« ショウロ(松露)の栽培 | トップページ | 指示は、はっきりと! »

2013年6月12日 (水)

警視庁の粋な計らい!

昨晩行われたブラジルW杯アジア最終予選B組で、日本代表は1―0でイラクを下してアジア最終予選の最終戦を勝利で飾りました。試合の行われたドーハは1993年に同じイラクに米国W杯出場への道を閉ざされた因縁の会場で対戦相手。20年前の「ゴン」こと中山がピッチに倒れ込んだシーンが今でも目に焼き付いています。

この試合に先立つブラジルW杯への出場を決めた今月の4日、試合終了後の、W杯への出場を決めて狂喜するサポータで雑多な渋谷のスクランブル交差点で警備にあたっていた警視庁機動隊員に対し警視総監賞を授与することを決めたとのことに、嬉しく思いました。

この出来事は翌日のfacebookでも話題になっていたので良く知っていました。

「皆さんは12番目の選手です」
「そういう行動はイエローカードです」
「怖い顔をしたお巡りさん。皆さんが憎くてやっているわけではありません。心の中では出場を喜んでます」

日頃から、警察官による警備は威圧的になりがちです。
それが、この隊員のアナウンスはその場の空気をほぐし、居合わせた一部のサポーターからは「お巡りさん」コールが沸き起こったことをニュースで知りました。

普段からリスクに対する準備が出来ているからこそ出来るパフォーマンスだと思います。
その後のニュースで聞けば、この20歳代の隊員は、昨年9月から隊の広報係を務めていて、今年1月に警視庁のアナウンス技術の競技会で優勝。機動隊員約3千人のうち数人しか持っていない「広報上級検定」にも合格するなど、日ごろから臨機応変な対応ができる準備を重ねていたとのことです。

警視庁は「パフォーマンスそのものではなく、トラブルの抑制に貢献したことが表彰に値する」とコメントしていますが、いやぁー、こういうパフォーマンスで警視総監賞を授与する粋な計らいに、警視庁を身近に感じる出来事です。

「DJポリス」さん、おめでとう! と思わず祝福をします。

« ショウロ(松露)の栽培 | トップページ | 指示は、はっきりと! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/57577567

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁の粋な計らい!:

« ショウロ(松露)の栽培 | トップページ | 指示は、はっきりと! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ