« 誕生花は「サフラン」 | トップページ | 気づけば今年も? »

2013年11月27日 (水)

会議の適正時間?

会議は90分以内で終わらせるべきだと思い、自分が招集する会議はその時間内に終わる様に心掛けています。
今日も他の組織の会に呼ばれて出席をしましたが、2時間で終わると思い、それでも30分の余裕を持って次のスケジュールを入れていましたが、2時間半を経過しても終わりません。
仕方がないので途中で中座させていただきました。

会議に適正時間ってあるのでしょうか?
会議の内容や性質によって、会議に掛ける時間が異なるために、一概に全ての会議における適正時間を決めつけることは出来ません。
特に複数の重要な案件を抱えた会議で「時間が決められているから」と十分な論議も交わさずにさっさと終えてしまうのも問題です。

しかし、一般論としては「2時間以内、出来れば30分から1時間位で」と考えている人が多数を占めている調査結果を見ると2時間越えの会議は問題がありそうな気がします。

一番困るのはウイーン会議の「会議は踊る、されど進まず」そしてもう一つ。
時は戦国時代末期の豊臣秀吉の小田原征伐の時のこと、戦術をめぐる評議における論争で、老臣松田憲秀は籠城を主張したのに対し、北条氏康の四男である北条氏邦は箱根に出撃する野戦を主張して意見が分かれ、また降伏に際しても仲介ルートの選択で結論が出るまで意見が分裂し「いつになっても結論の出ない会議や相談」の故事から生まれた「小田原評定」のような会議ではいくら時間を費やしても先に進みません。

学校のカリキュラムにもあるように、人が集中力を持続できるのはせいぜい50分から1時間と言われています。大学の授業だって長くて90分から100分授業、だったと思います?
その観点でも「連続して集中できる時間内に会議は終えるべきだ」と思うのです・・・・・。

« 誕生花は「サフラン」 | トップページ | 気づけば今年も? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58655106

この記事へのトラックバック一覧です: 会議の適正時間?:

« 誕生花は「サフラン」 | トップページ | 気づけば今年も? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ