« 今年の左義長は海から観る予定です! | トップページ | 110番の日 »

2013年1月 9日 (水)

妻が先か? 夫が先か?

国内最大規模のアートの祭典、「瀬戸内国際芸術祭2013」が春・夏・秋の3シーズンに亘って開催されます。2010年に第1回を開催して3年に1度開催されますので今年が2回目の開催です。
舞台は瀬戸内海に浮かぶ「直島」「男木島」「小豆島」を始めとする11島の島々を舞台にして、国内外を問わず若手から世界のトップクラスのアーティストが美術作品の展示や祭事と連携したイベントなどが開催されます。

この「瀬戸内国際芸術祭2013」の参加アーティストに「石塚沙矢香」さんが選ばれたのです。
2009年に行われた「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」にも参加しています。
その彼女が瀬戸内国際芸術祭への参加を記念して若い仲間が集まって「石塚沙矢香君を応援する会」を企画しました。

0109
私は2年ほど前に彼女の個展を見て知り合いになりました。
私も応援団の仲間に入れさせてもらいます。

そして、今日のタイトルが「妻が先か? 夫が先か?」と妙な標題をつけました。

2年ほど前から始めて、これまでも何度も話題にしている「大磯市」で一人の若い青年に出会いました。
その青年は「たいようまるかじり」と言う店名で自から育てた無肥料野菜を販売していました。
大学を卒業して就職せずに、農業の世界に飛び込んだ青年です。
その彼の活躍ぶりが、昨日の朝日新聞に大きく取り上げられました。

新聞なので転載するわけにはいかないでしょうから下記URLを見て上げて下さい。
  http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20130108150280001.html

私は彼の直向きさに魅せられていつしか彼のファンになり親しくつきあうようになりました。
その彼が「大磯市」で

「僕、今度結婚することにしました。」
「良かったね!今度、嫁さんを紹介しろよ!」
「今日、一緒に来ていますから後で紹介します」

そして連れてきたお嫁さん候補(まだ秋には)の顔を見て、
「何で、沙矢香なの。どうしたの?????。」
このようなドラマチックな出来事があるから若い人とのつきあいって楽しんですよね!

商工会はどちらかというと保守的な、場合によっては閉鎖的な組織のように見られますが、私の事務所にはこうした、若者の出入りが多くなり「楽しみな芽」が育ちつつあるのを実感します。
歳は取れません。だから歳を取ります。(一歳づつマイナスしていくことことにします。)

« 今年の左義長は海から観る予定です! | トップページ | 110番の日 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56506563

この記事へのトラックバック一覧です: 妻が先か? 夫が先か?:

« 今年の左義長は海から観る予定です! | トップページ | 110番の日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ