« 日本風景街道関東交流会 | トップページ | 2020年東京オリンピックの開催が決定 »

2013年9月 7日 (土)

秋は感傷的になるのです?

今日は二十四節気の一つで立秋から三十日の「白露」です。
美しい露を結ぶ時期の意味ですから、そろそろ周囲に露の目立ち始める時節になりました。
これがもう少し時が進むと「白露降る」と表現をするようになると、私には大好きな夏が遠くの想い出になり物寂しさを感じる本格的な秋を迎え少し感傷的になってくるのです。

9月に入ると富山県八尾町では「おわら風の盆」が行われます。
「二百十日が無事であることを祈る行事」ですが一度は行ってみたいと思っています。

今朝などは窓から入って来る風に「涼」を感じます。いやぁー それを通り過ごしているかもしれません。
19日の「仲秋の名月」を迎える頃には本格的な「冷」を感じるようになるでしょう!

まだまだ日中には裏山からは夏の名残りの様に蝉の鳴き声が聞こえてきます。
しかし「蝉時雨」とは、ほど遠く、夜にパソコンに向かう頃には耳を澄ますと、何種類かの虫の音が聞こえてきます。
「虫時雨」も間もなくです。

中旬以降は秋の長雨・秋霖も終え、空は澄み高く感じられる季節になります。
鰯雲や鯖雲などの巻積雲をはじめ、巻き雲など上層雲も秋高しの演出をしてくれるでしょう!
この青空の下で「運動会」「スポーツ大会」の歓声が響き渡ります。

そして、こうした感傷的な気持ちに浸ることも出来ないほどの、秋のイベントが待ち受けています。
イベントを実施するのに困るのは「草木を吹き分ける 野分」です。
台風だけは、イベントの日を避けて欲しいと! 

秋を連想する言葉を、思いつくままに書きましたが、余りのも奥が深すぎます。
そして今夜も、燈火親しんで読書をしているつもりが、いつの間にか手から本が自然と離れているのです・・

・・・? 

« 日本風景街道関東交流会 | トップページ | 2020年東京オリンピックの開催が決定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58149878

この記事へのトラックバック一覧です: 秋は感傷的になるのです?:

« 日本風景街道関東交流会 | トップページ | 2020年東京オリンピックの開催が決定 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ