« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 巨人と楽天の日本シリーズ 期待しよう! »

2013年9月25日 (水)

津波避難施設の整備検討会

大磯港みなとまちづくり協議会役員会で「津波避難施設」の設置場所等の検討を行いました。
この事業は「かながわグランドデザイン」で「大規模な災害への対応力の強化」を図るための一環として計画されています。

既に大磯港や海水浴場の背後には立派な防潮堤が設置されていて、地震、津波発生時には、速やかに防潮堤の外に避難をすることを大前提にしています。
それでも、逃げ遅れた人への対策として「津波避難施設」を緊急的、一時的に避難する施設として作る?

出席者の皆さん全員が、その必要性は理解しているのです。
しかし、余りにも非日常的な施設だけに、海岸等に、こうした施設が忽然と港に出現し、景観等を損なわないかと戸惑いを感じているのです!

過日、沼津港で駐車場を兼ねた緊急避難施設を見てきました。
立派な施設です。
長期的にはこうした視点で取り組む必要性もあるのかなと思います。
大磯港全体の見直しを図るには時間を掛けて、採算性も含めてじっくりと計画していかなければなりません。

0925
                                             ▲
                            左 沼津港駐車場   右 田辺市の避難タワー施設

厄介なのは災害はいつやって来るのか分からない?
「緊急避難施設」等は明日必要になるのかも分からないし、幸運にも利用されるケースがない場合だってあります。

それだけに、普段から港や海水浴場で、その施設が日常的に有効に活用されていて、いざ緊急事態が発生した時に「津波避難施設」として利用できると言う考え方で検討していかなければならないと思います。

展望台、避難施設の下をステージ等で利用するとか、色々な提案をしましたが・・・・・?

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 巨人と楽天の日本シリーズ 期待しよう! »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/58267364

この記事へのトラックバック一覧です: 津波避難施設の整備検討会:

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 巨人と楽天の日本シリーズ 期待しよう! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ