« 想い出の一枚を! 商工会青年部壁画事業 | トップページ | 第2回「国境を越えよう」~日中友好コンサート~ »

2014年4月29日 (火)

昭和も遠くなりにけり

4月29日は、元々昭和時代は「天皇誕生日」でした。
昭和64年に昭和天皇が崩御されたことを受けて年号が平成に改まり「天皇誕生日」も平成元年から「みどりの日」となりました。

国民の昭和を懐かしむ声も多くあり、2005年(平成17年)に国会で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正されて、2007年(平成19年)より「昭和の日」となりました。

「昭和の日」の制定に伴って「みどりの日」は5月4日に移動しました。

昭和から平成に時代が移ってから26年。
何が大きく変わったのか?
余りにも大きく変わったものが多すぎます。

その中でも通信環境等は大きく変わった一つかもしれません?

私たちが高校生の頃には全ての家庭に電話が引いてあった訳ではありません。
付き合っている彼女には赤電話からお隣の商店に電話をして呼び出してもらったものです。
電話口に出て来るまでの時めきなどは今の若い人には分からないでしょうね?

各家庭に電話が引けるようになってからでも、電話を掛ければ最初に電話口に出てくるのは、まず「母親」です。たじたじになって「え~っと!○○さんいらっしゃいますか?」
電話をするにも大変な勇気が必要だったのです。

今のように個別に携帯電話を持っていれば、或いは固定電話でもナンバーディスプレイ付きの電話では必ず想いの人が出てくれるのでしょうね?
今では、味わうことの出来ないスリルであったことも懐かしく感じます。

PCだって高根の花の時代です。
個人で所有することなんて考えることが出来ませんでした。
昭和の終わり頃、私が最初に手にしたのはワードプロセッサーです。
昭和60年に手にした「CanoWord PEN24」
今でも立派に動きます。そして大切にデスクの袖にあります。

0429
GS(ガソリンスタンド)に行けば、私のGSはグループサウンドしかありません。
「昭和も次第に遠くなりにけり」です。

しかし、今の若者の昭和回帰に、我々が捨ててきてしまった物に再価値を見出してくれることを嬉しく思う「昭和の日」です。

« 想い出の一枚を! 商工会青年部壁画事業 | トップページ | 第2回「国境を越えよう」~日中友好コンサート~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59553533

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和も遠くなりにけり:

« 想い出の一枚を! 商工会青年部壁画事業 | トップページ | 第2回「国境を越えよう」~日中友好コンサート~ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ