« 大磯小学校第140回運動会 | トップページ | 大磯海岸の揚げ浜塩田? »

2013年10月13日 (日)

塩づくり体験事業の準備

私の所属する「NPO水と緑の環境ネットワークの会」では「きれいな川と海であそび隊プロジェクト」の一環として明日、10月14日に大磯「照ケ崎海岸」で「塩づくり体験事業」を行います。

日本は四方を海に囲まれています。
だから塩など簡単にできると思われるのですが、そうは簡単にいかないのです。

塩辛いと感じる海水に含まれる塩分濃度はたったの3%です。
そして、日本は多雨多湿なので、海水は天日だけでは塩にならず、たくさんのエネルギーを使って煮詰めて塩の結晶を取り出すしか方法がないのです。

従って、日本ではたった30gの塩をつくるのにも、1リットル近い水分を蒸発させなくてはならず、コストがかかってしまいます。そのため、海水をそのまま煮詰めるのではなく、いったん濃い塩水に濃縮してから、その濃い塩水を煮詰めて塩の結晶を取り出す、という効率のよい方法で塩づくりが行なわれてきました。

これが揚げ浜式塩田の原理です。

塩づくりの準備には絶好の天気でした。
自分の身体から噴き出る汗から塩を? それの方が早い?

取り合えず最低限の準備が出来ました。
1013

« 大磯小学校第140回運動会 | トップページ | 大磯海岸の揚げ浜塩田? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58378459

この記事へのトラックバック一覧です: 塩づくり体験事業の準備:

« 大磯小学校第140回運動会 | トップページ | 大磯海岸の揚げ浜塩田? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ