« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

「いそっこ海の教室2013」皆、楽しそうでした!

7月も今日で終わりです。
大磯漁港を中心に「いそっこ海の教室2013」が開催されました。
スノーケリング教室・アウトリガーカヌー教室・ボディーボード教室・ヨット教室(+漁業体験)・ラフティング教室・サバイバルセルフレスキューの多彩な海・川のマリーンスポーツ等の体験に、子ども達が夏休みの一日を楽しみました。

0731
今年で第9回目を迎えたこのイベントは、子ども達に「海をもっと好きに、身近に感じてもらい」「安全に遊びながら」この美しい海を未来に残すための意識を高めてもらうことを目的にして開催されています。

最近の海水浴は海に入るより、砂浜でくつろぐことにあるようです。
「砂が身体につくのはイヤ!」この様な声を多く聞きます

ですから海水浴のイメージも大きく変わりました。
私たちが子どもの頃は、朝から晩まで海で過ごしたものです。
寒くなれば砂浜を掘って砂に身体を沈めて暖め、お腹が空けば、磯で魚や岩蠣・トコブシを捕っては食べて一日中海で遊びました。海が遊ばせてくれました。

食べられる魚、食べ方、そして海の、自然の怖さなどは漁師さん達が教えてくれました。
ですから海と共生する方法、楽しみ方を自然と身につけることが出来たのです。

海水浴場内で泳いでいれば、ロープ等で囲いをしてありますので安心です。
海には様々な潮の流れがあります。
特に、岸から沖に向かって流れる離岸流は要注意です。
もし流されてしまったら、落ち着いて、潮の流れに逆らわず、流に対して横に泳いで逃げることなどは、自然と身についています。

逆に離岸流に乗って沖までスイスイと泳ぎ、岸に戻る時には向岸流に乗って戻ってきます。
泳ぐために自分の洋服を海岸に置いて夢中になって泳いでいると左右に大きく流されます。
これは並岸流です。

こうした自然を理解していれば、海は奥深い大変に魅力のある遊び場なのです。
まだまだ、暑い日が続くでしょう!
睡眠不足や体調が悪い時、お酒を飲んだ時などは海水浴はもっての他です。

「風や海水温など、自然の怖さをきちんと認識して、海に親しんで欲しい」と思います。

2013年7月30日 (火)

前期高齢者の前の誕生日です

前期高齢者への仲間入りを一歩手前に控えた誕生日です。
まずは、誕生日前に行われる大磯町の一大イベントである「なぎさの祭典」を無事に乗り切ったことに安堵しています。
イベントの成功はともかく、このイベントでは毎年と言っていいほど腰を痛めて、休養で迎えることの多かった、ここ数年の誕生日ですから元気に迎えることが出来たことに感謝です。

Facebookを通して多くの方からメッセージをいただきました。
今年はきちんと返信も返せました。

我々、団塊世代が続々と前期高齢者の仲間入りをしています。
そして10年後には後期高齢者になると日本はまさに「大介護時代」を迎えることになります。

子育ては今が大変ですが後の楽しみがあります。
逆に介護が必要になるとその負担は徐々に重くなり将来の見通しが立ちにくいだけに、日頃からの精神的・肉体的の健康に注意をしなければとつくづく思う誕生日でした。

0730そして我が家に帰ると孫たち5人が全員集合!
食事の始まる前に、皆、そわそわとしています。
一生懸命に書いた誕生日メッセージを渡すタイミングを計っていました。
普段は細かいことに注意もし、雷も落とす「じぃじ」ですが、一人一人のコメントを見て安心しました。
「怒る」ではなく「叱る」と理解してくれているのではと安心(自己満足)しました。
孫たちのコメントから推測すると合格点の3プラスアルファ位に映っている様子です。

「怒る」と「叱る」には辞書を調べる限り大きな差はありません。
しかし、私は怒るのは「自分のため」叱るのは「相手のため」と使い分けているつもりです。
気持ちの良い「誕生会」をしてもらいました。

2013年7月29日 (月)

大磯宅配スーパーが間もなくオープン

大磯町の65歳以上の割合、つまり高齢化率は人口33,326人に対して9,440人。率にして約28.3%になります。(平成24年12月31日現在)
5年くらいの間に5%強も高齢化率が進んでいます。

こうした状況に私どもの会員であるソリューションパートナーズシップ㈱が「大磯宅配スーパーマーケット」を31日からオープンします。
大磯町内の高齢者を対象にしているために、当面の配達地域は旧大磯地区限定になります。0729
オーナーは地産地消に拘っていますが、全てを地元で調達する訳にはいきません。
地元以外の商品では全国の特長ある食材を用意しているそうです。

大磯宅配スーパーマーケットへのご注文方法は
固定電話からはフリーダイヤルで 0120-137-222
携帯電話からは 0463-61-3781
FAXは 0463-61-3735 になります。

【ご注文時間】8:00~12:00
【配達時間】13:00~18:00
【お支払方法】商品と現金引換
【配達エリア】当面は旧大磯地区
       (高麗・東町・大磯・東小磯・西小磯地区)
【受付】電話・FAX

2013年7月28日 (日)

合鴨農法を見学

久しぶりの日曜に何も予定の入っていない完全オフ日です。
孫たちを連れて知り合いの「合鴨農法」を行っている水稲作の田んぼに行ってきました。
何か遠くに行ったような表現ですが、車で10分足らずのところです。

一生懸命に水稲作地の間を忙しそうに働く「合鴨」に魅せられて、時間の経つのを忘れました。
孫たちも「合鴨」の可愛らしさに魅了されたようです。
合鴨を触らせてもいただき「鴨ちゃん!暖かかった!」と感動した様子でした。
こんな身近でこうした体験が出来る、我が町はつくづく良い町だと思います。

合鴨農法は減農薬に役立ちます。
合鴨が雑草や害虫を餌として食べてくれますし、鴨の排泄物が稲の養分となり、化学肥料、農薬の不使用によるコストの低減になり、合鴨が泳ぐことにより土が攪拌され稲の根を刺激し肥料分の吸収が良くなるなど稲穂の成長を促進する効果があるとされています。

つらいのは?
孫たちが「鴨さんたちはお仕事が終わると どうするの?」
『お米を収穫し、お仕事が終わった後は「鴨鍋に」』とは、さすがに言うことが出来ません。
「次のお米を作っているところに、場所をに移動するんだよ!」とさすがに非常に苦しい弁明です。
収穫後に合鴨が処分されるのは、飼育が難しいことや養殖の合鴨を野生に放すことが禁止されているからなのです。

孫たちは健気に働く「合鴨」に非常に感動してくれましたが、付き添いで行った大人の方が、合鴨の可愛らしさに癒されました。子どもにも良い夏休みの一日になったと思います。

0728

私の関連するイベント情報

8月18日(日) 第36回大磯市
           17:00 ~ 20:30 大磯港
         ※7月~9月の「大磯市」は「夜市」になります。
          夕涼みながら、いつもと違う「大磯市」をお楽しみください。

2013年7月27日 (土)

大盛況!第25回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」

心配されていた天気も味方をしてくれました。
今年のメインコンサートは2002年「第44回日本レコード大賞」で「涙そうそう」で金賞を受賞した「夏川りみ」さん。
元々、歌唱力も備えた実力のある歌手です。
今週は何度もテレビ・ラジオで彼女の歌を聞きました。

こうしたメディアへの露出度の高い「夏川りみ」さんの人気が開会前から大勢の来場者がありました。
会場後、まもなくに入場制限を掛けるほどの、人出で立錐の余地もないほどです。

♪古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた
   ・・・・・・・・
      会いたくて 会いたくて 君への想い 涙そうそう♪
   (作詞 森山良子 作曲 BEGIN)
「涙そうそう」の唄が始まると、会場は最高潮に!

そして祭りのフィナーレは打上げ花火。
予算がありませんので、短い時間に凝縮された「花火大会」です。
一瞬に咲いて散ってしまう「花火」同様に、一瞬の夏の風物詩でしたが、十分に楽しむことが出来ました。

0727_2

2013年7月26日 (金)

SHIFTを活用したHP

県連の事業である「web活用委員会」に出席するために横浜に行ってきました。
久しぶりの横浜ですので、委員会に出席する前にいくつかの打合せも出来ました。

商工会ではホームページ等の支援ツールとして「SHIFT」の利用を推進しています。
この「SHIFT」を利用すれば、ホームページの開設・更新作業から電子公告などが誰にでも簡単に作成できます。

「簡単」に! とつい表現してしまうのですが、あくまで作業をするのは「人」なのです。
作成したとしても自動的に更新等をしてくれるわけではありません。

HTMLタグなど専門的な知識がなくてもホームページが作れますし、オンラインショップの買い物カゴが自動的に生成されるなど、簡易ツールとしてはすぐれものです。

入口である基本ページの作成まで職員もお手伝いをして作るのですが、そこから先は会員さんがどのように日々更新を重ねながら活用するかにかかってきます。
ここから先は、決して自動的に更新はしてくれません!

「魚金」さんという鮮魚を扱う会員さんがあります。
毎朝、大磯漁港・小田原漁港に揚がる、新鮮な相模湾の魚を仕入れて、天日干しにこだわった自家製ひものを売りにしています。

今日の委員会で第一四半期「4月~6月」(県内)までのアクセス記録が第3位と健闘をしていることに、嬉しく思いました。
お店の入り口として「SHIFT」で作成をしたHP http://www.shokokai.or.jp/14/1434119003/ から「大磯の朝獲れ鮮魚と天日干しひもの自慢の魚屋 魚金ブログ」へ飛び
http://oisouokin.seesaa.net/ このブログで買い物情報や魚介類のレシピを効果的に提供しています。

ブログにはその日の特典が掲載されています。
「魚金」さんは我が家の近所にあります。ですから「ばぁば」も「娘」も必ず「ブログ」を確認してから買物に行くのです!
本当に上手にSNSを活用しているお店です。

2013年7月25日 (木)

「よい物価上昇」と「悪い物価上昇」

参議院選挙が終わりアベノミクスによる効果なのか、小幅な下落が続いていた消費者物価がプラスとなることが確実となっています。
これから先も景気回復の期待感に伴う需給バランスが改善し、ガソリン、電気代などのエネルギー価格の上昇に加えて食料品などでも円安による原材料の値上がりにより徐々に価格上昇が高まっていく可能性が高くなっています。

これがデフレ脱却に向けた第一歩だと見ることが出来ても、賃金の上昇を伴わない中で物価が上昇してくれば家計の実質所得は目減りして選挙中に野党が主張していた「悪い物価上昇」になってしまいます。

今回の様に円安による原材料価格の上昇によって、企業が最終製品に価格転嫁するため消費者物価が押し上げられても、消費の需要が伴っていないので、企業の売上や収益には結びつかない結果、賃金も増えない状況が続くと思います。
このことが個人消費を抑制して、景気の悪化につながり、結果的にデフレ状況に戻ってしまわないのか懸念します。

一方で「よい物価上昇」とは?厳密な定義などはないと思います。
習った記憶もありませんし。

普通で考えれば、景気が回復基調になれば需要が拡大し物価も自然と上昇してきて、企業の売上も伸び、収益も改善されます。それが従業者の賃金アップにつながってきます。そして個人消費の増加をもたらして、物価上昇と景気拡大が持続する好循環が生まれてくる、このようなことを「よい物価上昇」と指しているのだと思います。

更に来年は消費税率が5%から8%の引き上げが予定されています。
最終的には今秋にも判断されるのでしょうが、引き上げを断念すると言うことはアベノミックスの効果がなかったことを自らが認める結果になってしまうので、必ず引き上げられると思います。

これだけでも消費者物価は最低でも2%程度上昇するでしょう。
名目賃金が2%以上の引き上げがなければ実質賃金の目減りが回避出来ません。
企業の人件費抑制姿勢が依然として根強いなかにあって現実的にこうした引き上げが可能なのだろうか?
ちょっと懐疑的になります。

国民の大多数が現状の「悪い物価上昇」を甘受できるのは、そんなに長い期間を我慢できるものではありません。
年末から来春の春闘に向けて、政財界が一体となって一定の数字を示すことが出来るかが課題だと思います。

それでも我々の小企業等に反映されてくるのは更に一年くらいの時間を要するのですから。

2013年7月24日 (水)

大磯老舗蕎麦店「古伊勢屋」の落語寄席

東海道大磯宿小島本陣跡にて創業百年の老舗蕎麦店「古伊勢屋」さんがあります。
自家製粉、石臼挽きの蕎麦が味わえるお店です。
冷たい蕎麦は、十割蕎麦・粗挽き蕎麦を選べます。

0724
そして店内には、大磯町在住の新大津絵師「川口邦山」の絵が常設展示されていて、蕎麦と一緒に邦さんの絵も楽しめるお店です。

26日(金)に慶應大学落語研究会・OBの二代目「桂 三十助" (かつら みそづけ)」さんの落語会が行われます。
番組は聞いていませんがお蕎麦屋さんに似つかわしい「時そば」などを得意としているN氏の落語が堪能できるのでは?と思います。
暑い日が続いています。幽霊ものの出し物も得意としています。

蕎麦を召し上がりながら、大いに笑って暑さを吹き飛ばして下さい。
営業時間は12時から16時までです。
入場は無料です。

0724_2

2013年7月23日 (火)

祝! モコ木工さんの初個展

大磯に工房を構えて3年目を迎えました。
毎回、大磯市にも出店していただく、新進の女性木工作家の「モコ木工」さんが、初の個展を開くことになり案内をいただきました。

0723
海を見ながらスツールが並んでいます。
彼女がこのスツールの先にある大海原から、もっともっと木のぬくもりが感じられるような作品のアイデアを考えたのだと思います。
だから、力作がそろったと思います。

ひとつひとつ心をこめて創り上げたモコ木工さんのスツール他が、皆様のお越しをお待ちしております。
是非、足を運んであげて下さい。

 ○会 期:2013年8月1日(木)~ 13日(火)
 ○時 間:平日  11:00 ~ 17:00
      土日祝 11:00 ~ 18:00
      最終日は 16:00 までとなります

 ○会 場:okeba gallery&shop
      神奈川県茅ケ崎市香川7-10-7 熊澤酒造 敷地内

0723_3

2013年7月22日 (月)

夏!恒例の夜市「大磯市」

昨夜の第35回「大磯市」から9月の第37回までの「大磯市」は夜市開催になります。
そよそよとした浜風を受けて、気持ちの良い一時を過ごしていただけたと思います。

0722
昼間の開催時間に比べて1時間半ほど短い時間になっているのに、昼間と同じ来場者があるので、開催時間中は、いつもより多くのお客様が来ている様な錯覚を覚える賑わいでした。

パフォーマンスへの参加者もだんだん多くなり、第3会場まで用意をする盛況ぶりです。

 ○マジックやジャグリングを用いた大道芸 performers Toy-Box
 ○大磯生まれ大磯育ちの地産地消バンド Country Vibes
 ○弾き語りライブ えそらびと と ボボ☆鉄平 二組
 ○エイサー 湘琉会
 ○フラダンス Nalei Hula
 ○和太鼓 かんなぎ座    どのパフォーマンスも大好評です。

そして、芝生広場は開催時間から終了まで家族連れや若いカップルが、のんびりと食事をし、ビールを片手に大海原を見つめ、時を忘れるかのようにゆっくりしている光景が印象的でした。

この、大磯市の様子が27日(土)のテレビ朝日「ポータル ANNニュース&スポーツ(24時15分~24時45分)」で「ナイトピクニック」のスポットとしてご紹介くださるそうです放映されます。
お楽しみに?!

 テレビ朝日「ポータル」FBページ https://www.facebook.com/portalann

2013年7月21日 (日)

決められる政治を期待しましょう!

第23回参議院の投開票が行われ、自民・公明両党は参議院で過半数を確保し、参院での与党が少数の「ねじれ国会」が解消されました。

向こう3年間に衆議院の解散がなければ、国政選挙はありません。
安倍首相は長期政権も視野に入ってきているのですから、課題となっている重要法案等にじっくりと取り組んで欲しいものです。

今の日本を取り巻く厳しい環境や政策課題を見渡すと衆参ねじれを解消しさえすれば、一気に政治の問題が片付くほど単純ではないと思います。
まずは金融緩和、財政出動、成長戦略を「三本の矢」とする「アベノミクス」の経済政策を庶民が実感する様に推し進めて欲しいものです。

野党等は、物価の上昇などアベノミクスの「副作用」を指摘した今回はどうにか寄り切りましたが、この「副作用」と呼ばれる指摘に、国民が我慢出来る限界もあることを経済界と協調して「実感」を伴う経済回復をお願いしたいと思います。

今回の有権者の選択の一つに、やはり政治には安定が必要だと、不安定な政治からの脱却を望む有権者の心理が働いた結果だとも思います。

間違っても「数の力」を背景に、強引な政権運営でかつての政治手法に回帰しないで、丁寧な説明と手順で国民のニーズを的確に把握をしながら進む政治運営をお願いしたいと思います。

私の関連するイベント情報

7月27日(土) 第25回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」
                        17:00開場 大磯港内県営駐車場特設ステージ

8月18日(日) 第36回大磯市
           17:00 ~ 20:30 大磯港
         ※7月~9月の「大磯市」は「夜市」になります。
          夕涼みながら、いつもと違う「大磯市」をお楽しみください。

※8月の「ISO市」はありません。
             
                 
「ISO.JPG」をダウンロード

2013年7月20日 (土)

人類初の月面着陸(日本時間は21日)

0720「That's one small step for a man, one giant leap for mankind.(この一歩は人間にとって小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ)」
アームストロング船長の言葉を昨日のように覚えています。
20世紀の名言の一つだと思います。

日本とは当然時差があります。(日本時間21日11時56分)
この世界各国に同時中継された歴史的瞬間、今から44年前の1969年7月21日のこの日を私は横浜の伊勢佐木町の、有隣堂前のテレビでアポロ11号が人類初の月面着陸を見つめていました。
それが二十歳を迎える十日前の出来事でした。

翌年の1970年は3月から9まで大阪府吹田市の千里丘陵で、アジアで初めて日本万国博覧会が開催されて、アメリカ館に「月の石」が展示されましたが余りにも長蛇の列がパビリオンの前にでき、諦めて帰ったきた記憶が蘇ります。

確かに宇宙には「夢」があります。
中学生の時に、親父に学校が斡旋してくれた「天体望遠鏡」を購入してからが宇宙に興味を持ったきっかけです。
月のクレータを自分の眼で見て、更に土星の輪を自ら観ることにより感動しました。
それが半世紀も前の出来事です。

0720_2
その憧れていた月に人間が立ったのですから、この日の出来事は私にとっても想い出深い日なのです。

2013年7月19日 (金)

企画部会と観光部会の合同会議

今夜は久しぶりの企画部会と観光部会の合同会議です。
今年のイベント系の事業は大磯町の「新たな観光の核づくり認定事業」に連動して企画しています。
既に春先には「おおいそオープンガーデン2013」は終了しています。
今後は港を入り口にした「相模湾沿岸の新たな観光資源開発事業」を葉山町商工会・真鶴町商工会の3商工会で連携事業の内容をどのようにしていくかを検討しました。

07192年後には圏央道・さがみ縦貫道が開通し国道134号線の4車線化の工事が完了して西湘バイパスに直結します。
幸いに大磯港は新たにインターチェンジ等の工事を行わなくても、港に上下線とも出入りが出来る利点があります。これを逃す手はありません。

こうしたことを3年前から視野に入れて港に漁協直営の「めしや大磯港」等を港の将来を見据えたパイロット事業としてスタートしてもいます。
そして、何も賑わいがないと、圏央道等の開通により首都圏から湘南に来るのに便利になり、更に伊豆や箱根に行くにも時間が大幅に短縮されます。従って、何も行動を起こさなければ、便利になったが故に大磯町は完全に通過される町になってしまいます。

「大磯市」は『大磯町全体を市にしよう!』とののコンセプトで始めていますが、こうした危機感も背景に抱えています。

町民レベルで始まった事業が、港全体と海岸の活性化に発展していくことを期待しています。

「新たな観光の核づくり認定事業」では、我々の町民レベルで実施している事業のブラッシュアップをさせながら、長期でコア事業も仕掛けていかなければなりません。
今夜は想定される中で商工会としての対応策も併せて協議をしました。

中々詳細を書くことが出来ない中でのタイピングなのでかなり気を遣っています。
徐々に内容が明らかになっていきますので乞うご期待いただければ幸いです。

2013年7月18日 (木)

今夜も孫と!

子どもたちは明日一日を残して待望の夏休みです。
今夜も、テニスのナイター練習を終えてお風呂に入って、孫の長女が枕を持参して私の部屋にやってきました。
私の使用しているベッドはクイーンベッドですからそれなりの余裕はあります。
先日も私の右側で寝たはずの孫が・・・・・?
ふっと、夜中に目が覚めるといつの間にか左側に・・・・・?

確かに子どもは寝ている間に布団をグラウンドにして動き回ります。
それが、知らない間に右側から左側へ!
これって私を乗り越えていった結果なのですよね?きっと!

乗り越えていく孫も凄いですが、乗り越えられたことを知らないで寝ている私も凄いと思います。
これでは大震災があっても気付かないかも知れません。

カミさんは今夜も娘の家にお泊りです。
娘の孫は二人とも男の子です。
我が家で食事を一緒に食べることは日常茶飯事なのですが、いつも帰る時には寂しそうに帰ります。
ですから、たまにこうして「ばぁば」が泊ってくれることが嬉しいのか歓待してくれているようです。
「ばぁば」も居心地が悪いはずはありません。

ここで、毎日ブログを見て下さる方にちょっとだけ釈明を加えておきます。

私たち夫婦が不仲でこうしたことになっているのではありません。
私たちは自他共に認める「鴛鴦夫婦」だと思っています。
この歳になってこう言い切れることに、多少の恥ずかしさもありますが、幸せの裏返しだと思っています。
ですから、孫たちからモテモテの「ばぁば」も幸せだと思います。

2013年7月17日 (水)

余り平穏すぎても?

月曜日から一週間が始まり気がつけば週半ばから後半戦です。
う~ん。毎日、何をしているのだろうか?

毎日、色々な方と会って、打合せをこなして結構忙しいはずなのですが?
課題や問題点を見出せば沢山あるのですが、これも私にとっては平穏の範疇です。

それだけに、日頃から時間を掛けて企画しなければならない事業にじっくりと取り組むことにしています。
そうすると、アイデアがテンコ盛りになって整理がつかなくなってしまいます。
こりゃ、困った!
こういう時が就寝前のブログネタに一番、悩みます。

道元の言葉です。
「自己を習うは自己を忘るるなり、自己を忘るれば万法に証せざれるなり」

本来の意味は「さとりとは自己をはなれて外にあるのではないと、多くの祖師たちが説いていますが、ここでは自己を習うということがすなわち自己を忘れることで、自然とさとりが開かれてくる」と言っているのです。自我の心を完全に捨て去ることがさとりに到る肝要だと説いているのです。

とてもこのような境地に、悟るなど私には出来ません!

結局は「気晴らし」「気分転換」に走ることにします。

2013年7月16日 (火)

「大磯市」大健闘しています!

今年の3月に大磯町から「大磯市実行委員会」に国土交通省が推進する「地域づくり表彰」に応募をしてみようとの話があり、実行委員会で全面的に協力をして資料提供等をしてきました。

この地域づくり表彰制度は、創意と工夫を活かした広域的な地域づくりを通して、個性ある地域の整備・育成に顕著な功績があった優良事例を表彰することによって、地域づくり活動の奨励を図ることを目的に、昭和59年度より実施している事業で今年は記念すべき30年目を迎えます。

6月に事前審査に必要な追加資料の提供を求められ提出しました。
この時点では、神奈川県の代表事例の一つとして選ばれて、全国大会の土俵に上がることが出来た程度として捉え、気楽に対応をしてきました。

今日の国土交通省からのヒアリングで初めて知りましたが、全国で83事例のエントリーがあったそうです。
そして、ここから、全国で熱戦が繰り広げられている高校野球大会のように、本格的な審査会が始まるのだろうと思っていました。
現実は、既に熱い戦いが繰りひろげられていて、いつの間にか準々決勝レベルまで勝ち抜いていたようです。

ここで詳細を書くことが出来ないのが残念ですが、大健闘をしていたのです。

そして、8月21日の最終審査会のファイナルの場でプレゼンテーションが出来る機会を得たことだけは確認できました。
多くの方に支えられている「大磯市」ですが改めて感謝すると共にますますのご支援をお願いしたいと思います。

2013年7月15日 (月)

思いたつ日が吉日

人はふっと思いもよらないアイデアを披露したり、不可解な行動を取る人がいます。

発明家やノーベル賞を受賞したような方は、突然ある時に閃き、アイデアが湧くと言う話を聞きます。
しかし、たまたま、そのアイデアが浮かんだ瞬間がくつろいでいる時、また、お風呂に入っていた時だったのでしょう。そのアイデアにたどり着くためには、寝ても覚めても四六時中そのことについて考えていた帰結のアイデアなのです。そう思います。

同じように「思い立ったが吉日」とばかりに、急に計画を立てて不意の指示等が飛んでくる時があります。
当然言われた方は慌てます。
しかし、ご当人は然りと言った顔で言うものですから、周りは余計に混乱します。

こうした行為は日頃からのアイデアの積み重ねや、それ等に関する情報を詳細に収集して分析をしているからこそ「或る日突然!」と思わせるような行動が取れるのだと思います。

この時に「また次にしよう」などと躊躇すると、後でそれが実現するためしは、まず絶対にないでしょう。
だから、今「思い立ったら、万難を排して、その時に実行すべきである。」と思うのです。
誤解も多く生むと思います。

一日、遅れれば一日歳を取り、体力、気力も情熱もチャンスも少なくなってきます。

「人生、常に今が最高の時なのだ!」
だから「思いたつ日が吉日」なのだと思い実践してしまうのです?

2013年7月14日 (日)

スマートフォーンが生活の一部に!

連休明けにはある程度は使いこなしたいと思い金曜日に購入してきたスマートフォンが、やっと自分の思う様に動いてくれるようになりました。
入力のやりにくさは慣れるしかないと思います。
動作はパソコンに比べても劣ることはありません。
むしろさくさく動いてくれるようです。

0714Bluetoothとカーナビの連動、モバイルSuicaの移行を始め、グループウエアやブログの更新、Gメールの設定等最低限パソコンと同じように確認できる環境が出来上がりました。

販売店はスマートフォンを始めて手にするお客様には、まず最初に電話がかかってきた時の出かたを教えてあげるべきです。
作業中に電話が掛ってきて受話器マークをいくら押しても繋がらない。
何度も何度も押しても繋がりません。その内に切れてしまい、自分の方から掛け直す始末。
スライドさせてから通話が出来ることなど後から知ったこと。

スマホに慣れている方には笑い話かもしれませんが、ご当人はいたって真面目に対応しているのです???
それでも、どうにかスマートフォンが生活の一部になりつつあります。

私の関連するイベント情報

7月21日(日) 第35回大磯市
           17:00 ~ 20:30 大磯港
         ※7月~9月の「大磯市」は「夜市」になります。
          夕涼みながら、いつもと違う「大磯市」をお楽しみください。

   27日(土) 第25回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」
                        17:00開場 大磯港内県営駐車場特設ステージ

※8月の「ISO市」はありません。
             
                 
「ISO.JPG」をダウンロード

2013年7月13日 (土)

今年は一味違う?大磯海水浴場

今夏の大磯海水浴場は一味違います。
一昔前と変わらぬ海水茶屋にちょっとスパイスの効いた茶屋が誕生しました。
その茶屋の名前は「ブルーパークカフェ」です。

こうした海岸の使い方が日常的に出来れば大磯港の再整備計画と連携して若者たちにも魅力がある海浜として利用されるような予感がします。

海を眺めながら、それも一人占めするような感覚で過ごす時は最高の贅沢です。
海に対する憧れは私の様な年配から若いカップルまで同じだと思います。

0713

2013年7月12日 (金)

スマートフォンと格闘

遅ればせながらスマートフォンに機種変更。
今まで使用していた携帯ではファイル等が添付されてきたデータを確認することが出来ないので思いきって変えました。

機能満載!完全に遊ばれています。

まずは必要最低限の機能の設定を試みました。
車のナビでハンズフリーで電話の通話を可能にする設定作業を・・・。作業中に電話がかかって来ました。着信のボタンを押しても繋がりません。(まだ受話器のマークをスライドさせて受けるなど知らなかった?)
もうここまでで汗だく。

何とか設定を終えて色々といじるが、ちょっと画面に触れただけで想像もしていない画面に変わってしまうし、FOMAの時にも指先の操作は苦手だったが、これはもっと大変。私にとっては。
要するにタッチして入力と言う作業が向いていないのだと思います。

必要最低限の設定を終えてからパソコンに向かうと、PCが優しく迎え入れてくれました。
そしてキーボードのカチャカチャという軽快な音が嬉しかったです。
う~ん!疲れました!

2013年7月11日 (木)

新たな観光の核づくりアクションプラン策定委員会

標記の会議があり、基本計画が固まってきました。
「三つの舞台を中心にニューツーリズムによる日本一の保養地再生」と言った大きなタイトルで県からの認定を受けた事業です。
この事業を2013年から2017年の5年間をかけて推進する計画です。

三つの舞台とは「大磯丘陵」「邸園文化交流園」「こゆるぎの浜」が擁している歴史的・文化的資源に豊かな農産物や海産物などを、従前に増して活用していこうと計画をしています。

大磯町が1908年(明治41年)に日本新聞社が主催する「避暑地ランキング」第一位に輝いた時代もありました。
だからといって、明治時代の大磯の姿に戻すことを目指しているわけではありません。
しかし、選ばれた時にはそれなりの理由があったから選ばれたのは事実です。

現代にも受け継がれている素地にプラスして、時を取り込み「健康」「食文化」等の要素をプラスして「まちづくり」を行っていきます。

出席者から「再生」と言う言葉に後ろ向きな考え方だという意見もいただきました。
「再生」を「創造」を連想させるような標記に変更も加えました。

「健康」「食文化」の表記ももう少し具体的イメージをとも求められました。
特に「健康」に対する概念は「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない。」つまり身体的な健康状態を指しているのでなく、その健康観は、その人の社会的属性・人的属性により異なり、変化するものであるだけに具体的な記述は難しいものになります。
ここも修正を加えなければなりません。

コアと想定している拠点施設等の推進については、民間の所有者に最大限に理解をいただく必要性がありますし、それ等をプロデュースする事業体も必要になってきます。

しかし、こうした時間を要す事業とは別に、この事業の認定を受ける際のベースになっている事業を、基本計画で唱っているようにオール大磯で推進体制を整えて、ブラッシュアップしていけば一段と魅力ある事業に発展させてベースを作ることは出来ます。

何より、この事業を推進していこうとする熱意と受け入れる町民のホスピタリティーが町民になければ成功はあり得ないことだけは確かです。
その意見も、基本計画の中に強調していくべきとの意見をいただいたことに、霞の先に光を見出すことが出来ました。

2013年7月10日 (水)

夏祭りの繰上実施

従業員から源泉徴収した所得税及び復興特別所得税は原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。
しかし、給与の支給人員が常時9人以下の源泉徴収義務者は、源泉徴収した所得税及び復興特別所得税を、半年分まとめて納めることができる特例があります。
この個別指導会が今日で終了しました。

07107月に入ると大磯町では夏祭りのシーズンになります。
今夏は4日に公示された参議院選挙の投票日が21日になったために、地区の公民館等が投票所になるために、21日の祭礼を避けるために1週間ずつ繰り上げて執り行われます。

例年、第3日曜日に掛けての土・日で開催される、700年余りの歴史と伝統をもって受け継がれてきた高来神社・夏季例大祭である御船祭り(おふねまつり)も14日の第2日曜日に行われます。
詳細は http://27.pro.tok2.com/~oisokankou/13ofune.htm

そのために大磯町の季節感もずれているようです。そして、例年より2週間以上も早い梅雨明けに、いきなりのこの猛暑が拍車を掛けています。

2013年7月 9日 (火)

地域ポータルサイト? エントランスサイト?

この6月に急遽、神奈川県の地域商業ブランド確立総合支援事業に応募をして採択をされました。
現在、大磯町は観光面ではこれも神奈川県の提唱する「新たな観光の核づくり認定事業」に採択され動き始めています。

イベント等では商工会もプラットホーム的な役割の一端を担い「大磯市」「おおいそオープンガーデン」「大磯宿場まつり」を地域イベントとして周辺からそれぞれの評価をいただきながら継続的に実施しています。

こうしたイベントを始め「大磯」を地域資源としてその魅力を全て一元化したポータルサイトを構築して、町内外に情報発信することにより「おおいそ暮らし」を地域ブランドにしていくとした事業が内容です。

首都圏に、近い私どもの町でも「買い物難民」が顕在化しつつあります。
会員事業所が近日中にオープンさせる「無店舗型スーパーマーケット」等の運営についても、既存の商店の協力を得ながらバックアップもしていく予定です。

地域ポータルサイトは、地域の観光情報やイベント情報、お店の情報などを総合的に取り扱うサイトのことで、言葉にしてしまえば簡単です。

しかし、実際にサイトを運営していくとなると、編集能力を持った人材や住民の視点でのコンテンツ作成など、我々の常識的な範疇の中では良いサイトなど出来ません。

一層のことメディアを地域で持ってしまったらと言う案まで出てきました。
私にはその必要性や可能性、何よりも面白さを感じ、浮き浮きとする話題です。
しかし、これを組織に持ち帰って会員を始め役員に納得してもらうには、いくつものハードルを越えなければいけないのだと思います。

自分のイメージでは「ポータル」などのように「豪華な門構えのある立派な入り口や威風堂々とした門」としたサイトより、庶民的な入り口、玄関のような「エントランス」を目指すサイトの方が面白くなるのではないかと思っています。
そのイメージが今夜つかめた様な気がします。

2013年7月 8日 (月)

仕事が良く見える?

立場が変わると自分の組織の長所・短所が良く分かることを、ここ一ヶ月間で実感しています。
何か子育てにも同じように感じます。

現役で子どもを育てている時には、余裕もなく回りを見渡す余裕などありませんでした。
それが「じぃじ」の立場になると余裕を持って孫育てをすることが出来ます。
何故なのでしょうか?
責任がある様で半分責任が無い立場なので冷静に子どもの気持ちを理解しながら接することが出来るからだと思います。

組織においても同様なことが言えるようです。
一歩、退いて自分の組織を見直して冷静に見まわすと、今更ながら自分の運営の未熟だったのではと、色々なことに反省させられています。そのことに気付いたからと、修正をしようと思った時に、出過ぎてはいけないし、遠慮しすぎても組織のためにならないし・・・・・!難しいですね。

俗な言葉で表現するのであれば、今までの経験を生かして、自分より立場の弱い人を守りながら、自分より上位にある方に自分の意見をきちんと物を申していく立場を貫いていく。そんな役目を今後もしていこうと思うのですが・・・・・?
これでは、今までと余り変わらないと思うのですが・・・・・?
それでも、妙に余裕があることだけは確かなのです。

2013年7月 7日 (日)

「クールアース・デー」&「ライトダウン2013」

今夜は「クールアース・デー」&「ライトダウン2013」です。

以下のコメントは「ライトダウン2013」HPからの引用です。
「クールアース・デーとは、天の川を見ながら、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における取組を推進するための日。2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、毎年7月7日がクールアース・デーと定められました。2008年6月9日の当時の福田内閣総理大臣スピーチ「『低炭素社会・日本』を目指して」で提唱され、同年6月17日に開催された第20回地球温暖化対策推進本部において決定。日本の率先した行動を世界に発信するというねらいを持ちます。」

毎年夏の恒例行事となった「ライトダウンキャンペーン」。例年、夏至の日と七夕の2日間に実施。本年度は「ライトダウン2013」と題して、「でんきを消す夜。地球を想う夜が、ちょっとステキになりますように。」をスローガンに、例年通り6月21日(夏至の日)と7月7日〔クールアース・デー(七夕ライトダウン)〕の両日の夜8時から10時までの2時間を、特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭のあかりの「ライトダウン」を通じ、より一層の温室効果ガスの削減を呼びかけます。『ここまでは引用文』

こうした事業に全国の18,424施設が参加して354,960.57kwhの電力量が削減できるそうです。
これらの事業は環境省主導の「ライトダウンキャンペーン」活動の一環として行われています。

0707そして昨日に梅雨明けをした今夜は夜空を見上げるには絶好の天気です。
お隣の平塚市では恒例の七夕まつりが行われています。
逆に、余りにも天気が良すぎるので、天の川を隔てて輝く、わし座のアルタイル(牽牛星)彦星と、こと座のべガ(織女星)織姫が1年に1度だけの逢瀬を許された今夜を覗き見するようですが、孫と共に七夕の夜空を楽しめました。
さすがに街路灯が明るくて天の川を確認することは出来ませんでしたが、小学校4年生の「ひーちゃん」と3年生の「のんちゃん」は夏の大三角形を自分の目で確認することが出来て満足そうでした。
孫たちも嬉しかったでしょうが、本音は「じぃじ」の方がもっと嬉しかったに違いありません?

2013年7月 6日 (土)

海水浴場開き前の梅雨明け

今日は朝から蒸し暑い天候となりました。
目覚めた時から水銀柱がどんどん上がります。

今日の日本列島は南から暖かい空気が流れ込んだため広い範囲で気温が上がり、全国の200地点以上で真夏日となったそうです。

そして気象庁は関東甲信地方が平年より15日早く梅雨明けしたとみられると発表しました。
大磯町では明日が今夏の海水浴場開きです。
その前に梅雨明け宣言がされるのは、余り記憶にありません。
各地の水不足等が気になりますが、個人的には梅雨明け宣言は大歓迎です。

0706
確かにここ数日の天気図を見ると梅雨前線は一定の位置にありますが、徐々に太平洋高気圧が勢力を強め次第に梅雨前線を押し上げていくことでしょう。
一両日中に西日本や九州地方も梅雨明け宣言間近だと思います。

2013年7月 5日 (金)

「無用の用」ならぬ「有用なムダ時間?」

何度か荘子の無用の用のことについて書きました。
およそ有用とは役に立つということは大事なことに違いない。
だが、浅はかな人間の知恵で推し量られる有用が、本当の有用であるかどうか。
もう一つ上の、“道”(タオ)の立場から見れば、凡俗の輩の有用などは取るに足らぬこざかしさ、いや愚かさに過ぎず、無用とされるものの方に却って大用――真の用があるとも言えるようではないか。

荘子は、無用の用をこのように強調しています。

時間についても、同じようなことが言えるのではないかと思います。
仕事に追われている時(気持ちではいつも追い求めていると言い聞かせていましたが)常に時間も効率的に使おうと考えていました。

しかし、最近は「基本的には人生にはムダな時間はない」と思い、ふっとぼんやりとする時間も「有用なムダ時間」と考えられるようになりました。
「有用なむだ時間」は、気持ちの切り替え、気分転換となり、ムダ時間の後に良い影響を与える時間です。

一方で「無用なムダ時間」自分の意志でコントロールできずに他人の都合により支配される時間には、およそ「有用なむだ時間」がないと思えます。
また、義務感で動かざるを得ない時間もその範疇かもしれません。

自分で時間をコントロールさえ出来れば、ぼんやりとしている時間も「有用なムダ時間」と言えるのだと思います。

2013年7月 4日 (木)

モテモテのじぃじ?

今週は、ばぁばが所用で娘の家に行っているので一人で悠々と寝ています・・・・。
そのはずだったのです。

しかし、孫たちがばぁばがいないので「じぃじ!寂しいでしょ?だから一緒に寝てあげる」と三人の孫娘が日替わりメニューよろしく私のベッドを毎晩、占拠しています。
今もパソコンで仕事をしている横のベッドで小学校4年生になる「ひーこ」が気持ちよさそうに寝ています。

こうしてみると、たまにはカミさんが留守にするのも、そう悪いものでもないなと?と思う数日です。

可愛そうなのは愛猫「タマ」です。
彼女は自分の寝る場所が無くなり、毎晩パソコンの椅子で羨ましそうに孫の寝顔を見つまながら寝る日々が続いています。
今夜は珍しく2階に上がって来ないで居間でふてくされて寝ています。

今日は第2次安倍内閣発足後、初の全国規模の国政選挙となる第23回参院選が公示され、21日の投開票に向けて433人による選挙戦に入りました。
安倍政権の経済政策「アベノミクス」や憲法改正、原子力発電所の再稼働などを争点にして自民、公明両党が非改選を合わせて122議席の過半数を確保して衆参の多数派が異なる「ねじれ国会」が解消されるかどうかも注目されています。

いずれにしても目先の、耳触りの良い政策はどうでもいいですので、将来の日本丸の羅針盤を定めた政策論議をしてくれることを願うだけです。

2013年7月 3日 (水)

夏の大三角

夏の大三角が東の空に上がってくるのを見ると、夏が目の前だと感じつつ、七夕伝説も思い出します。
こと座のベガ(織姫星)わし座のアルタイル(彦星)そしてもう一つの星ははくちょう座のデネブで夏の大三角形を構成しています。

0703
昨晩から小学校4年になる孫が「じぃじ、理科の宿題を手伝って!」と。
私にとっては一番苦手な分野じゃないの?「何を手伝うの?」
「夜の3回、1時間毎にお空を見上げて三角形を探すの」との宿題の内容に、じぃじ「ほっ!」としました。

夏の大三角を探すのが宿題だったようです。
昨晩に続いて今夜もあいにくの観測不能の夜空です。
実際の星を見ることが出来ませんでしたのでベガ(織姫星)とアルタイル(彦星)の七夕伝説の話をしてあげました。
孫と星座の話をするほどに成長したのだと感慨深いものがあります。

夏休みの宿題は「プラネタリウム」作りと喜ばせてしまいましたが、そんな時間が取れるのだろうか???
ちょっと安請け合いをしすぎてしまったかな?でも楽しみでもあります。

2013年7月 2日 (火)

蝉の初鳴き?

打合せを終えて事務所の裏で一服していると山の方からミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきました。そういえば今朝の天気は久しぶりに朝から夏を思わせるような抜けるような青空です。
夏を目の前にしているような天気でした。
「セミが鳴くと梅雨が明ける」と言われているのでセミの鳴き声を待ち遠しくしていましたが、この時期のミンミンゼミの初鳴きを聞くのは一寸早いように感じます。
それも、辿々しく鳴くのではなく流暢に鳴いています。

0702日本には四季があります。
それぞれの時期で季節の移ろいを感じることが出来ます。
全国的な季節の進み具合を知ることも出来ます。
その最たる例がサクラ類の開花前線、「サクラ前線の北上」です。

セミにも鳴き始め分布図がありました。
こうした調査のことを「生物季節前線図」と言うそうです。

私の住んでいる大磯では、ミンミンゼミだと7月の中旬頃が平均値。
だから早く感じたのかもしれません。

真夏の「蝉時雨」から10月上旬くらいまで、ミンミンゼミは鳴いています。
その頃には、好きな夏が去ってしまうので寂しさを感じますが、今朝の初鳴きに夏を目の前にして気持ちが浮き浮きしてきました。

2013年7月 1日 (月)

国境を越えよう♪中国と日本を巡る懐かしのメロディー♪

0701
現在、日本と中国の間では残念ながら「尖閣諸島」問題を契機に大変険悪な状況となっています。
このような状況だからこそ「お互い」をもっと良く知る必要があり、その為の一つの方法として「音楽」を通して友好を図ろうと、現役音大生や若手音楽家が中心になり、クラシック演奏ユニット「ユースクラシック」が設立されました。

彼らは「音楽は国境を越え、世界の平和をもたらす」という祈りを込めて「平和」テーマにした曲を演奏する活動を各地で開催しています。

日本の民謡が中国で広く歌われ、中国の民謡も日本で愛されています。
日中両国の2000年にわたる文化交流の歴史の礎になればと、大磯町に協力を求めてきました。
大磯町商工会も大磯町観光協会も協力することにしました。

○日 時:2013年9月15日(日)13:30開場 14:00開演
○場 所:聖ステパノ学園「海の見えるホール」 
○最寄り駅:JR東海道線 大磯駅前
○チケット:全席自由2,000円

      *出演者*
        ソプラノ:野宮淳子
        ピアノ: 陶旭茹
        ピアノ: 関野真矢子
        二 胡:  李英姿

        特別協力作曲家:尾形敏幸

○主 催:Youth Classic (HP: www.youthclassic.net)
○後 援:中国大使館文化部、大磯町、大磯町教育委員会
     大磯町観光協会、大磯町商工会、東京音楽大学校友会神奈川県支部

○問い合わせ:youthclassicjp@gmail.com

○コンサートの内容
 中国ピアノ曲(鑑真、東山魁夷と中国人作曲家の三人の話をめぐるピアノ曲です。)
 日本歌曲、中国歌曲、二胡曲による演奏会です。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ