« 良い報告が出来ました! | トップページ | 747グラムのステーキ? »

2014年3月23日 (日)

環境により意見まで変わる?

お彼岸を迎えて待望の春が本格的に訪れてくれたようです。
気持ちの良い天気です。

夕方から駅前にある大磯迎賓舘に打ち合わせに行きました。
2階のテラスから観る相模湾も春の陽光に輝きとても綺麗です。
こうした景色の中で会議をしていると自然と意見が前向きになって来るから不思議です。

0323

私たちの町にも「観光」が重要なテーマになっています。
「観光」へ対応するためには、地域で快適に生き生きと暮らし、町民同士がさまざまに交流し、愉しくゆったりした時間を過ごせる生き甲斐のある地域社会を作ることが必要になります。

それが町民相互の交流だけの閉鎖的な考え方だけではなく、地域外の人々と交流し、そこに経済循環を生み出して地域の活力を維持していくかも考えていくことも必要です。

大磯で穫れるものは大磯で消費が出来て、更に加工を加えて六次産業化できれば最高です。

大磯町民は「景観や産物の開発などをしながら、自然を大切にし、活用して楽しんでいる。この楽しみ方が創造力を産み出し、ちょっと他の町とは違った趣を醸し出しているらしい。生活を楽しんでいるみたいだ!」
そこに生活している人々が活き活きしてくると、来街者が大磯で一緒に楽しみたくなります。

高度経済成長期の観光は、観光に行くという事自体に価値があり、場所や何をするのかということは重点に置かれなかったように思います。いつしか、何処に行ってきたかがステータスとなってきました。
こうした何処に行ったということが自慢になる観光は、時代は終わりを告げました。

これからは「光」を「観」に行く時代だと思います。
だから「観光(地)化」を目指すこともしたくはありません。

大磯に来れば「楽しい気持ちになりたい。癒されたい。ゆったりした時間が過ごしたい。」
このような考え方を中心にした観光を目指せればと思います。

こんなことを仲間と時を忘れて打合せをしました。

それにしても、最近の観光に関して何とカタカナ語の多いことか?
アーバンツーリズム、エコツーリズム、オールタナティブツーリズム、カルチュラルツーリズム、グリーンツーリズム、クルーズツーリズム、スポーツツーリズム、ソーシャルツーリズム、体験型ツーリズム、ニューツーリズム、ネイチャーツーリズム、ブルーツーリズム、ヘリテージツーリズム、ヘルスツーリズム、メディカルツーリズムなど。

それだけ多様化していることなのでしょう!

« 良い報告が出来ました! | トップページ | 747グラムのステーキ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59346319

この記事へのトラックバック一覧です: 環境により意見まで変わる?:

« 良い報告が出来ました! | トップページ | 747グラムのステーキ? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ