« 根室~帯広(2003年6月9日) | トップページ | 苫小牧~大洗~自宅(2003年6月11日) »

2014年6月10日 (火)

帯広~苫小牧(2003年6月10日)

今秋に第21回目を迎える予定の「大磯宿場まつり」を今後どのように運営するかをスタッフ役員が集まって協議をしました。
皆さん、手弁当で「宿場まつり」が楽しいからとボランティアで参加してくれる人たちです。

「我れ自ら感じて、而る後に人之れに感ず。」です

諸事、まず己が感動、楽しんで、始めて他人を感動、楽しんでもらえることが出来るのであって、事の形を伝えることは出来ても、その心を伝えることは難しいことです。

組織化させて運営していけと言うミッションは結構ハードルが高いのです。

4日からアップしてきた11年前の北海道旅行記もそろそろ終わりです。
北海道シリーズ七日目の旅日記です。

○コース 帯広(愛国駅・幸福駅)~更別(カフェ12月)~襟裳岬~様似~浦河~新冠     ~苫小牧

帯広から旧愛国駅と旧幸福駅を訪ねる。廃線になって17年ほど経過するのに未だに多くの観光客が来るとのこと。今でも、当時の愛国駅から幸福駅行きの切符はお土産にと非常によく売れるそうです。

幸福駅の旧駅舎の中には訪れる人の願掛けなのか、何十にもメモが張ってあります。我々の世代にはノスタルジーに浸るのでしょうが、若い世代も大勢やって来るとはちょうとした驚きです。
結局、皆、人は誰もが「幸福」な人生を送りたいと思う願望がそうさせるのでしょう。
0610
しかし、幸福って何だろう?
人、それぞれに価値尺度が違うので一論で語ることは出来ません。
お金? 物を所有するステータス? 時間に、健康に、家庭に、家族に・・・ETC。

広尾に向かうと途中にある更別村と言う小さな村。
国道236号線を走っていると「Cafe12ヶ月」という看板が気になります。

その看板を求めて国道から外れて林の中を走るとそのお店はありました。カシワ林の中にあり、大きく開放的な窓から林を眺めながらコーヒーを飲み、思わずゆったりとした時を過ごしてしまいました。
30歳代くらいの女性が経営するこのお店。本当にどれほどの人が来店するのか分かりませんが、手作りのモカシフォンケーキが美味しかったです。

埼玉にいた頃からこの夢を更別で実現させたという言葉に・・・・・。
経済原則で考えたら大凡、商売にはならないのではと余計な心配をしてしまいます。
しかし、彼女にはこの静かな自然との語り合いが最高の幸福の尺度なんだろう。これが本当の「幸福」なのかもしれません。お陰で良い時を過ごせました。

広尾から黄金道路を経て襟裳岬へ。この黄金道路は海岸線の難工事が続き、湯水のように工事費をつぎ込んだところからこの愛称がついたと聞きました。

0610_2海を見て走ることには日常的なのに海岸線の道路は落ち着きます。襟裳岬で風の館に入りました。
今日はアザラシが150数頭程見られますとの案内があり、二人で展望室から望遠鏡でアザラシを見つける。
別にアザラシを初めて見るわけではないのですが、この大自然の中にいる姿となると感動します。
思わず子どもの様にはしゃいでしまうのも自然の偉大さかな?

北海道のドライブもえりも国道をひた走り苫小牧を目指すだけ。このえりも国道はサラブレッドの産地だけにいくつもの雄大な牧場があります。
春は子馬の誕生時期なのか?親の後を懸命に追い掛ける子馬が愛らしいです。

苫小牧まで無事に走破。道内の走行距離が実に2206.0㎞に及びました。
行く前の計画では、道内の行程を60㎞/時間、で計画をしていましたが、実際は一般道路をその速度をはるかに上回る速度で走る車の多いこと。しかも、その速度で走っていてトラックに煽られてしまうのですから驚きます。それだけ道幅に余裕があるからでしょう。
その横を本格的な規格の高速道路の建設が進められている。
本当に ? なのかな?

交通量が少なく、ある一定の速度で走行が出来るのですから、一般道路の交差点等を立体交差等の再整備をすることで制限速度を80㎞程度で走ることが出来るように道路整備をすれば新たな高速道路の建設は必要がないのではとつくづく思いました。
そして今夜はフェリーで帰路につきます。

« 根室~帯広(2003年6月9日) | トップページ | 苫小牧~大洗~自宅(2003年6月11日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59794465

この記事へのトラックバック一覧です: 帯広~苫小牧(2003年6月10日):

« 根室~帯広(2003年6月9日) | トップページ | 苫小牧~大洗~自宅(2003年6月11日) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ