« 大磯港の活性化に向けて | トップページ | 春を探しに行きたい! »

2014年2月24日 (月)

最年少から最年長のメダル獲得!

海外の冬季五輪で最多のメダル8個を獲得し、メダルにこそ届きはしませんでしたが入賞者の総数は73人だった日本選手団は国民に多くの感動を与えてくれました。

17日間にわたり各国の選手たちを見守り続けていた聖火が静かに消えてソチオリンピックが幕を閉じました。
結果はどうであれ、4年に1度の夢の舞台で全力を出し切ったのです。
どの選手も晴れやかな笑顔でした。

それにしてもソチオリンピックで日本の最初のメダリストになったのが15歳の平野歩夢選手の銀、18歳の平岡卓選手の銅で始まり、19歳の羽生結弦選手が日本が金と10代選手の活躍には驚きました。

そして極め付きはジャンプ男子ラージヒルで五輪7大会連続出場の葛西紀明選手の銀メダル。
41歳での表彰台は冬季五輪の日本選手最年長でした。

4年ごとにやって来るオリンピック。そのたびに1998年の長野で団体金メダルを取った時の「日の丸飛行隊」のあの場面が映像として流れるたびに、直前に怪我をしてメンバー入りできなかった葛西はジャンプ台の横にいた屈辱。
それがあるから「飛び続けた」と。

凡人は悔しがるだけで、何も出来ずに日々を重ねてしまいます。
それを食生活を始め体重等の健康管理を怠らず、筋力トレーニングを毎日欠かさずに、20代の頃と同じ筋肉量を保持しながら24年間も世界の第一線で活躍してきたことに驚嘆するばかりです。

自分はその間、何をしてきたのだろうか?

« 大磯港の活性化に向けて | トップページ | 春を探しに行きたい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59194879

この記事へのトラックバック一覧です: 最年少から最年長のメダル獲得!:

« 大磯港の活性化に向けて | トップページ | 春を探しに行きたい! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ