« もみじのライトアップ | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

2013年12月 1日 (日)

湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム(大磯大会)

大磯町は、伊藤博文候を初め歴代首相8名の邸宅があったこと、また「海水浴場発祥の地」や「湘南発祥の地」であることから「歴史・文化・自然のまち」としてその魅力が広く知られております。
「まちの魅力」は、時代とともにその価値観が変化し多様化していきます。
この変化に隠された今の「まちの魅力」について参加者と考え、自らの手で「まちの魅力」を育て、未来へつないでいきましょう とタイトルのシンポジウムを開催しました。

今回は基調講演を始め4人のパネラー全員が女性と、今までのシンポジウムと趣を異にした大会になりました。
当初から学術的な側面より町に住んでいる方の生の意見、提言を重視しました。
12回目のシンポジウムで中学生が参加したのも初めてだと思います。

1201
今回の会場として使用した旧吉田茂邸は2009年3月に焼失しました。
その後、旧吉田茂邸の再建に向けて神奈川県と大磯町で15年度の完成を目指し準備を進めています。
再建が完成すると隣接する県立公園と一体的を目指しています。
そして吉田茂の1878年9月22日の生誕日に併せて部分開園をしました。

そして、懇親会場の「大磯迎賓舘」は大磯駅前の景観を形作り、昔から「三角屋敷」と呼ばれ親しまれてきた洋館「旧木下家別邸」を改築して今春にオープンをしたレストランで、国登録有形文化財(建造物)に登録さ、1912年の建築で木造3階建て地下1階(延べ床面積約287平方メートル)、国内でも最古の部類のツーバイフォー工法による建築物とされている建物です。

こうした建造物の再生状況、そして利用されていることを知ってもらうことを中心にしました。
中﨑町長、河野太郎衆議院議員も応援に駆けつけてくれました。

そして大勢の関係者、町民にも参加いただきました。
何かが動き始める? そんな予感を感じさせるシンポジウムだったと思えれば・・・・・。
嬉しいと思います。

« もみじのライトアップ | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58681944

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム(大磯大会):

« もみじのライトアップ | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ