« 「第9回湘南国際マラソン」の募集状況 | トップページ | スマホからのテスト »

2014年5月28日 (水)

商工会青年部と町長との懇談会

商工会にとっての青年部は、経営者としての研修を積み重ねて、自分の企業を成長させることはもちろんのこと、地域の担い手としても先駆的な役割を期待したいのです。

地域商工業の衰退が叫ばれて久しい時が経過します。
その要因の一つに後継者不足があります。
従って、青年部員も往時と比較したらとても少ない組織になってしまいました。
当時を知るものにとっては寂しい限りです。

しかし、若い人の起業家も私の周りには多くいます。

現在の商工会青年部員は後継者が圧倒的です。
そして、起業する人は外から流入してきた方が圧倒的に多数を占めています。

同じ世代の若者でありながら、一つになる力が働かないのは何故なのでしょうか?
極論を言うのであれば、外からの新しい視点と、地元住民にしか分らない地域の良さ・特徴を融合させることが出来ないということなのかもしれません。

そうではないな?
逆説的に言えば、本来は地元住民にしか分らない地域の良さ・特徴を、地元の人が気づかずに、外からやって来た若者は、そこに気づき、魅力を感じたからこそ、大磯にやって来て起業したと置き換えることが出来るのかもしれません。

「よそから来た人間に何が分かる」と言われることもあります。
確かにそれはおっしゃる通りかもしれません。
長年その地域で暮らしてきた方に比べると、よそ者は地域のことをよく知りません。
しかし、よそ者は町外の世界を知っているため、その地域が何を発信すれば、多くの人が着目するかということを知っています。
0528
今夜は青年部員と町長との懇話会を開催しました。
人数の少ない青年部に町長が自ら足を運んできたのは「地元の若者よ奮起をしろ」との意味合い、それだけ若者に期待するとの裏返しなのでしょう?
そして、青年部員に行政を身近に感じてもらうために職員も同席してくれました。

どのように応えていくのか?これからの青年部の活動に期待しましょう!

« 「第9回湘南国際マラソン」の募集状況 | トップページ | スマホからのテスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59722742

この記事へのトラックバック一覧です: 商工会青年部と町長との懇談会:

« 「第9回湘南国際マラソン」の募集状況 | トップページ | スマホからのテスト »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ