« 石塚沙矢香くんを応援する会 | トップページ | 4市2町親善ボウリング大会 大磯 »

2013年1月26日 (土)

101歳詩人の「遺作」

1911年(明治44年)生まれの101歳の詩人、柴田トヨさんがお亡くなりになりました。
2010年10月のブログでは「白寿の先輩から学ぶもの」と題し、柴田さんの処女詩集『くじけないで』を買い求めて拝読させていただいたとブログにアップさせていただきました。

色々な人生を重ねてきたのだと思います。
一人息子の勧めで書きためた詩が2009年(平成21年)10月に自費出版されるや150万部とも200万部とも言える空前の大ヒット詩集になり多くの国民に力生きる力を与えてくれました。

そのトヨさんも寄る波にはかなわず、いつしか死期を覚悟してきたようです。
何回もそろそろとお迎えの誘いを受けたようです。
しかし、お断りをしてきたけれど、次にお迎えに来た時にはもう断るわけにはいかないと覚悟を決めていたようです。
ですから、そのお迎えが来た時には素直に従わうと。
だからこそ、その時を覚悟して遺作「皆様に」を残せたのでしょうね!
その遺作を礼状にしたため、葬儀ではトヨさん自身の詩を朗読した映像も流されたと・・・・・・!
きっと、これも彼女の希望だったのだと思います。

凄いですよね!私には到底出来ません。気持ちはありますけれど。
本当に人生を生き抜いたという表現がぴったりの一生だったと思います。
確かに生まれた時には裕福な米穀商の一人娘だったそうです。
しかし、若い時から家が傾き、料理屋などへ奉公に出るなどの苦労を重ねた人生だったそうですが最後はこのような有終の美を飾りたいものです。
下記の未発表の「皆様に」の遺作は「『下野新聞より転載』させていただきました。

           お迎えが 何回か来たけれど
     口実を作って お断りしてきたの
     でも私も101歳 次は無理かもしれない

     私のお葬式 たくさんの人が
     来てくれるかしら
     そのときは悲しまないで

       トヨさん がんばったね

     って 声をかけてください
     その言葉を励みに
     天国でも しっかりと暮らしてゆきます

     皆様のご多幸を
     日差しとなり そよ風になって
     応援します
     今まで ありがとうございました
     倅夫婦をよろしくお願いします

« 石塚沙矢香くんを応援する会 | トップページ | 4市2町親善ボウリング大会 大磯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56631915

この記事へのトラックバック一覧です: 101歳詩人の「遺作」:

« 石塚沙矢香くんを応援する会 | トップページ | 4市2町親善ボウリング大会 大磯 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ