« ご住職の法話 | トップページ | 被災者に会われた方だけの考え方が! »

2013年3月10日 (日)

春爛漫から夏日!そして冬に

Dsc02971ようやく春めいてきたのに「春爛漫」とは表現が不適切ですが、この時期になると2階の部屋の目の前に咲く「あんず」が綺麗に咲き始めます。
その花弁の中に「メジロ」や「ヒヨドリ」がやってきて、その囀りで目覚めるのが大好きな季節なのです。
ここ、数日の暖かさで一気に満開になりました。
(満開になった写真を撮ったはずなのですが、何故か全てピンボケ?
  左の写真は数年前の写真です。)
この「あんず」の開花により「春」を実感し、自分の季節がやって来たと思うのです。

午前中から北海道方面で発達した低気圧により、南からの暖かい風を呼び込んで、気温が上昇して、各地で最高気温が25度以上の夏日となる観測点が続出したようです。
気象庁によると、福島県から愛媛県までの29地点で3月の過去最高気温を記録し、東京都練馬区では28.8度と、この日の全国最高を観測。
都心の大手町では25.3度と、1941年3月21日に観測した25.2度を72年ぶりに上回り、3月の過去最高を更新するとともに最も早い夏日となりました。
燦々と輝く太陽のお陰で、部屋の室温も35度まで上がっています。
「春」を通り過ごして「初夏」が一挙にやって来たようです。

この強風が吹き荒れたために、あっという間に、楽しみにしていた「春」を持って行ってしまいました。
季節の移ろいも、徐々に楽しめる時には風情を感じることも出来るのですが、急激な変化にはついていけません。

明朝は今日と比較して温度差が20度以上あるとのことです。
体調を崩さぬようにしなければ・・・・・・。

« ご住職の法話 | トップページ | 被災者に会われた方だけの考え方が! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56928651

この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫から夏日!そして冬に:

« ご住職の法話 | トップページ | 被災者に会われた方だけの考え方が! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ