« ~音楽の力で未来をひらく~ | トップページ | 「大磯こたつみかん」が「ビール」に!(第2弾) »

2013年2月27日 (水)

「まちづくり」の核「おもてなし」

2月も月末を迎えて確定申告が真っ只中。
終日、数字を追っているとブログネタが浮かびません。

確定申告の合間に大磯町観光推進連絡会に出席をしました。
先ごろ大磯町が大磯町商工会と(社)大磯町観光協会と協働で神奈川県に応募していた神奈川県第4の観光「新たな観光の核づくり事業」が認定されました。

この事業を構想から実現に向けて強力に推進する機関が必要になります。
当然、官民一体で推進していかなければ実現は出来ません。

町民を始め各種団体に、大磯町の観光、強いては「まちづくり」の核としてこの事業を推進していくという姿勢を見せて行く必要があるのだと思います。
詳細まで知りたい人から余り関心を持たない方まで千差万別だと思います。
従って推進していく組織論も重要です。

しかし、観光の原点はただ単に名所や風景などを見ることではありません。
そこに住む町民が自らの住む町に誇りを持ち、この町に住んで良かったと感じるからこそ、町民のオーラが光を発し「観光」が成り立つのだと思います。

住む町に自信を持てば自然と来町者に「良く私の町にお越しいただきました!ありがとうございました!」とおもてなしが出来るようになるでしょう!言葉の他には?もちろん言葉を補完するためのハード面も必要です。しかし、その前の気持ちが入らなければハードも無用になってしまいます。
こうしたことの積み重ねが、町は更に光輝くのではないのかと、一人感じるのです。

「来町者に最高のおもてなしを!」をこの事業の原点に据えて、色々な枝葉の部分を町民と語らいあって行くと意外なところで道も見えてくるのではないかなと会議中にずっと考えていました。

« ~音楽の力で未来をひらく~ | トップページ | 「大磯こたつみかん」が「ビール」に!(第2弾) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56856281

この記事へのトラックバック一覧です: 「まちづくり」の核「おもてなし」:

« ~音楽の力で未来をひらく~ | トップページ | 「大磯こたつみかん」が「ビール」に!(第2弾) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ