« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 警視庁の粋な計らい! »

2013年6月11日 (火)

ショウロ(松露)の栽培

昨日、松に大変な興味を持っていて、また大磯の松の将来を心配して松の緑地等をボランティアで清掃等を行っている方が、松露(ショウロ)菌をつけた松の苗床を持ってきてくれました。

その方は、日頃から松の緑地の有機物層を除去し、木炭や黒土を土壌に加えて松露の発生も期待して、色々と試みています。
昨秋「見てよ! ついに松露が出たよ!」と一個の松露を持って事務所に飛び込んできました。

松露は古くから珍重されていますが、発見が容易でないため希少価値が高い「きのこ」です。
何より、松林の管理が行き届かず環境の悪化に伴い産出量が激減し、市場には出回ることは非常に少なくなっています。
そして近年では、栽培も試みているようですが、栽培法は完全には確立されていません。

松露は、傘も足もなく、およそ「きのこ」らしくない形をしています。
直径1~3センチ。
味はまさに珍味で「松露」を扱っている高級料亭の季節料理でも、おそらく予約をしておかないと食べられないと言われる、幻の「きのこ」大変貴重な食材となっています。

10611

この苗床に来春「松露」が出るか?
そうしたら、「串焼きに素醤油」も良いな!
「お吸い物」「玉子とじ」も美味しいんだよね!
今から楽しみにしておきましょう。

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 警視庁の粋な計らい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

石井さま、ありがとうございました。大磯町のホームペ-ジで「こゆるぎ緑地」の取り組みを拝見しました。またさざれ石が、大磯の特産だということも初めて知りました。大磯はいいところですね。近々に、こゆるぎ緑地を訪れようと思っております。

窪田様、コメントありがとうございました。
松露を人工栽培をしているわけではなく、松露が出てくる環境を作るために
松の保存等に力を入れている方です。

ここに、個人情報をそのまま記載するには躊躇がありますので、
NPO大磯町内の松並木敷地を大切にする会のデータがあります。
下記、URLに住所、氏名等が公表されているので参考にして下さい。

https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/014002247
大磯・石井

小生は、静岡三保の松原を故郷の持つ64歳の千葉在住のサラリーマンです。実は前々から65才の定年退職後は、母の介護をしながら、子供のころから「お吸い物にしたらそれは美味しい」と母に聞かされ続けてきた松露の復活にチャレンジしたいと考えておりました。鳥取大学とか、遠方には、松露の人工栽培に取り組んででおられるところがあるようなのですが、近場でどこか学べるところがないかなとwebで探していたところ貴兄のブログに出合い、大磯で松露の人工栽培に取り組んでおられる方がいることを知りました。
厚かましいお願いとは存じますが、ぜひとも、その松露の復活に取り組んでおられる方をご紹介いただきたく、筆を執った次第でございます。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/57574316

この記事へのトラックバック一覧です: ショウロ(松露)の栽培:

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 警視庁の粋な計らい! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ