« 私の関連するイベント情報 | トップページ | X'mas パーティー »

2013年12月23日 (月)

エラクナッチャイケナイ

「アンパンマン」などで知られる漫画家、やなせたかし(本名=柳瀬嵩)さんが今年の10月13日、心不全のため死去しました。
絵本を書く人の感性は大人になっても童心が残っているようです。

やなせたかし のPHPアーカイブに掲載されている一節。大好きです。
全文を引用させていただきます。

「自作の詩の一節である。
 ぼくは絵本の仕事をしている。
 幼児にはいっさいの権威を名声も関係がない。
 自分の好きな絵本をえらぶ、
 それならば、その作者にも権威も名声も不要ということになる。
 巨匠なんかになる必要はない。
 凡人のぼくは時々少し慢心して得意になったり、
 いばったりしそうになる。
 そんな時、ぼくはつぶやく

   エラクナッチャイケナイ
   ミットモナイ         」

子ども目線に、相手の気持ちになって・・・・・?
色々と言われていますが、こういうことを言うのではないでしょうか?

本日、傘寿をお迎えになった天皇陛下のお言葉の中にも、国民を慈しむ言葉がたくさんありました。
これまでとはいきませんが、少しでも・・・・・。
近づければ。

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | X'mas パーティー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58810779

この記事へのトラックバック一覧です: エラクナッチャイケナイ:

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | X'mas パーティー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ