« 果てしなく続く網戸対策? | トップページ | 沖縄「慰霊の日」 »

2014年6月22日 (日)

「ボウリングの日」「つきやま」「日中友好コンサート」

今日、6月22日は「ボウリングの日」なのです。
昭和40年代半ばに中山律子プロを始めとする女子プロ選手の活躍により、戦後にボウリングが始まったと思われている方も多かろうと思いますが、実はボウリングの歴史は文久元年(1861年)6月22日に長崎で発行された英字新聞にボウリング場の新装開店の告知が掲載されているのです。
このボウリング場が日本で最初のボウリング場であると思われるため、社団法人日本ボウリング場協会が昭和47年にこの日を「ボウリングの日」と定めているのです。
0622
大磯町ボウリング協会の定例会がありました。
午前中のプレーは腰に大きな不安を残す私には傍観者です。
今日も来月の4市2町親善大会の予選会を兼ねていますので、ボウリングの日に相応しい熱戦が繰り広げられました。

「大磯全体を市(いち)にしよう!」というコンセプトで始めた「大磯市」
毎月第3日曜日に開催している大磯市ですが大磯市出店作家等によるセレクトショップが21日に誕生しました。
大磯駅から2分足らずの、大磯らしい小径、路地に佇む古民家を改装してしたショップ「つきやま」です。
こうした広がりが「大磯市」の目指すコンセプトです。
0622_2
そして今日の締めは「第2回国境を越えよう 日中友好コンサート」で海の見えるホールに行きました。
昨年に引き続き、二胡、ピアノソロの連弾を堪能しましたが、揚琴とピアノとの連弾は始めて聞きました。
0622_3
きっと音色を聞く限り、過去に(女子十二楽坊で見たことある?ような)聞いたことのあるような気もしますが、とにかく目の前で揚琴の生演奏を聴くのは初めてです。
弦が140数本あるそうです。
音を合わせるのが大変でしょうね?
揚琴の音は柔らかい音色で、ピアノの音色と溶け合う演奏に、とても良い時間を過ごさせてもらいました。

« 果てしなく続く網戸対策? | トップページ | 沖縄「慰霊の日」 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59860545

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボウリングの日」「つきやま」「日中友好コンサート」:

« 果てしなく続く網戸対策? | トップページ | 沖縄「慰霊の日」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ