« 「大磯市」が「地域まちづくり表彰事業」の被表彰団体に! | トップページ | 朝の連続テレビ小説のロケ地 »

2013年10月 3日 (木)

秋の「香り」「匂い」「色」

1003日中の夏を思わせる強い日差しから、一変して夜の会議を終えて事務所を出る時には秋の空気に入れ替わっていました。
この時期は歩いていると何処からとなく金木犀の香りが漂ってきます。
強い香りなので、かなり遠くからでも匂いを感じます。「どこで咲いているのかな」と、ひと時、宝探しをしているような気持ちにさせてくれます。

秋をしみじみと感じさせる「香り」と言うと「菊」が代表的なのかもしれません。
金木犀の匂いが秋を運び、菊の香りが秋の深まりを感じさせてくれます。

秋と言えば「食欲」です。
自身は食べることに関しては淡白な方なのですが、それでも美味しい食材を見かけると食欲を誘ってくれます。
「秋刀魚」「松茸」「栗」「ぶどう」「梨」・・・・・etc。
このような食材を見かけると秋の深まりを感じさせてくれます。

秋は「彩の季節」と呼ばれるほど、多くの色を思い浮かぶ季節なのですが?

暦の上の季節の色では冬は黒(玄)、春は青、夏は赤(朱)、秋は白 と言われています。

秋は「白秋」と言われ「色なき季節」?
いやいや、白は「色なき」とするのではなく、白は色の「素」という考えからだそうです。

白い紙に絵の具を載せれば、そこに見える色は、絵の具の載せた色、そのものの色です。
もしこれが白い紙でなく、赤や青、黒と言った色の付いた紙の上に置けばどうでしょうか?
紙の上の、絵の具の色はそのものの色には見えないはずです。

対照的に、白は全ての色を邪魔しません。
全ての色を引き立たせてくれる「素」の色です。
「素秋」はここから来ています。

秋は全ての色を載せる、受け入れてくれる白の季節ですから、一つの色に染まる季節ではなく、様々な色を載せる「彩りの季節」とも呼ばれます。

「色なき季節」と「彩りの季節」

矛盾するような二つの表現が、秋と言う季節の中には矛盾なく収まることに感心します。
これからの深まって行く秋に、自分の「色」をどう表現していくか、創り出していこうか・・・・・・?

と思いつつ、イベントの準備等に追われています。

« 「大磯市」が「地域まちづくり表彰事業」の被表彰団体に! | トップページ | 朝の連続テレビ小説のロケ地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58317076

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の「香り」「匂い」「色」:

« 「大磯市」が「地域まちづくり表彰事業」の被表彰団体に! | トップページ | 朝の連続テレビ小説のロケ地 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ