« ’13年の始動です! | トップページ | 遅ればせながらの初詣 »

2013年1月 5日 (土)

グラム7万円のマグロ!

東京の築地市場でも今朝から新春恒例の初競りが行われました。
少しずつ、着実に2013年が始動していると、温もりの残る布団の中でラジオを聞いていましたが?

青森・大間産の本マグロ1本が過去最高値を約1億円上回る1億5540万円で、すし店を全国展開するお店が競り落としたニュースで完全に目が覚めました。

222㎏のマグロですから1㎏70万円。グラム7万円!!!!!。
マグロが庶民から遠くにいってしまうような価格に驚嘆しました。
しかし、このマグロを競り落とした「喜代村」の社長は、「握りずし1個に換算すると3万円以上になるが、各店では赤身134円~大トロ418円の通常価格(税込み)で販売するという。」
さすがにこれだけの大物を競り落とす社長の太っ腹のコメントにも驚きました。

青森県の大間町と言えば、本州最北端の町で、ここで取れるマグロは「黒いダイヤ」と呼ばれ毎年、築地市場で高値で取引されていることで知られています。
通常、マグロ漁と言えば「延縄漁業」です。
大手の企業が組織化して南洋に出掛け、一回出港すると1年~2年ほど日本に帰ってくることはありません。

しかし大間のマグロと言えばマグロ一本に夢を託し、一年に一本のマグロを水揚げ出来なくとも、「黒いダイヤ」マグロを求めて漁に出る漁師の姿が何度もマスコミに紹介されています。

庶民はすぐに気にしてしまいます?何を?儲けを!
今回のこのマグロは映像で見る限り、冷凍にされていませんでした。
本当に近海で取れたマグロであることは想像が出来ます。

1億5540万円で競り落とされたマグロの仕入れ値は?
そしてこれを釣り上げた漁師さんの手取りは?
ついつい、こんなことを考えてしまいます。

築地市場の初競りでは本マグロの最高値が2006年の382万円から7年連続上昇しており、昨年も「喜代村」が5649万円で落札した。市場関係者の間には「市場の価格形成に影響が出かねない」と懸念する声もある背景には、ここまで競り値が高騰してしまう背景には中国の台頭があります。
複雑な気持ちで聞いた新春のニュースでした。
それにしても「マグロ」が庶民から次第に遠くに去っていきそうな・・・・!

« ’13年の始動です! | トップページ | 遅ればせながらの初詣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56475767

この記事へのトラックバック一覧です: グラム7万円のマグロ!:

« ’13年の始動です! | トップページ | 遅ればせながらの初詣 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ