« 年度末です!会議の連続です | トップページ | 良い報告が出来ました! »

2014年3月21日 (金)

捨ててきたものを拾ってくれる若者たち

別に年配の者がごみを捨てて、そのごみを若者たちが拾い集めている訳ではありません。
我々の団塊の世代は「消費は美徳?」と言われるような高度経済成長期の中で遮二無二働き、日本の繁栄の礎を築いてきた自負を持っています。
一方で日本の良き伝統を、アメリカンドリームを追い求める結果、少しないがしろにしてきたことを反省しなければいけないと思っています。

高度成長以前には日本は自然豊かな世界でした。
私たちが多少、疎かにしてきたものに新たな価値を見出す今の世代の若者を、私の知り合いが「トトロ世代」と称しました。

スタジオジブリの「となりのトトロ」が公開されたのは1988年4月です。
今から25年前。その影響を受けた世代はいまや30歳前後とこれからの日本に大きな影響を与える世代になってきています。

トトロの世界は、昭和30年代前半の日本を舞台とするファンタジーです。
孫たちも「トトロ」のDVDを観ていると画面に入り込んでいくように見入っています。
トトロ世代が環境嗜好、民家などを好きになるのは自然の成り行きなのかもしれません。

それが理由ではないのでしょうが、大磯で若者によるリノベーションが活発に動いていることは嬉しい事象です。

自宅からさして離れていないところに、かつて電気部品工場がありました。
この工場跡を正式オープンの7月を目指し、持続可能な社会・文化・芸術的生活を社会に還元できるような空間にリノベーションしています。

0321

彼らのFacebookからのコメントを引用させていただくと
(写真は「今古今」のFacebookを転載させていただきました。)

  『「少し前の暮らし」は「少し先の未来」へ繋がるはず。
  「古くて新しい暮らし」というコンセプトを軸に「こころ」
  「からだ」「時間」という3つのキーワードをつなげ合わせ、
   地域密着のオーガニックを主体としたカフェを運営します。』

「さんかく工場」としてプロジェクトをスタートさせ、正式名称を「今古今(こんここん)」として、今日から明日までの2日間、プレオープンを兼ねてバザールを行っています。

今日は休日でしたが別の会議等もあり行くことは出来ませんでしたが、大勢の方の来場もあった様子です。

私も別のところで空き家のリノベーションを手伝わせてもらっています。

「大磯市」にチャレンジしてきた若者の出口としての「ショップ」として準備をしています。
大磯町にもちょっとだけ良い風が吹いてきたことを実感します。

« 年度末です!会議の連続です | トップページ | 良い報告が出来ました! »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59334945

この記事へのトラックバック一覧です: 捨ててきたものを拾ってくれる若者たち:

« 年度末です!会議の連続です | トップページ | 良い報告が出来ました! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ