« 朝の連続テレビ小説のロケ地 | トップページ | 大磯チャレンジフェスタ2013&稲刈り »

2013年10月 5日 (土)

「トトロ世代」の活躍を期待!

湘南邸宅文化ネットワーク協議会では、毎年、持ち回りでシンポジウムを開催しています。
相模湾一帯で歴史的建造物等をどのように保存し活用していくかなどのテーマで民間団体が集まって地道に活動をしている任意のグループ集団です。

今年は大磯町がこのシンポジウムの担当をする年です。
折しも旧吉田茂邸が県立大磯城山公園の一部として開園しました。
建物等については今年度末から2年程度の歳月を掛けて再現される予定になっています。
その旧吉田邸でこのシンポジウムを開催する予定です。

今回のシンポジウムは、この様に歴史的に由緒ある建築物の再生・保存・活用も非常に大切なのですが、もっと、身近にある日本家屋の活用等の視点でもディスカッションをしていきたいと思います。

私たちは高度経済成長期の真っ只中に社会に出て「消費は美徳」とばかりに日本経済の繁栄を築いてきましたが、その一方で、捨ててはいけないものまで葬り去ってきたような気もします。
しかし、団塊の世代の子どもたちは、私たちが捨て去って来たものに価値を見出しています。
そうした若者が私の身の回りに多くいます。
彼等と話していると、そういう家屋が嫌で近代的な家を建てて住んでいる自分が少しばかり恥ずかしく思うこともあります。

今日の打ち合わせでメンバーの一人が

「今の若者は団塊の世代が捨ててきたものを好む。私はこの世代を「トトロ世代」と名付けたいと思います。スタジオジブリの「となりのトトロ」が公開されたのは1988年4月です。今から25年前。その影響を受けた世代はいまや30歳前後とこれからの日本に大きな影響を与える世代になってきています。ご存知のとおり、トトロの世界は、昭和30年代前半の日本を舞台とするファンタジーです。高度成長以前の日本の自然豊かな世界です。トトロ世代が環境嗜好、民家などを好きになるのは自然の成り行きです。」

すごく的を得ている発言だと思います。

1005
今日は「大磯迎賓舘」で打ち合わせを行いました。
シンポジウムの打ち上げは、この現存している住宅としては日本最古のツーバイフォー建築と言われる、由緒ある建物も利用させていただくことになっています。

« 朝の連続テレビ小説のロケ地 | トップページ | 大磯チャレンジフェスタ2013&稲刈り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58327123

この記事へのトラックバック一覧です: 「トトロ世代」の活躍を期待!:

« 朝の連続テレビ小説のロケ地 | トップページ | 大磯チャレンジフェスタ2013&稲刈り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ