« 第17回大磯町民春季ボウリング大会 | トップページ | 能登の揚げ浜式塩田の視察(その1) »

2013年5月10日 (金)

やはりどこかおかしい?日本の外交政策

余り政治的な発言をしないようにしています。
しかしここ数日の外交政策、特に中国に関することでは民主党を始め良く分かりません。
ここは河野太郎代議士の「ごまめの歯ぎしり」をそのまま掲載させていただきます。

【以下は河野太郎代議士の「ごまめの歯ぎしり」から転載】

川口順子参議院環境委員長の海外渡航が問題にされている。
二日間の渡航日程のはずが、中国の王毅外相他との会談が入ったために日程を一日延ばそうとしたが、野党がそれに同意せず、結果として議運の許可なしで海外に滞在することになったことと、その結果として、参議院の環境委員会でのお経読み(法案の審議入りをするための儀式的な数分間の趣旨説明)が流会になったことが問題とされた。

議運が渡航の延長を許可すればよいだけの話だし、環境委員会は委員長代理がやればよいだけの話だ。
与党の足を引っ張りたい野党がわあわあ言い出しただけのこと。

しかし、せっかくこの問題がクローズアップされているので、すこし付け加えたい。

国会審議が原因で、日本の閣僚が海外に出張できない!
ニュージーランド政府から嫌みを言われたことがある。

それもそのはずで2005年以降、ニュージーランドからの閣僚の訪日は33回あった。それに対して日本からの閣僚の訪問は、2009年の中曽根外相1回。

外務省のホームページの要人往来で、日本とG20のいくつかの国との閣僚の訪問記録をカウントしてみる。

日本からの閣僚訪問数-相手からの閣僚訪問数(2005年以降)
カナダ 2-20
アルゼンチン 2-6
南アフリカ 5-27
トルコ 5-13
サウジアラビア 8-16
メキシコ 10-35
ブラジル 11-23
オーストラリア 15-52
インドネシア 23-73
インド 30-39

こちらからの閣僚の訪問の絶対数が少ないのと、G20の国々ですら閣僚が訪問する国としない国の落差が激しいことがわかる。
他方、中国の閣僚クラスは、様々な国にせっせと足を運んでいる。
その差がはっきりと出始めているのではないか。
【以上 ここまで転載分】

尖閣諸島のみならず「人民日報」が沖縄県の帰属について未だ「未解決」とし、中国に領有権があると示唆する研究者の論文を掲載しているような現実の中で今回のこのようなノー天気の政治が行われることに呆れるだけです。

« 第17回大磯町民春季ボウリング大会 | トップページ | 能登の揚げ浜式塩田の視察(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/57355508

この記事へのトラックバック一覧です: やはりどこかおかしい?日本の外交政策:

« 第17回大磯町民春季ボウリング大会 | トップページ | 能登の揚げ浜式塩田の視察(その1) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ