« サンフランシスコ講和条約から61年 | トップページ | 玄関の改修工事 »

2013年4月29日 (月)

昭和も遠くになる?

4月29日は、元々昭和時代には「天皇誕生日」という祝日でした。
昭和64年(1989)1月7日に昭和天皇が崩御されて年号が平成に改まり「天皇誕生日」も平成元年(1989)から「みどりの日」となりました。
しかし国民の要望を受けて、平成17年に「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正されて、平成19年(2007)から「昭和の日」となりました。
そして「みどりの日」は5月4日に移動しました。

昭和時代も四半世紀前の時代になってしまったのですね。
一時、「明治は遠くになりにけり」と言っていましたが明治時代は一世紀前の時代です。

「昭和の日」は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」として定められた祝日です。

確かに昭和時代は2年の世界恐慌に始まり、4年には世界経済大恐慌により多くの失業者を出し、6年には満州事変、11年は2.26事件、12年は日中戦争開始、14年には不世出の大横綱の双葉山が69連勝する明るい話題とは裏腹に第2次世界大戦が勃発して16年にはアメリカとイギリスに宣戦布告し太平洋戦争に発展。「欲しがりません勝つまでは」・・・・・。20年には連合軍のポツダム宣言を受諾して日本軍の無条件降伏となりました。
20年から26年までの日本はGHQの支配下にあり「憲法改正」「教育基本法の制定」「民法改正」「農地改革」etc 多くの改正、解体がありました。

そして、昨日の「主権回復」昭和26年にサンフランシスコ講和条約が締結され、 翌27年に同条約が施行され日本は独立国家として国際社会に復帰し、今日に到ってきました。

極東の小さな国が西欧に追いつけ追い越せと敗戦を乗り越えて、不死鳥のごとくに経済復興を成し遂げて、日本人の生命力が満ちていた時代でもあった半面、日本人の良いもの、美徳も多く失ってきた時代だとも思います。
その昭和も次第に遠くなりつつあります。

« サンフランシスコ講和条約から61年 | トップページ | 玄関の改修工事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/57273835

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和も遠くになる?:

« サンフランシスコ講和条約から61年 | トップページ | 玄関の改修工事 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ