« 新春恒例の大磯警察署武道始式 | トップページ | 「海のもしもは118番」 »

2013年1月17日 (木)

厳冬の中の常夏?18年目の阪神大震災

0117久しぶりの振替休日です。
南に面した2階の角にある12畳のスペースが私とカミさんとのくつろぎの場です。
今日のように太陽が顔を出してくれていると、外は10℃に満たない陽気でも34℃までしか数字の付いていないカレンダーの温度計が計測不能になる程の暖かさになります。
本当に太陽のありがたさを実感します!

愛猫の「タマ」も「雪」の童謡ではないですが歌詞の如く丸くなって、ずっとこの状態です。
午後には陽が翳り始め、私がパソコンの手を休めソファーにもたれかかって休憩すると、今度は膝掛けの中に・・・・・!

0117_2
こんな平穏な生活を送らせていますが、今日は6434人が亡くなった阪神大震災から18年目を迎えています。
神戸市を中心にした被災地では、多くの人生を一瞬で変えた午前5時46分に鎮魂の祈りに包まれ、失われた命と、生き抜いてきた年月に思いを寄せる集いが開かれました。

南海トラフ巨大地震などの予想もあり、防災対策の一環で「地域密着」「市民参加」「防災および災害時の放送」がコミュニティ放送の特徴を活用もクローズアップされています。
コミュニティFMの可聴エリアは数十km規模の地域放送局です。従って全国キー局や県域局では報じない、地元の災害情報が得られる利点があります。

こうした機会に自分の住居地域のコミュニティFM局を把握する事がまず第一歩です。
76.0MHz~90.0MHzまでの周波数帯で聞く事ができるので、この機会に確認しておくことも必要なのかなと思います。

« 新春恒例の大磯警察署武道始式 | トップページ | 「海のもしもは118番」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56561983

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬の中の常夏?18年目の阪神大震災:

« 新春恒例の大磯警察署武道始式 | トップページ | 「海のもしもは118番」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ