各地で真夏日を記録しましたが、私は、今年はまだ猛暑日の体験はありません。
写真は先週、一日夏休みを取って埼玉県行田市に行き、帰りに熊谷市を通過中に記録した車載メーターで記録した外気温です。これが私にとっての現在までの今年の最高気温です。0722
子どもたちも夏休みに入りました。
夏休みには子どもたちに色々な体験をさせてあげたいと思うのも親心です。
それが、近場でちょっとした体験出来れば幸いだと思います。

「アーティストといっしょにあかりのワークショップ」
大磯町の高麗地区の方々がお子さんたちのために素敵な企画をしてくれました。

是非、夏休みの想い出づくりに参加してみてください!

○イベント名:アーティストといっしょにあかりの展覧会をひらくよ!

○実施日時:作品づくり 高麗区民会館
           8月23日(土)10:00~16:00
      展 覧 会 高来神社 境内
            8月24日(日)18:30~20:30
○参 加 費:¥500(一人・材料費込)
○指 導 者:美術大生及び作家9名
○対 象 者:小・中学生(小学生の保護者見学可)
○申込締切日:8月5日まで(40名まで)
○申込方法:はがき・メール
     (住所・氏名・学校・学年・連絡先を記入)
○申 込 先:アートでコミュニケーションの会
      〒255-0001 中郡大磯町高麗1-3-23
      電話 0463-72-7500
      e-mail oiso.art@wmail.plala.or.jp
     

2014年7月21日 (月)

ファミリーテニスが復活か?

長男が中学に進学してテニス部に入学した機に始めたファミリーテニスが20数年前の出来事です。
それから長男・長女が成人するまで10年ほど続けていました。

彼らがそれぞれの家庭を築いてから暫く遠ざかっていましたが、自分たちの子どもがスポーツ等に親しむようになった今日、そのファミリーテニスが復活しそうです。

内孫の3姉妹は父親の影響で小学生の低学年からテニスを始めて小学校5年生になる長女はすっかり一人前のストロークを打ち、手を抜いて乱打の相手をしてくれるほどに腕をあげてきました。

そうした従姉弟の3姉妹がテニスに夢中になっている姿に触発されたのか娘の2兄弟がテニスもやってみたいとラケットを手にするようになりました。
かくして小学生1年生から5年生までがそれぞれの兄弟に負けじと練習に励んでいる姿に「じぃじ」「ばぁば」も参戦をするようになりました。
0721_f
子育ての中にあって、ある一定の年齢に達すると親と子は自然と離れて行きます。
それでも一か月に一度は行っていたファミリーテニスの日はデートも禁止にして「つき合っている相手がいればその日は一緒に連れてこいと」楽しんでいたファミリーテニスを懐かしく思います。

中々3世代で目標を共有できることはないものです。
月に一度はこうした機会が復活することが出来れば、汗をかく機会がすっかり減った私たち夫婦にとっても嬉しいことです。
まだまだ孫たちには負けたくないと・・・・・・?
梅雨明けを前にして久しぶりに良い汗をかいた一日でした。

私の関連するイベント情報

7月26日(土) 「第26回なぎさの祭典 夏!!祭!!大磯!!」
       18:30 ~ サマーコンサート
       20:30 ~ 花火

8月17日(日) 第48回大磯市
       17:00 ~ 20:30 大磯港

2014年7月20日 (日)

「大磯市」の夜市 盛況でした!

0720

閉会する頃には、雨が降り始め、盛り上がっている「大磯市」が自然と人が引けるだろうと予想をして、危ぶまれる天気予報の中で開催強行を決定したのですが、準備中の雨は予想外でした。

昨日の内に既にキャンセルが20店ほど入っていましたし、準備中の雨で、この状態では店開きが出来ないからと、数店が当日キャンセルになりかなり歯抜け状態の中で7月の「大磯市」がスタートしました。

それでも大磯市が開会するとどこからこの様に大勢の人がやって来るのでしょうか?
駐車場もすぐに満車状況に!

最終的には、私たちの予想をはるかに上回る約5千人の来場者で開会中は大変な賑わいになりました。

今日は高来神社の夏の例大祭も行われていたのでスタッフが少ない中での開催になったので、写真を撮る暇がありませんでした。

今日の様子を始め、過去の「大磯市」の写真はスタッフが撮りアルバムにしている「大磯写真館」をご覧ください。

 http://www.oisoichi.info/大磯市写真館/

2014年7月19日 (土)

組合長の一言

明日(20日今日ご覧になる方の方が多いと思いますが?)大磯市は予定通り開催いたします!
昨日までの天気予報はイベントを開催するには主催者泣かせの天気予報でした。

実行委員長の組合長も判断に悩んでいました。
最終的に出した判断は「やっちまおう!」の一言で開催決定。

この後は若い人たちのSNSのパワーです。
危ぶまれる天気予報をもろともせず開催案内が拡散。

本当に良い方向に天気予報が向かっています。
この調子だと、皆さんと会場で会うことが出来るかも知れません。

2014年7月18日 (金)

充実している高速道路のPA

0718
先ごろ、開通したばかりの圏央道を利用して「小さな関東一人旅」で埼玉県に出掛けました。
帰りに圏央道の開通により話題になっている同高速道路の厚木PAに寄りました。

PAなので広くはありません。
キャッチフレーズが「ご当地グルメでまちおこしの祭典! B‐1グランプリ」出展団体が監修する全国各地のご当地グルメを食べられるPAで、高速道路では初めてとなるご当地グルメの「B-1グランプリ公認スポット」なのだそうです。
そして、ご当地グルメが概ね3か月で入れ替わりので訪れるたびに新しいご当地グルメが楽しめるようになっています。

更にトイレ等の充実した設備には驚きました。
健康である我々には気がつかない弱者に対しての配慮にも感心しました。

新東名高速道路の清水PAも綺麗・快適でしたが、その後に作られた厚木PAはもっと進化しています。

皆さん、入ると周りをぐるりと見渡してから・・・・・・?
そして、ゆるりと目的を達成するという雰囲気です。

さすがに人の出入りが多くて写真に収めることが出来ませんでしたが、こうした施設が充実してくると「旅」好きな私にとってもとても嬉しい変わり方です!

2014年7月17日 (木)

町のブランド化

新たな観光の核づくり大磯ブランド戦略部会の研修会を海の家「Blue Park Cafe」で行いました。
町をブランド化させるために、どのような物語を作り上げていくかを大海原の風景を前に語り合いました。

今日のアドバイザーに招いた四元氏は長く大手の広告会社で活躍をしていただけに、広告会社の発想で提言をしてくれました。
ドラッカーのマーケティング定義である「売るための行為を不要とし、自然と売れる(=消費者が思わず買いたくなる)ようにするように、町にも同じことが言えるのではないかと?

消費者が自分にとって特別だと感じてもらえるよう商品にするために「自分ごと化」にしていく必要性があると。そのためには「物語性」が必要になってくる。

そして最終的に商品の売り込みではなく、気持ちが豊かになる感動的なエンディングが過去にヒットした商品のCMが実証している事例を、数多くあげて解説をいただきました。

フリートーキングで皆さんの舌が滑らかになってきて、ずっとこの話の輪の中で話をしていたかったのですが、次にもう一つの会議を控えていたので事務所に戻りましたが、テーブルを挟んでの会議も重要ですが、

たまには、こうした場所での会議も良いですね。

S0717_blue_park_cafe

2014年7月16日 (水)

夏休みの小さな一人旅

一昨日、夏休みを取り「関東小さな一人旅」に行田市に行ってきました。
昨日は「忍城」のことをアップしました。

行田市には、永い眠りから目を覚ました行田蓮の美しさを満喫できる「古代蓮の里」があります。
広大な敷地の中に42種類12万株の蓮を見ることができますし、中でも花弁の数が少ない原始的な形態を持つ行田蓮は約1400~3000年前の蓮であると言われています。

今では行田市のシンボルになっています。

種類が沢山あっても、私に分かるのは「大賀蓮」くらいで、それ以外は私にとっては全て「蓮」なのです。

でも分からなくても良いんです。
咲いている花を見て綺麗と感じることが出来れば?
良い夏休みの一日になりました。
0716

2014年7月15日 (火)

「備中高松城」と「忍城」の水攻め

現在放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は備中高松城の水攻め場面です。
高松城の近くに流れている足守川を堰き止めて水攻めにするという過去の戦では類を見ない作戦に出ました。
0715
この策を秀吉に進言したのが、黒田官兵衛と言われています。
水攻めを採用した秀吉は、周辺の住民を総動員して城の周囲に土俵を積み上げ、長さ3.2km・高さ6mの堤防を、わずか17日で築き上げ完成させました。

その後の豊臣秀吉は天下統一を目指し、関東の雄・北条家に大軍を投じ周辺の支城を次々に落城させましたが、その中に最後まで落ちなかった支城がありました。
その城、「武州・忍城(おしじょう)」(埼玉県行田市)に行ってきました。

その城には領民からでくのぼうを揶揄した「のぼう様」と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城代がいました。

0715_2戦を受けて立つ総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない。
その名の通りでくのぼうのような男。
だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、特に異常なほどの民からの「人気」があった。

石田三成・長束正家の2万を超える軍勢の攻撃を受けて備中高松城と同じように、近くを流れる利根川を利用した水攻めを行うことを決定する。総延長28キロメートルに及ぶ石田堤を建設し、忍城は本丸を除いては城下を含めて水に沈みました
この水攻めに対する長親のとった策は、城を囲む湖に船を出して、敵兵の前で船上で田楽踊りを披露することであった。

長親が撃たれると、百姓の中から耕していた水田を台無しにされた怒りから、石田堤を壊したため、水攻めは失敗に終わりました。

和田竜の歴史小説「のぼうの城」を参考にしました。
映画化もされて、野村萬斎が主演し話題にもなりました。

「軍師官兵衛」の備中高松城のシーンを見ていて、急に行きたくて訪れた「忍城」でした。

2014年7月14日 (月)

東海道五十三次ウルトラマラニック

0714
NPO歴史の道東海道宿駅会議の役員会で東静岡の「静岡グランシップ(静岡県コンベンションアーツセンター)」に行ってきました。
東静岡は手狭になった静岡市の副都心のような役割を果たし急速に開けています。
駅前も広々として静岡グランシップの中に静岡劇場等もあります。
非常に活気のある若い街でした。

今日の宿駅会議に一人の青年が「東海道五十三次ウルトラマラニック」開催に当たり協力要請にやってきました。
同実行委員会は、世界で最も過酷とされるサハラマラソンを共に走った仲間で結成されました。
仲間たちと共に過ごす旅。そこでは多くの感動や絆と出会い、「こんな楽しいことを日本でやろうぜ!」とサハラ砂漠のど真ん中で語りあったそうです。

そして7月~11月の5ヶ月間にわたり、東京日本橋から京都三条大橋までを走破する「東海道五十三次ウルトラマラニック」を企画したのだそうです。
この大会は旧東海道を舞台とした国内最大級のステージレースにするのだと主催する実行委員長の阪本和則くんは張り切っていました。

各宿場ではキャンプ地の設営も必要になります。
エイドステーションを設営して、給水給食も必要となります。
STAGE 01 東京日本橋~戸塚宿
STAGE 02 戸塚宿~小田原宿 までのエイドステーション等は準備が出来ているそうです。

STAGE 03 ~ STAGE 11 までの通過宿場での地域の協力を求めています。
是非、ご協力、ご関心のある方は同実行委員会に声を掛けてあげて下さい。
0714_2

2014年7月13日 (日)

東横綱「稀勢の里」西横綱「遠藤」

今日から大相撲名古屋場所の初日です。
東の横綱が「稀勢の里」西の横綱が「遠藤」???。

これは先ごろ日刊スポーツが行った人気力士アンケート「第3回大相撲総選挙」の結果です。
大関稀勢の里が、幕内遠藤らを退けて3年連続3度目の1位「東の横綱」に輝きました。

http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20140611-1315729.html

本番の土俵では、毎場所のように初優勝を期待される稀勢の里です。
初日を快勝して力強く発進しました。

昨年の名古屋場所は初の綱とりで重圧を感じ、序盤で自滅した「稀勢の里」ですが、今場所こそ期待を裏切らずに千秋楽まで優勝に絡んでくれることを期待しましょう!

2014年7月12日 (土)

今夜は「スーパームーン」

140712
今夜は「スーパームーン」です。
通常の満月に比べ大きさが14%、明るさが30%増して見えるはずです。

大きさの違いは月が地平線近くにある時に見ると分かりやすく、大きなお月さまを撮ることが出来るのですが、今日の日の入りが18:58、そして今夜の月の出が18:32でした。

まだ、お日様がある内なので月の出が撮れません。
まして夕方の東の空には雲が厚く見ることが出来ませんでした。

中空にお月さまが昇ってしまうと、周りの景色を入れて写真を撮るのは私の腕とカメラでは難しいのです。

それでも一時でも綺麗な「スーパームーン」を見ることが出来ると幸せな気分になりました。

今年は8月11日と9月10日にも見ることが出来ます。

2014年7月11日 (金)

台風一過の真夏日・猛暑日

台風8号の台風一過の今日は、温帯低気圧に変わり日本の東に抜けましたが日本列島に非常に蒸し暑い空気のお土産を残してくれました。
群馬県館林市で39.0℃の猛暑日を観測するなど、関東甲信地方を中心に今年一番の暑さになりました。

沖縄地方に近づいた時には、台風では初めてとなる特別警報を気象庁が発表したいましたし、その後のコースは往年の金田正一(旧国鉄→巨人)を凌ぐようなカーブを描いて本州に接近する予報に、非常に心配もしていた台風8号でした。

しかし東シナ海の海水温は、ほぼ平年並みで、台風の勢力を保つために必要な海水温が28℃以下であったために台風は勢力を維持できずに弱めてくれました。
九州に・紀伊半島・伊豆半島への上陸を繰り返し、明朝に房総半島に再上陸をした時には、温帯低気圧に変わる寸前の弱い状態で、私の住む地域では大きな影響も受けずにほっとしたのですが・・・・・。

被害が大きかった地域もあり、死傷者もあったことを考えれば複雑な心境です。
それにしても数年前に比べれば、気象予報の精度を増しましたが、まだまだの分野です。
これからの研究に期待することにしましょう!

2014年7月10日 (木)

「ニッポンセレクト.com」

今年度第1回目のWeb活用共同販促事業検討会に出席するために横浜に行ってきました。 ホームページまでは簡単に立ち上げることが出来ても、販売まで連動させることは大変難しい課題です。

私の上部団体である全国商工会連合会は地域経済を支える中小企業者等が、農商工連携や地域資源の活用など により開発した商品等や、魅力ある隠れた地域産品等をECサイトでBtoB並びにBtoC市場へ紹介・普及を 行うことにより、地域の優れた産品を紹介・販売し、中小・小規模事業者の商品展開力・販売力の向上等を図 るために「ニッポンセレクト.com」のECサイトを開設しています。

現在お中元特集を行っています。

お中元は7月はじめから15日ごろまでに贈るのが関東では一般的だと思います。 しかし、地方によっては、ひと月遅れの8月1日から8月15日までに贈るところも多いようです。 是非、一度ご覧になって下さい。

「ニッポンセレクト.com」  http://www.nipponselect.com/

2014年7月 9日 (水)

梅雨払いの部会会議

近の部会会議が事業内容の協議より手続き論の対応に追われて事業の進行が停滞気味です。
一民間企業のように社員が毎日顔を合わすこともない組織にあっては必要に応じ、また緊急に集まるにしても役員間の日程調整等をしているとすぐに一週間程度の時間が経過してしまいます。

PDCAサイクルの重要性は理解しているつもりです。
商工会の役員といえども基本は一企業の経営者です。
その中で商工会の幅広い業務に携わっていただいているのですから大変です。

今夜の部会はこうした雰囲気を吹き飛ばそうと暑気払いならぬ梅雨払いを兼ねて会員のお店「隠れ居酒屋わにのへそ」を会場に議論を交わしました。
0709               隠れ居酒屋わにのへそ
                       http://www.waninoheso.com/

同店は、店主の趣味である、昭和30年から50年代の店主自らレストアした懐かしいトランジスター・BCLラジオが店内入り口及び店内に常時展示されているお店でもあります。
触れて音を聴いてお気にいったら購入も可能です。

そんなお店の雰囲気もあり、普段は中々できない本音の話も料理に負けないくらい沢山でて盛り上がりました。
たまには会議テーブルに向き合うだけではない、会議も必要なのです。

2014年7月 8日 (火)

スマートフォンゲームでのPR

スマホを使い始めてちょうど一年が経過します。
パソコンを持って歩いているような感覚で、普段使用するWordやExcelのデータもメールを始めとするSNSへの対応も自分なりに使いこなせるようになりました。
電波さえあれば何処にいても仕事が出来る環境に有難みを感じています。

今日の落花生バトル会議に、スマートフォンゲームを利用して相州落花生のPRをしたいという業者のプレゼンを受けました。
SNS連携を有効利用して落花生のPRをして、リアル店舗とも連携を通して販売促進にもつなげるといった内容です。
ゲームを通して落花生の生産地や歴史を紹介してくれることまでは理解が出来ました。

しかしです。スマホを使ってはいるもののゲーム等には全く使用した経験がありません。
従って課金制度等の仕組みを理解していないので説明を受けていてもチンプンカンの世界です。

子どもがスマートフォンを利用して高額な請求が発生する「子どもの課金トラブル」が増えていることが社会問題にもなっています。
「スマートフォン」も「クレジットカード」も今や生活必需品の一つです。

それもスマートフォンやクレジットカードの仕組みを理解した上での便利さです。
会議後にちょっと複雑な気持ちになりました。
とは言っても今更ゲームを体験しようとは思いませんし・・・・・?

2014年7月 7日 (月)

クールアースデー・七夕

2年連続でクールアースデー・七夕のことを話題にしました。
この事業は神奈川県でもHP等で広く取り上げられている割には知らない人のほうが多いようです。

個人的には夜空にライト等が遮断されて夏の空「天の川」等を見ることが出来れば嬉しいです。
とは言っても今夜のような曇り・雨空ではライトダウンされたとしても夜空を仰いでも星一つも見ることが出来ません。

神奈川県では6月21日(土)【夏至】から7月7日(月)までの期間中、地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や部屋の電気を消す「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施していました。

そして特別実施日である6月21日&及び7月7日の今夜は、一斉消灯について、協力を求めていました。

実施内容は特別実施日の2日間は夜8時から10時の2時間を無理のない範囲内で消灯を実施することです。

クールアースデーの実施で、天の川ゆっくりと鑑賞しながら、それが、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認することが出来れば最高です。

Photo昨年は、天の川を隔てて輝く、わし座のアルタイル(牽牛星)彦星と、こと座のべガ(織女星)織姫が1年に1度だけの逢瀬を許された様子を孫たちと、ちょっと覗き見をしましたが、今夜は厚い雲のベールに包まれて、誰にも邪魔をされずに、久しぶりの再開が楽しめたことと思います。

2014年7月 6日 (日)

130年目の海水浴場開き

0706_2

大磯海水浴場は明治18年(1885)年にオープンしてから、今年で130年を迎えました。
今年は130年を記念して海水浴場開設期間中にビーチテニスコートが4面常設されました。
海水浴に合間にビーチテニスも楽しんで下さい。

●ビーチテニスコート設置場所 : 海水浴場開設エリア東側
●開設期間 : 平成26年7月6日(日)~8月31日(日)
●開設時間 : 9:00 ~ 16:00
●そ の 他 : コート使用料無料、用具レンタル無料。
       コート利用の予約はできません。

0706
海水浴場開きに先立ちプレオープンイベントとして「第1回大磯ビーチアクアスロン」が行われました。
アクアスロンとはトライアスロンの自転車が抜けた競技をビーチで行う「Run & Swim & Run」の競技です。
個人戦と3人チーム戦(一人は女性)で熱戦が繰り広げられました。

事故がなく楽しい海水浴場になることを祈念して大磯の夏がスタートしました。

2014年7月 5日 (土)

Map on Demandの活用

0705_googl先週の土曜日に神奈川県内の圏央道の一部が開通しました。
まだ、Google地図にも反映されていません。
こうして新しい道路が開通し、その地点を走るとナビゲーションは山や畑の中の道なき道を飛んでいるような状況になります。

それが「マップオンデマンド」のようなシステムを利用すると、新しい道路ができると地図変更部分をG-BOOKセンターから配信されてカーナビゲーションの地図データが短期間で更新されます。

これにより、高速道路・有料道路は新規開通後最短で7日、その他の地方道路も変更情報が収集され次第、地図データが更新されるので、カーナビゲーションの地図は最新の状態を保つことができます。

今日は先週開通した相模原愛川IC~高尾山ICの地図が更新されました。
その他、総走行距離やガソリンを給油してから航続可能距離、オイル交換の時期等を自宅のパソコンで確認できるなど便利になったものです。

私にとっては貴重なツールです。

2014年7月 4日 (金)

泣くに泣けない

人間は嬉しい時・悲しい時・感動した時に涙する時があります。
そして涙、泣くことにはいろいろな意味があるものです。
それがごく自然な姿だと思います。

しかし、世の中には泣いた位ではどうにもならない、非常に辛い状況にある方も多くあります。
日本が北朝鮮に独自に科してきた制裁の一部を解除するとの発表に、多くの日本人が期待と懸念の狭間で揺れていると思います。
安倍首相が拉致問題を最優先課題に軸足を移した結果だと思います。

北朝鮮の特別調査委員会設置について政府は「かつてない態勢」と評価しました。
そして、拉致被害者の家族からは、拉致被害者の帰国への希望を見いだし拉致問題が進展することへの期待が膨らんでいます。

私たちも家族と拉致被害者が帰国して、再会を喜び合える場面に立ち合えれば最高の喜びです。
共に涙し、喜びたいと思います。

一方では目にしたくない泣くシーンもあります。
兵庫県議の政務活動費から多額の交通費等を支出していた問題で、ご当人は、出張目的などの説明を拒否したままで、号泣会見の動画がインターネットで拡散し、海外にまで波紋を広げています。

涙の流し方の余りの違いに言葉がありません。

2014年7月 3日 (木)

夏休みの想い出作りに「漁業体験」を!

相模湾で取れる真鯛の約4割が放流をした稚魚が成長して漁獲高に貢献しているそうです。
今年も真鯛の稚魚の放流事業を実施します。

昭和30年代後半から40年代初頭までは年間100トン程度の水揚げがありました。
その後は20~30トン程度の水揚げになってしまったのです。
それは、魚を取りすぎてしまったことと、魚の育つ環境の悪化であることが要因の一つです。

こうした状況に憂慮して全国各地で多くの稚魚放流事業が実施されています。
その結果が真鯛にいたっては90トン程度の水揚げまでに回復して、その4割程度の真鯛が、放流魚であることが分かってきています。

「つくり育てる漁業」の大切さが良く分かります。
今年は「いそっこ海の教室2014」と稚魚の放流事業も「漁業体験」の一環として同時開催します。
※下の写真はいずれも過去の放流事業・魚のさばき方教室です。

0703○と き:8月4日(月)9:00 ~ 12:00
    (予備日8 月19 日(火))
○ところ:大磯港港湾管理事務所前集合
○募集人数:小学3年生以上と保護者20組
 対  象 ※保護者1人につき、子ども2人まで
○内 容:稚魚の放流、定置網の見学、魚のさばき方等
○参加費:1組500円(保険代等)
○申込方法:大磯だいすき倶楽部
      http://www.oiso-odc.com/ から申込下さい。

0703_3

2014年7月 2日 (水)

歳を感じさせる郵便物が

日頃から元気に、歳を気にせずにアクティブに動き回っているつもりです。
とは言いつつ歳、相応と言うこともありますので若い頃と比較して自重をするケースも多々あることも事実です。

役場から一通の簡易書留郵便が届いていました。
開封すると初めて目にする「介護保険被保険者証」が同封されていました。
先ごろは年金支給手続きの案内も届いていました。
こうした郵便物を目の当たりにすると年齢を感じざるを得なくなります。

同封の冊子を見ました。
介護(介護予防)も含めて、サービスを利用するようになった時には大きな費用が発生することに、数字を改めて見て大変さを痛感しました。

出来ることなら、介護保険のお世話にならずに、ずっと支える側でいたいものです。

人間は誰しも歳を重ねるのは自然なことです。
老け込まないためには、人間として、どう魅力的に進化していくかということが結果的に素敵な歳の重ね方に結びつくのだと思います。
やはり、暫くは「歳」を忘れることにします!

2014年7月 1日 (火)

運転免許証の更新

今月は誕生月です。
免許証の更新月でもあります。
運転免許証なるものを手にしてから、かれこれ46年が経ちます。
21世紀に入ってからは違反等もない優良運転者です。

先ごろネットで京都府警高速隊員が運転するパトカーが兵庫県内の高速道路で緊急走行中にオービスに速度45キロの速度超過で兵庫県警に道路交通法違反容疑で検挙されたことが話題になっていました。

道交法では、交通違反車両(主に速度超過でしょう)の取り締まりや凶悪犯の追跡などでは緊急時最高速度の超過を例外的に認められていますが、今回のケースは高速道路上で発生した当て逃げ事故の通報を受け、事情を聴くために通報者が待機する中国自動車道西宮名塩サービスエリアに向けて急行する途中だったとのことです。

検挙した兵庫県警では「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と新聞にコメントが出されていましたが、本当に連絡を取れば、素早い行動が出来たのでしょうかね?

あるいは隣接する都道府県は、高速道路を隣へ何キロまでなら入っていい、という取り決めがあるのでしょうか?
だからそれを越えた(領海・領空侵犯)侵入だったんで、もはや正当業務ではなかったと検挙?

いかなる状況にあろうと、パトカーでも交通法規を遵守しないと、とんでもない結果になると言うことです。
それにしても、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例だと思います。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ