« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

夏の最後の夜空観賞会!

8月も今日で終わりです。
夏も終わり近づいています。
しかし、今朝は朝から水銀柱、いやぁーデジタル気温の数字がどんどんと上がっていきます。
窓からは秋の気持ちい風が入って来るのですが、パソコンのチェアのところは、真夏に負けない太陽の直射を受けて、何と気温が44.5℃まで上昇。
とても座っていられる状況ではありません。

0831
東・南・西に面している部屋なので終日、太陽の恩恵を受けることが出来ます。
しかし、8月後半からお彼岸頃には太陽の位置が次第に低くなってくるので、残暑の厳しい時には過酷な環境に変わります。
正に今日の様な日です。

午後から小学校4年生の「ひーちゃん」の「夏の大三角」の宿題を兼ねて久しぶりに平塚市博物館へプラネタリウムの観賞に行きました。
自宅近くの空では簡単に探すことの出来た「夏の大三角」も沢山の星が輝いている中で探すのは結構大変なのです。
観賞に来ている他の親子たちも、中々見つけることが出来ずにまるで宝探しをしているようです。

最近のプラネタリウムは、単に夜空の星を投影するだけではなく、夏休み期間中には「宇宙を夢みて」と「プラネタリウムが大好きなナオちゃんは、いつか宇宙を旅してみたいと夢を持ってプラネタリウムに通っていました。主人公は日本人二人目の女性宇宙飛行士の山崎直子さんをモデルにして、ミュージカル風にしたプラネタリウム番組です!」

私は中学生、そうです50年も前に「気象観測部」に所属をして、夏休み期間中の数日、中学校の屋上で一晩中、天体望遠鏡で夜空を観て星に魅せられたのがこの歳になっても星に興味を持っているきっかで、その時の想いが忘れられません。

プラネタリウム投影まで時間があるので「弥生時代」の土器の観賞もしました。
これも高校時代に大磯町の生沢に国道271号線(小田原・厚木道)が作られることにより、西恩沢の古墳が道路の計画上にあるので、地歴部に所属をしていたので国学院大学の教授の発掘調査の手伝いをさせてもらい、古墳時代から平安時代までに作られた須恵器を自分の手で発掘した想い出が強烈に残っています。

0831_2
こんな50年前の想い出が孫との遊びの中で活きてくるのですから、孫たちには色々なことを経験させてあげようと思います。

しかし、自分の子どもを育てている時には、こんなに色々な体験をさせたのでしょうかね?
カミさん任せにしていたような。仕事に追われてそんな余裕もなかったと・・・・・?

息子と娘が、私のブログを観て
「親父、俺たちの時には何もしてくれなかったように思うが?」
う~ん 反論が出来ない! これも歳を重ねた余裕なのだと・・・・・。

2013年8月30日 (金)

ばぁばの宝箱

0830_2ばぁばが大切にしている宝箱があります。
ばぁばと言っても私のお袋さんではありません。
35年間も連れ添った私にとっては宝物のカミさんです。

その「ばぁあ」ばが大切にしている宝箱には5人の孫たちからもらった「じぃじ」「ばぁば」へのメッセージカード等がぎっしりと詰まっています。
ですから私にとっても宝物箱なのです。
その宝箱か左写真の習字が入っていました。

これって「お前、強制的に書かせたのではないの?」との問いに
「そんなことないわよ! でも上手に書けていると書けていると思わない?」
この作品の内容では上手、下手以前の問題ではないですか?
これが下手に見えるはずはないです。

ちょっとだけ嫉妬したいような作品ですが、孫たちの夏休みも残すところわずかに二日足らずです。
私も孫たちに約束したことを残り二日で実行しなければ?????

2013年8月29日 (木)

大磯宿場まつりが本格始動!

0829

昨晩は東海道シンポジウム東京・神奈川ブロック会議があり、藤沢宿が大変に盛り上がっている様子をアップしました。
今晩は11月10日(日)に開催が決定している第20回「大磯宿場まつり」の運営スタッフ会議があり、大勢のスタッフが集まり、11月に向けての熱の入った会議になりました。
毎年、夏が終わる頃に宿場まつりのスタッフ会議が行われて本格的に始動し始めます。
個人的には大好きな「夏」が何か遠くの方に行ってしまうような寂しさを感じるのですが、この寂しさを宿場まつりに集まるスタッフの熱意に救われるのかも知れません。
『第20回「大磯宿場まつり』
 ○開催日時:平成25年11月10日(日)
       10:00 ~ 15:00
 ○開催場所:山王町旧東海道松並木
※内容等の詳細は決まり次第に随時アップしていきます。
  乞うご期待!

2013年8月28日 (水)

東海道シンポジウムの話題

「第26回東海道シンポジウム宮宿(みやのしゅく)大会」は今秋の10月26日・27日に熱田神宮で開催します。
第27回の同大会は来年の秋(多分・開催日は未定です)藤沢宿で開催されることになっています。
その大会に向けての実行委員会が立ちあがりました。

0828その熱意が伝わって来る東海道シンポジウム東京・神奈川ブロック会議でした。
神奈川県には横浜・川崎・相模原市の3市の政令指定都市があります。
人口42万人を抱える藤沢市は4番目の市です。

さすがに多士済々のスタッフが揃っています。

毎年、3月にNPO歴史の道東海道で実施している事業に「東海道検定」があります。
今まで神奈川県会場としては「大磯宿」で実施していました。

来年は秋に東海道シンポジウムを開催しますので、そのプレイベントとして「東海道検定」を藤沢宿で実施することを快く引き受けてもいただきました。

これからの動きが楽しみです。

2013年8月27日 (火)

今夏最後の海岸での打合せ

今日も終日色々な打ち合わせがありました。
日常の事業の調整から、大学の授業の一環として「地域の抱える課題」を演習することにより地域の魅力を再発見してもらい、学生たちのUターン、あるいはIターンのサポートをしていきたいとの大変興味のある打ち合わせです。観光学科らしい取り組みです。
それを、ゼミの活動ではなく「専門科目」の後期の授業の中に組み入れられるとあっては、それ相当の準備をしなければいけません。

地域のポータルサイトを立ち上げる準備もしています。
単に地域の情報を発信するだけのHPを作るつもりはありません。
HPにメディア的な要素を持たせて、いずれはこのサイトをビジネスとして運用していくためには、どのように進めて行くのか? を考えなければいけません。

結構、頭を悩ませる課題です。
そんな時には事務所を飛び出し、場所を変えて議論をすることにしています。
今夏も何度か潮風を受け、波の音を聞きながらのミーティングを行いました。

寒い冬は、個人的には「ゴメン!」です。
春・夏・秋のスリーシーズン位はこうしたシチュエーションの雰囲気の中で打合せが出来ると、自然と良い案ができるのです・・・・・。
何とか方向性だけは確認し共有できました。
多分、今夏最後の海岸での打合せです。

0827

2013年8月26日 (月)

サバイバル・セルフレスキュー(SSR)講習会&大磯夜市の開催情報

0826

☆9月28、29日に、特定非営利活動法人SONERS(東京都新宿区)が、
大磯ロングビーチでサバイバル・セルフレスキュー(SSR)講習会を実施します。
28日にはプールサイドで「大磯夜市」も開催。
現在、その出店者を募集中とのことですので、ご紹介いたします。
【サバイバル・セルフレスキュー(SSR)講習会】2013年9月28日、29日開催
2011年の大震災から2年以上経ちました。
地震大国である日本では、中小規模の津波が常にどこかで発生する可能性があります。
防災という観点から、津波を中心とした水害への対策を
長期的に考え実施して行くことが急務の課題であると言えます。
災害を免れる能力に長けた個人を育成するためにも、
「自らの命を守り、最悪の事態を回避する技法」である
サバイバル・セルフレスキュー講習会を開催いたします。
海と共に生きる湘南の方々だからこそ、ひとりひとりが自分自身を守る技能を
身につけてもらいたいと考えております。
【サバイバル・セルフレスキュー(SSR)とは】
海辺や川を中心とした水害に面した時、自らの命を守る、
あるいは他人を助けることにより、最悪の状況を回避するための総合プログラム。
開催場所:神奈川県 大磯ロングビーチ
日程:2013年9月28日(土) 1回目10:00 2回目13:00 3回目15:00
     2013年9月29日(日) 1回目10:00 2回目13:00 3回目15:00
   ※雨天決行
参加費:無料(保険料として500円ご用意ください)
対象:小学校1年生以上の子供から大人まで

☆参加方法などの詳細は、こちらからどうぞ。

http://www.soners.net/

2013年8月25日 (日)

孫の成長 2題

昨晩は「ぺーくん」の6歳の誕生パーティーを家族全員でお祝いをしました。
一番下の孫が6歳になるのですから。感慨深いものがあります。
29日が誕生日なのですが、子どもたちも「テニス」や「サッカー」の練習等で中々忙しい日々を送っています。
大人並みに日程を合わせるのが大変なのです。
今秋から来春に掛けて「ぺーくん」に5個目のランドセルを購入してあげると小学校への入学準備購入事業も終了します。

0825
核家族化が進んで家族の中で競争や譲り合い、我慢が出来なことが微妙に作用しているのではないかと危惧するケースを良く見かけます。

私は3人の兄と1人の姉の5人兄弟の末っ子です。
上の姉とは7歳も離れているので一人っ子的な要素も持ち合わせているはずです。

それでも戦後の間もない頃には地域が子育てに大きな関わりを持っていてくれました。
近所の子供であろうと隣近所のおじさんやおばさんに「悪いことは悪い」と徹底的に怒られたものです。

地域でリーダーシップをとる子どもの存在感も重要な役割を果たしていました。
それによって縦社会が自然と成り立っていたのです。

孫は従姉弟の関係になるのですが、近所にいるので5人兄弟の様な関係が出来上がっています。
週一回は我が家に集まって食事をします。
これは小パーティーです。
どんなに粗食であろうと10人分の食事が揃うと食卓には所狭しの食材が並んで豪華に見えるのです。

カミさんと二人世帯だったら、どんな食事をしているのだろうと・・・・・?

そして、今日は娘の実家に我が家の孫たちは「小さな冒険の旅」に!
「じぃじが送って行ってあげようか?」との言葉に「電車で行くと」
お姉ちゃんを先頭に3人が溌剌と出掛けて行きました。
みんな、それぞれに成長をしていると目を細める一日でした。

2013年8月24日 (土)

第10回外郎売の口上大会

第10回外郎売の口上大会に孫と一緒に行ってきました。
回を重ねるごとに同大会の内容が充実してきます。
いつも感心しているのは主催している「外郎売の口上研究会」には多くの子ども会員を抱えているところです。
そして、この子ども会員が各地の宿場や市川家歌舞伎十八番に関係するところに、観光大使ならぬ外郎大使の役目をはたして普及していることです。

大人たちは外郎売の持つ言葉に魅了されて、伝承させているのだと思います。
子どもたちは早口言葉が至る所に交じっている外郎売の口上に面白さを感じ、健気に演じる、その様を見る大人たちは魅了させられてしまうのだと思います。
私もその中の一人です。
ですから、自分の立ち位置で応援をしたくなってしまうのです。

昨年の大会には十二代目市川 團十郎さんが外郎売の口上のラストを演じ、二代目市川 團十郎丈が「外郎売の口上」を地元の小田原に言葉の財産として残してくれました。

とても良い大会でした。

0824

2013年8月23日 (金)

愛猫につられて夢の世界へ!

事務所での出来事を素直にブログにアップできるのであればネタがつきずに色々なことを書くことが出来るのですが?
ですから、たまに、今夜はどのような内容を書こうかと悩むことが結構あるのです。

0823そうすると、昔、読んだ本を読み返し、本の内容、その時に感じた思いを想い出し、自分の身の回りにあった出来事を重ねてブログネタにしようと試みます。

人が本を読み始めている目の前で愛猫「タマ」がこの様に気持ち良さそうにすやすやと寝ています。
その「タマ」をじっと見つめていました。
撫でても眼も覚ましません!
人の気持ち、悩みも知らずに気持ちよさそうに・・・・・・?

と思ってからどれだけの時が経ったのでしょうか?
いつしか私の手から本がなくなっています。
ご主人様が寝たと思った「タマ」はいつの間にか、私の膝の中で私と一緒に夢の中に。

あー、今夜は金曜日、週末です。
やっぱり何となく疲れているんだ?
今夜は、このような愛猫と時を過ごす時間を良しとしておきましょう!

2013年8月22日 (木)

日本の「イチロー」から世界の「イチロー」へ!

イチロー選手へ「祝!4000本安打達成!」
凄いとしか表現が見つかりません。
いつもひょうひょうとして、プレーに専念するイチロー選手を見ていると、一つ一つ偉大な記録を塗り替えて行っているにも関わらず、全て彼にとっては「通過点」で当たり前に感じさせることに、いつも驚いています。

常に最高のプレーを見せるために徹底した自己管理と節制のたまものなのでしょう。
当たり前のプロ意識なのかもしれません。
自らが課した「日課」を黙々とこなしているからこそ、ヤンキースに移籍した後は打順は日替わり、指名打者に、代打や守備固めとマリナーズ時代とは大きく違う役割を担い、それだけに難しい調整を強いられている中にあっても、変わらずに安打を積み上げていくことができるのでしょう。

一日も欠かさずに当たり前のことを行うことが、実は一番難しい。
それが出来ないから・・・・・!悔いを残すことになる。

イチロー選手はバットを持ってバッターボックスに入る以上は全ての打席でヒットを狙っているのでしょう。
イチロー選手の日米通算打率は3割3分0厘。
裏を返せば6割7分0厘の悔しさの積み重ねがあるからこそ、今日、4000安打達成の偉大な記録に届いたのでしょう。

イチロー選手の挑戦はこれからも始まります。
前人未到の記録を目指して!

自分は今夜も、もう一人の優しい自分に負けています。

2013年8月21日 (水)

「地域づくり」表彰事業のプレゼン

今春、大磯町から国土交通省の行っている平成25年度「地域づくり表彰」に推薦をしてくれていました。
この地域づくり表彰制度は、創意と工夫を活かした広域的な地域づくりを通して、個性ある地域の整備・育成に顕著な功績があった優良事例を表彰することによって、地域づくり活動の奨励を図ることを目的に、昭和59年度より実施しているそうです。

0821

今年は全国から83事例のエントリーがあったそうですが、最終的に9事例が残り、そのプレゼンテーションがあり霞が関、国土交通省に行ってきました。

結果は9月にならなければ分かりませんが、多少の手ごたえを感じています。

Local First! independent を大切にして
~ 地域性を大事にする
~ 露天商などの出店は認めない
~ 大手よりも個人の出店を重視
~ ゆるさ、雑多、面白さ
~ 手作り市(フリーマーケットは認めない)
~ 親子世代間での運営

そして、最終的には
~ 美しい街、住みたい街、出掛けてみたい街に
~ 地域自給
   → 自立したローカル経済圏を形成する
~ 若い世代が地域で活躍できる
 ことを目指す「大磯市」のプレゼンテーションをしてきました。

2013年8月20日 (火)

名車「トヨタ2000GT」のリアルレプリカ

日本の製造業が人件費のコスト等の安い海外移転に進出するようになりかなりの時が経ちました。
大手はこうして積極的に海外進出・移転が出来ますが、中小零細企業は海外に負けない技術を持っているにも関わらず日本に拠点を置いて大手の下請けに甘んじるしかないのが多くのケースです。

0820_2000gtgtr今夜NHKラジオで「名車復刻でビジネスチャンスを~町工場の挑戦~」のニュースを聴きました。
内容は「ロードスターガレージ有限会社」が安全・快適な現行車をベースに名車のリアルレプリカを提供して幅広い支持を集め始めている成功事例でした。
その復刻レプリカが「トヨタ2000GT」のレプリカとあっては耳を欹てて聞きました。

私が免許証(普通自動車免許)を取得したのが1968年です。
当時の憧れの車と言うと、ニッサンの先代プリンス・スカイライン2000GT-Bの後継車として東京モーターショーで発表された「スカイラインGTレーシング仕様」をほぼそのままの形で、1969年2月に発売された初代GT-Rと確か300台程しか生産されなかっがために幻の名車の称号がある「トヨタ2000GT」の2車種でした。

当時のトヨタ2000GTの価格は238万円。
トヨタ自動車のクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買える程に高価でした。

1967年当時の日本における大卒者の初任給が概ね2万6,000円前後であったことからすれば、現在では1,500万円から2,000万円程度の感覚にも相当すると思われますので、当時は大学生であった自分には想像を絶する超高額車だったのです。

それを従業員が3人足らずの「ロードスターガレージ有限会社」の町工場である企業が名車「トヨタ2000GT」のリアルレプリカを受注販売に転じて「消極主義は気分であり、楽天主義は意思である」を座右の銘として受注販売を軌道に乗せた小林社長に大きなエールを送りたいと思います。

多分、我々の世代には憧れの「車」だったのだと思います。

2013年8月19日 (月)

私の関連するイベント情報

9月 8日(日) ISO市
          9:00 ~ 12:00 大磯駅前
         「ISO.JPG」をダウンロード

   15日(日) 第37回大磯市
        17:00 ~ 20:30 大磯港
         ※7月~9月の「大磯市」は「夜市」になります。
          行く夏を惜しみ、初秋の「大磯市」をお楽しみください。

  15日(日) 定置網体験事業&タッチングプール
          ※詳細が決定次第に内容をアップします。

2013年8月18日 (日)

3周年を迎えた「大磯市」

3年前の9月に始めた「大磯市」。今夜が第36回目の開催になりました。
毎回、大変多くの来場をいただき盛況に映る「大磯市」も私たちの運営する側からすれば、何事もなく一回ごとの「市(いち)」が無事に終了してくれれば と願うのみです。

先の福知山の花火大会のように大きな事故が発生た後とあっては、特にそう感じます。
「大磯市」はプロパンガス等を使用して調理等が伴う出店は原則ありません。
それでも、夜間の開催になるこの時期には主催者側が多くの照明機を使用します。
動力源はガソリンです。

今夜は、設置する前に複数人で燃料蓋等がきちんと閉まっているのか綿密に確認作業を行ってのスタートになりました。

そして南風が多少強く吹いていましたので、出店者のテント、パラソル等の使用についても、スタッフが一店づつ安全を確認してくれました。
こうした裏方に徹する方がいるから、イベントは成り立ちます。
今夜も、相模湾からのそよ風を受けて、行く夏を惜しみつつ一日を楽しんでいただきました。0818
「大磯市」を支えてくれるのは出店者なのですが、パフォーマンスで出演をして下さる方々は、自分の芸を披露するだけではなく、参加者と一体になる仕掛けをしてくれることです。

ベリーダンスの皆さんは、子どもたちと一緒に!
ボボ☆鉄平さんのライブは自費で大磯のキャラクター「いそべぇ」を借上げ、子どもたちとライブを!

こうした目に見えないところで「大磯市」は支えられています。

2013年8月17日 (土)

「ブーメラン」の特性を活かした教育!

「ブーメラン効果」と言うと余りいい意味で使われていないようです。
人は、あからさまに説得されればされるほど反発を感じ、最初の態度を強めてしまう傾向があります。

0817つまり、説得が逆効果となるということです。
この様なことを指して「ブーメラン効果」と言われています。

正に子育てがこの理論だと思います。
親が「勉強しなさい」と言われれば、いわれるほど態度を硬化させます。
意地でも勉強したくなります。

子どもの恋愛でもそうです。
親が反対をすればするほど、恋の炎は燃えあがります。
親はますます、窮地に追い込まれます。

私の思う「ブーメラン効果」とは、「ブーメラン」の持つ特性を活かした、教育だと解釈をしていました。
「ブーメラン」は中途半端な力で手元を放つと、自分の予期せぬところに行ってしまいます。
ところが、思いきって投げると、大きな輪を描いて必ず、自分のところに戻ってきます。

現在の子育てや組織の中の教育にこそ、こうした考え方が必要なのではないかと思います。

我が家では些細なことが起きると、すぐに家族会議が始まります。
皆、私の現役引退後のことを心配してくれます。
このこと自体に感謝です。

それが、先ごろの家族会談で「現役引退後は、おとうさんのやりたいようにやれば良い!そのために親父に投資をすると!」

こんな形で子どもたちから言われたら続く言葉がありません。
これが本当の「ブーメラン効果」だと・・・・・!。

2013年8月16日 (金)

神様!仏様!田中様?

「神様、仏様、稲尾様」という有名なフレーズは1958年の西鉄vs巨人の日本シリーズで生まれました。
野球に興味を覚えた頃でした。
まだ自宅にはテレビはありませんでしたが、街頭テレビなるものも見に行き「プロレス」や「ナイター」を大磯駅前まで見に行きました。
ようやく一般家庭にもテレビが普及し始めて、近所の親戚の家でこの日本シリーズを見た記憶があります。

同シリーズでは巨人が初戦から3連勝をして、日本シリーズ制覇に王手を掛けていました。
その王手を掛けた巨人の前にして立ちはだかったのが、鉄腕投手、稲尾和久でした。

西鉄としては、もう一つも落とせない絶体絶命の中で、稲尾投手は4戦目を先発、5戦目はリリーフで登板。
特に、この第5戦は自軍が劣勢から追いつき延長戦に持ち込み、最後は自らのバットでサヨナラ本塁打を打って劇的な逆転勝利を呼び込み、その余勢で第6戦・7戦と先発のマウンドに登り、連続完投勝利で西鉄奇跡の大逆転勝利の立役者となりました。
投手の分業制が確立している現代野球ではありえない奇跡です。

こんな幼い頃の記憶も残した稲尾和久は私たちの世代には伝説の大投手なのです。
こんな状況の中から生まれたのが「神様、仏様、稲尾様」です。

今夜の西武vs楽天で先発をしたマー君こと楽天の田中将大投手が「平成の神」になりました。

この試合で、自身の持つ開幕連勝のプロ野球記録を17に更新し、さらに、昨年8月からの連勝記録も21に伸ばし、自身と1950年代に松田清(巨人)稲尾和久(西鉄)がマークしたプロ野球記録の20連勝を塗り替えました。これは大記録だと思います。

本格的にスポーツを経験した訳ではありません。
普通は「好調を維持できるのは1カ月程度」だと思います。
それを開幕から5カ月も維持し続け、昨年の8月から無敗が続いているのですから、これはもう「平成の神」の称号に相応しい大記録達成です。
あの、熱血、星野監督が「称賛の言葉がみつからない」というのも納得です。

サッカーに人気を奪われがちなプロ野球ですが、こうした若い選手の活躍が、現在甲子園で繰り広げられている高校球児に、炎暑に負けない未来の夢を、力を与える結果になることでしょう!

マー君!「いやぁ、平成の神」田中投手、おめでとう!

2013年8月15日 (木)

「第10回 外郎売の口上大会」

夏が終わりに近づくと、私の東海道、宿場関連の活動が活発になってきます。
「第10回 外郎売の口上大会」が開かれます。

昨年の大会には病の中を十二代目 市川 團十郎さんが応援出演してくれました。
今を思えば、まるで外郎さんにお別れに来たとさえ、思えるような特別出演でした。

今年の2月3日に、66歳の若さでお亡くなりになりました。
歌舞伎界でも大きな屋台骨を失ったのでしょうが、この口上大会にとっても大きな痛手だと思います。

それでも、この小田原の「透頂香<とうちんこう>」(外郎と通称する)という薬を売り歩く商人の歌舞伎十八番の一つである、外郎売はこれからも語り継がれていくことと思います。

「第10回 外郎売の口上大会」
 ○平成25年8月24日(日) 12時30分開場
                13時開演
 ○小田原市市民会館 大ホール
 ○入場無料

拙者親方と申すは、御立会の内に御存知の御方も御座りましょうが、
御江戸を発って二十里上方、相州小田原一色町を御過ぎなされて、
青物町を上りへ御出でなさるれば、 欄干橋虎屋藤右衛門、
只今では剃髪致して圓斎と名乗りまする。
(略)・・・・・・・・外郎はいらっしゃりませぬか。

0815

2013年8月14日 (水)

大磯日めくりカレンダープロジェクト

先週から私のところに標題のプロジェクトを推進する方から協力依頼を受けています。

「大磯在住在勤、または大磯に縁のある老若男女365人を撮影し、日めくりカレンダーにします。町中の家に今日はあなたの、明日はあの人の顔があります。見たことのある顔がどんどん増えて町中の人が顔見知りに

なると、おもしろいと思いませんか。いま大磯に暮らす人々を写すということは今の大磯を映し出すことになるはずです。毎日大磯のだれかに会えるカレンダー作りにご参加ください。これがきっかけとなって、新しい縁が生まれるかもしれません。」

こんな趣旨でこのプロジェクトが進行しています。

大磯町に在住在勤と言う極めて狭いエリアでのニュースですが、
1/365に参加していただける方は、日めくりプロジェクトまでお問い合わせ下さい。

問合せ ひめくりプロジェクト 上村陽子 泰山智子
     080-9083-3095/mail:himekurip@gmail.com まで。

2013年8月13日 (火)

猛暑の中のお盆の入り

今年も孫たち5人が迎え火を焚いてくれました。
きっと祖父母や両親たちも、孫たち(先祖様から見れば玄孫・曾孫になるのかな?)の迎え火に迷わずに帰ってくれるでしょう。
そして、一年一年、成長する孫たちを見て、喜んでくれていると思います。
(そうご先祖様が言っていました。)
そして、ご先祖様を愛猫「タマ」も迎えてくれました。

0813
0813_2
それにしても、ここ数日の猛暑はどうしたのでしょうか?
昨日に国内観測史上最高の気温41・0度を記録した高知県四万十市では今日も40・0度を観測しました。
これで4日連続で40度以上を記録しました。もちろん初めてのことです。

ところで、世界の最高気温はと?
気になり調べました。

世界の最高気温は1913年7月10日に米カリフォルニア州デスバレーで観測した56・7度が史上最高。アフリカ大陸ではチュニジアで31年7月7日に55・0度、アジア大陸ではイスラエルで42年6月21日に54・0度。オセアニアではオーストラリアで60年1月2日に観測した50・7度が最高。

?????どういう状況になるのでしょうか?
想像がつきません。
やはり世界は広い というよりこの記録に唖然とします。

2013年8月12日 (月)

猛暑の勢いが収まりません!

日本列島は今日も厳しい暑さが続き、高知県四万十市で気温41・0度を観測したそうですね。
国内観測史上最高で、3日連続で40度を超えたのも全国の観測点で初めて。これまでの最高は2007年8月に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で観測された40・9度を一気に更新しました。

全国の観測点927のうち235地点で35度以上の猛暑日を観測。
30度以上の真夏日は700地点を超えて今夏最多となり、日本列島がうだっています。

前夜からの東京都心の気温が下がらず30・4度が最低気温だった。

0812このような炎暑の中では事務所で仕事をしたいと思っても、今日は打ち合わせで横浜に。
都会の風は大磯で感じる風とは明らかに違います。
大磯では多少の風があり、木陰に入れば「涼」を体感できますが、都会は木陰に入っても「熱風」です。

外は人が歩いていません。
しかし、ショッピングモールやホテルの中は人が一杯です。

打合せの合間に、スモーキングルームに行って、見知らぬ方から声を掛けられました。
「暑いですね!」「家に居ても暑いので避暑に来ました?」と・・・・・?

なるほど、家にいるより正しい選択かもしれません?

2013年8月11日 (日)

愛猫と犬の面倒を見て一日が終わる!

娘の家族が新たに迎えた、生後2カ月弱の愛犬、ミニチュアダックスフンド「ルル」を連れて来ました。
「お出かけするので半日、預かってと!」
私は動物は大好きです。
問題はありませんが、愛猫の「タマ」がどのように迎えるかが問題です。

0811異種である犬と猫が仲良くするのかどうかは分かりません。
人間でも性格が合わなければどうにもならないケースが多々あるのですから。

こうしたケースは自然体で犬と猫が異種であると言うことを認識させるしかありません。と思いました。
もっとも「ルル」の方は生まれたての子犬ですから「タマ」を見ても、何か、人間と違った物が動いている程度に、危険も感じていないようです。
一方の「タマ」の方は、いつもの自分の定位置から様子を窺がっています。
暫く、こうした時間が続きました。

そして「ルル」を近付けると「タマ」の方が警戒して、「シャー」と威嚇して自分から逃げてしまいます。
無理して仲良くさせようとすると、今後の関係を悪くします。
それでもキャリーバックに「ルル」を入れてしまうと、気になるのかバックの外から匂いを嗅いで存在を確かめています。

時間の経過と共に愛猫「タマ」は邪魔にならない存在だと感じたのか?のんびりとマイペースの生活に戻りました。

結局は人間と同じなのだと思います。
無理に仲良くさせる必要はないのです。
時間を掛けてお互いの存在を認めあう、環境作りが必要なのだと思います。

2013年8月10日 (土)

参加することから意義にから勝つ喜びを!

田村軟式コートで神奈川県のジュニア(小学生の部)の大会があり、孫の応援に行ってきました。
昨年は始めて初参加デビューでした。
結果はともかく「参加することに意義」を体験する大会でした。

0810
それが1年間の練習を通しての成果が予選リーグを2勝1敗で通過して最後はファイナルで負けはしたもののチームはベスト8に。貴重な経験が出来たと思います。

まだまだ小学生4年生です。
大きくなったと思っていても6年生の中に入ってしまうと体格の違いが歴然としています。
それでも健闘してくれました。
何より上級生に仲間として受け入れてもらい、我が家では長女であるがために、テニスを通してお姉さんたちからのアドバイスを受けることは貴重な体験です。
各地で40度を超える炎暑日本の中で元気にコートを駆け回る子どもたちから元気を・・・・・!
いただきました? いやぁーそうでもありません。
やっぱり炎天下は暑い!
来週は千葉県・白子町で「全日本ジュニアソフトテニス大会」があります。
また応援に行ってあげることにしましょう!

2013年8月 9日 (金)

「企業とNPOのパートナーシップミーティングin平塚」&「商工会企画部会」

0809_npo_2午後から「企業とNPOのパートナーシップミーティングin平塚」に行ってきました。
NPO(特定非営利活動法人)の定義は、日本の特定非営利活動促進法に基づいて特定非営利活動を行うことを主たる目的とし、同法の定めるところにより設立された法人です。

当初は「非営利」の名称がついているだけに、収益活動をしてはいけないと言った勘違いもされていたように思います。
ここで言う「非営利」とは、団体の構成員に収益を分配せずに主たる事業活動に充てることを意味し、収益を上げることが制限されるものではありません。

欧米では数十万人単位の会員の支援や、企業からの多額の寄付金を受けて活動している団体が少なくありません。
しかし、日本ではまだまだNPO活動に対する市民等の理解が低く、会員の支援だけで活動が出来ているNPOは極めて少ないのでしょうか?
私の所属している3つのNPOも同様、財政面では常に苦心しているのが現状です。

今日のミーティングには多くの、そして色々なフィールドで活躍しているNPO団体とCSRの活動にマッチングするNPO団体を模索する企業の方が集まり、外の暑さを吹き飛ばすような意見交換が出来ました。

夜は商工会の企画部会です。
この部会では今年の大磯町商工会の重点事業を検討しています。

(1)相模湾沿岸の新たな観光資源開発事業について
(2)大磯町新たな観光の核づくりアクションプラン策定委員会について
(3)商工会アクションプログラムの作成について

このように、テーマはかなり重たい内容なのです。

時は日本全体が厳しい残暑に見舞われています。
「海」「港」に関連する内容も多く抱えていますので、今夜は潮風の中でビールを片手に論議をすることにし、海水茶屋での会議と相成りました。0809
議論も盛り上がりました。
自然と酒量も上がります。
膨大な資料を前にクーラーの効いた部屋で顔を突き合わせて議論を交わすことだけが会議ではありません。
たまにはこうした、フリートーキング出来る会議も必要なのだと思います。

2013年8月 8日 (木)

条件の良い今年の「ペルセウス座流星群」

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並んで「三大流星群」と呼ばれ「ペルセウス座流星群」の時期が来ましたね!

ペルセウス座流星群は毎年、安定して多くの流星が出現します。
何より「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」は冬に活動しますが、ペルセウス座流星群は夏の盛りに活動しますので、寒さについて余り心配する必要がないのも魅力の一つです。
そして、今年のペルセウス座流星群は、非常に良い条件で観測出来るはずなのです。

8月13日の明け方は、流星群の活動が極大となり、放射点の高度も高いです。
何より月明かりの影響を受けません。
12日の真夜中前後から13日の明け方前にかけては、特に多くの流星が出現すると予想されています。

後は天気次第です。
このところ、気象観測に関してはいつも期待を裏切られています。
天気に!
ここ数日、太平洋高気圧が日本上空を覆って猛暑日が各地で続いています。
天気は安定しているはずです。期待をしましょう!

2013年8月 7日 (水)

立秋を迎えての猛暑日!

0807
7月6日に「関東甲信地方は梅雨明けしたとみられる」と発表があり、暫くは夏空が続いていました。
しかし、中旬以降は気温も上がらずに比較的に凌ぎやすく、毎日、お湿りのある、梅雨に戻ったような気候で身体がそのモードに慣れていました。

そして今日の立秋です。
全国的に朝から晴れて、厳しい暑さとなりました。
東京でもおよそ2週間ぶりに猛暑日となり、この厳しい暑さは20日ごろまで続き、全国的にも数日間、35度の猛暑日が続く見込みの予想です。さすがに暑さを感じました。

この気温の上昇に対して各地に「高温注意情報」が出されました。
「高温注意情報」とは、当日、あるいは翌日の天気予報で発表される予想最高気温の統計を基として、それが35℃以上を記録すると予想された場合、気象庁のホームページやNHK・民放・新聞などのマスコミ媒体を利用して、高温注意情報を発令し、熱中症に対する備えを呼びかけるというものです。

この情報はあくまでも気象の「注意情報」に過ぎず、いわゆる一般的な気象の「注意報」とは異なります。

さすがに、これだけ急に気温が上がると来客が一挙に減ります。
従って、久しぶりに事務所でまとまった仕事が出来ました が これが良いのか?悪いのか?

2013年8月 6日 (火)

平和を祈る中での平和は「じぇじぇ!」

広島原爆の日、今年で68回目を迎えます。
広島の平和記念公園で「核兵器のない世界を実現」を目指すために平和記念式典が開かれました。
無差別に大勢の命を一瞬にして奪い、被爆者やその家族らの人生を一変させた昭和20年8月6日のこの日を忘れないで、未来に語り繋いでいく必要があります。

今夏は狭い範囲で短時間のうちに大量の雨が降る「局地的大雨」に見舞われて各地で大きな被害が続出しています。
被害を大きくしている背景には「局地的な大雨に関する災害情報は通常、防災行政無線を通じて住民に知らされていますが、猛烈な雨の場合の時には激しい雨音で防災無線の音声がかき消されてしまうため、局地的大雨では、ほとんど役に立たない」という降り方の「局地的豪雨」が発生しています。

こうした中で明るい話題をと探すと、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の健闘でしょう!
主人公の母・天野春子を演じる小泉今日子が歌う挿入歌「潮騒のメモリー」が7月31日に発売されて、あっという間にオリコン週間シングルランキングで2位を獲得。

それこそ今年の流行語大賞にもなりかねない「じぇじぇ!」です。
そして、この歌をひっ下げて紅白に出場ともなれば、視聴率も上がるかも?

こうしてみるとやはり日本は平和なのかな?とも思える一面のニュースです。

2013年8月 5日 (月)

腰の回復に伴いスコアもアップ?

身体が自由に、自分の思う様に動く喜び?
普通の人では当たり前に感じることが、腰痛の持病を持っている自分には運動をしても腰に痛みを余り感じない今の状況に多くを望みません。それほど、調子が良いです。
先にも書きましたが、ここ数年は自分の誕生日を境にまともな生活が出来なかったのが定例化して、この時期には趣味にしているボウリングすら投げることなど出来ませんでした。

それが、今夏は腰痛ベルトを着用しなくても過ごすことに出来る日々が続いています。
ですから今夜のボウリングのリーグ戦では、腰を使っての投球が可能になりアップゲーム(3ゲームトータルのアベレージが200)が出来るまでに回復しました。

ボウリングは自身の体調保持のために週一回参加しています。
当然、ストレス発散の意味合いもあります。

しかし、投げることが出来るだけでも幸せと言い聞かせても、脳が昔を懐かしみ、イメージ通りについていかない身体を嘆き、ストレス発散で行っているはずなのですが、投げ終わって帰って来ると、フラストレーションを溜めこむボウリングが数年続いていました。

今シリーズは大分、自分でも納得できるボールを投げることが出来るようになっています。
そうすると名実ともにストレス発散をすることが出来ます。
やっぱり、健康でなければいけません。とつくづく思います。

2013年8月 4日 (日)

高速道路を走行中に「緊急地震速報」

岩手からの帰路で東北道を驀進中に携帯電話、ラジオ、ナビから一斉に、何と表現をしたら良いのか分からない?何かが押しつぶされたような「ウィ! ウィ! ウィ!」と言う緊急地震速報を受信。

場所は宮城県古川市付近。
後で震源地を確認すると石巻市で震度5強を観測したとのこと。
石巻市とは直線距離で50㎞と離れていないところででの遭遇です。

高速で走行中の私には地震発生時の揺れ等は感じませんでしたが、その後に走行中の東北道が一時通行止めになったり、東北新幹線も停電のため新白河駅から盛岡駅の間の上下線で運転を一時見合わせたのですから、かなりの揺れを感じたのだと思います。

念のために走行車線に移動をして、スピードを落とし近くの長者原SAに入り情報収集をしましたが、周りはこの緊急地震速報を知っているのか?知らないのか?分かりませんが、何事もなかった如く走り去っていきます。

改めて高速道路等の運転中に「緊急地震速報」を受信した場合の対応を確認しました。
以下は「(財)日本道路交通情報センターHPからの転載です。

「緊急地震情報」イコール「急ブレーキ」は、追突事故の危険大です。
後続車が「緊急地震速報」を聞いていないことが考えられるからです。
したがって、自動車運転中に「緊急地震速報」を見聞きしたときは、以下のように対応してください。

自動車運転中は
 ○あわててスピードを落とさないでください。
 ○ハザードランプを点灯し、周囲の車に注意を促してください。
 ○急ブレーキはかけず、周囲の車の動きに注意して、ゆるやかに速度を落としてください。
 ○大きな揺れを感じたら道路の左側に停止してください。(以上、転載文)

今回の地震も東日本大震災の余震とみられているようです。
南海地震や東海沖地震等、日本はどこでにいてもこうした場面に遭遇することがあり得ます。
日頃からの心構えを痛感する一日でした。

2013年8月 3日 (土)

今夏は行く先々で梅雨明け!

今年は行く先々で天気に恵まれています。
今日はちょっとした私用で岩手県に来ています。
関東甲信越地方が7月6日、九州地方から東海地方が8日の平年より早めの梅雨明けで

したが、東北地方の梅雨明けが延び延びになっていましたが、気象庁は今日、北陸と東北南部、北部が梅雨明けしたと見られると発表しまた。

盛岡では東北地方の夏祭りを幕開けの「盛岡さんさ踊り」が1日から始まっています。
この梅雨明けで、青森ねぶた祭・秋田竿燈まつり・仙台七夕まつりへも大勢の観光客が見えると思います。

こうしたツアーで来ているのであれば嬉しいのですが・・・・・・。

2013年8月 2日 (金)

NPO歴史の道東海道宿駅会議の役員会

0802NPO歴史の道東海道宿駅会議の役員会で掛川宿へ行ってきました。
今秋の10月26日(土)27日(日)で名古屋の熱田区、七里の渡しの起点である「宮の宿」で第26回東海道シンポジウムが開催されます。

当日のシンポジウムと翌日の内容がかなり細かく決まってきました。
舞台を熱田神宮で行います。

織田信長が桶狭間での戦に出陣する前に願掛けをした場所です。
内容も今までのシンポジウムとちょっと違った内容になりそうです。
今から楽しみです。

そして、来年の東海道検定についても修正点等を検討し、秋頃までにはリリース出来ると思います。

2013年8月 1日 (木)

消費税転嫁対策セミナー

現在5%の消費税率は2014年4月に8%、2015年10月には10%へと2段階で引き上げられることが予定されています。
最終的には消費税増税を予定通り行うかは直前に判断されると、法案では規定されていいます。
その判断は今年の秋頃の決定となると見られています。

安倍首相や麻生副総理、甘利経済財政相も財政健全化を前面にし、何よりも現在進行形のアベノミクスの効果を自らが否定するわけにもいきませんので、慎重な姿勢を保ちつつ実行すると見ておいた方が良いと思います。

消費税増税で、どの程度家庭への負担が生じるのでしょうか?

民間シンクタンクの大和総研が消費税率が5%の2011年と比べ、年間を通して税率が10%となる16年の消費税負担額がどれくらい増えるかを試算しています。

 ○年収 300万円の世帯で10万6700円、
 ○年収 500万円の世帯で16万7000円
 ○年収 800万円の世帯で24万9200円、
 ○年収1000万円の世帯で29万4000円 が試算予想の金額です。

生活者への負担も大きいのですが、中小企業者にとっては大変な問題です。死活問題です。
価格へ消費税分がスムースに転嫁が出来るのかと言った直接的な問題からシステムの変更等に早い段階から対応していかなければなりません。
それも短期間の内に二回です。

確実に実行されることを予測して、早い段階から手を打っておくことにこしたことはありません。
そこで、大磯町商工会・二宮町商工会と連携して9月と10月に掛けて4回のシリーズで「消費税転嫁対策セミナー」を企画しました。

0801【二宮会場】
  日 時: 9月 6日(金)&20日(金)
       両日とも 19:30 ~ 21:30
  会 場: 二宮町生涯学習センター「ラディアン」

【大磯会場】
  日 時:10月 2日(水)&16日(水)
       両日とも 19:30 ~ 21:30
  会 場: 大磯町役場保健センター「2階研修室」

【受 講 料】 無 料(定員20名 ※先着順

 お申し込み・お問い合わせは電話・FAX等で
       大磯町商工会 TEL 0463-61-0871   FAX 0463-61-3897
       二宮町商工会 TEL 0463-71-1082   FAX 0463-72-2489

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ