« 事故にならない方が不思議? | トップページ | 第7回東海道検定 »

2014年3月 1日 (土)

卒業式のシーズンが到来です!

3月1日と言えば高校の卒業式です。
昭和47年、私も高校の卒業式でした。
当時は自分の進学先も決まっていない、受験の真っ只中にあったので卒業式には出席をしませんでした。

きっと、卒業式では「仰げば尊し」や「蛍の光」を仲間が合唱したのだと思います。
この二曲は、歴史ある日本の伝統的な卒業ソングであり、日本の音楽教育はここからスタートした曲でもあるのです。
そうです。卒業式で歌う定番のソングだったのです。

そして、今、卒業式で人気のあるソングを調べてみると、実に多様(実は自分の知らない歌が多過ぎるのですが?)なのに驚きます。

埼玉県秩父市立影森中学校小嶋 登校長により作詞された「旅立ちの日に」が卒業式の新定番になっている歌を始め、アンジェラ・アキの2008年NHK全国学校音楽コンクール中学生の部の課題曲として作曲された「手紙 ?拝啓 十五の君へ?」や、これがあなたの歩む道 未来へ向かってゆっくりと歩いていこうとKiroroの「未来」
人ごみに流されて変わってゆく私を あなたはときどき遠くで叱って と私には懐かしい荒井由実の「卒業写真」を始め、調べるほどに卒業式に好まれて唄う歌の多さにびっくりです。

「大切なもの」いつか会えたなら ありがとうって言いたい 遠く離れてる君に 頑張る僕がいると
分かるなぁ~ こうした気持ち。

どの歌も、現在の子どもたちには門出には相応しいと感じる歌なのだと思います。

高校を卒業後には大学に進学をしたり、社会に巣立つ人と。
それぞれの歩む道があるのでしょう!

グローバル化が進む世の中です。日本以外に職を求める人も多くいるのだと思います。
それでも、世界中の地球のどこにいても、今日、口ずさんだ歌の歌詞を通して親しい友人らとの良き思い出を振り返り、別れの時を迎えて今日の心境を思い起こしてくれれば頑張れると思います。

君たちの目の前にあるドアは「無限の広い世界」が広がっているのです!

« 事故にならない方が不思議? | トップページ | 第7回東海道検定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59220093

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式のシーズンが到来です!:

« 事故にならない方が不思議? | トップページ | 第7回東海道検定 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ