« 投げることを忘れたボウラー | トップページ | 大磯町商工会・法人会大磯支部・青色会大磯支部 新年会 »

2013年1月23日 (水)

新島襄の忌日「碑前祭」

01231890年1月23日、今日は新島(山本)八重さんの夫、新島襄の忌日です。
毎年、襄の永眠した同日に同志社大学と大磯町関係者等が集い、終焉の地(元百足屋の敷地内)の前で碑前祭が執り行われます。

現在、NHKで放映されている「八重の桜」の影響もあり、いつもより参列者も多かったと聞いています。
私は、明日の3団体合同新年会等の準備もあり行くことが出来ませんでした。
写真は大磯町産業観光課の職員から提供いただきました。

襄の父親は安中藩士ですが、襄は江戸の藩邸で生まれています。
安中市では市観光ボランティアガイドの会が企画展を開催し大勢の見学者で賑わっているようです。

八重の出身地である会津若松は言うまでもなく、現在大河ドラマで会津戦争時には断髪・男装し家芸であった砲術を以て奉仕し、若松城籠城戦で自らもスペンサー銃を持って奮戦するなどの活躍や今後このような内容が放映されるのでは?と思います。ストリーが襄との出逢いとなる京都に移るまではドラマの中心地です。

大磯町には旧百足屋の敷地内に「新島襄先生終焉の地」の碑があります。
この碑は1940年(昭和15)に新島襄の門下生が集い、建立し碑の筆は徳富蘇峰によるものです。

そして「徳富蘇峰記念館」がお隣の二宮町にあります。
現在、平成25年度特別展として「新島八重からの6通の手紙展」を2013年1月8日(火)~12月8日(日)の期間で開催中です。

内容は新島八重から徳富蘇峰に宛てられた6通の手紙を中心に、八重の夫で同志社創設者の新島襄や八重の兄・山本覚馬、また勝海舟、大山巌、山川健次郎らの直筆書簡を展示しています。西郷隆盛の外套やペリーの下田来航図(巻物)、三舟(勝海舟・高橋泥舟・山岡鉄舟)の書も展示しています。

さぁー、それでは大磯町では?????
何を仕掛けましょうか?

« 投げることを忘れたボウラー | トップページ | 大磯町商工会・法人会大磯支部・青色会大磯支部 新年会 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56607125

この記事へのトラックバック一覧です: 新島襄の忌日「碑前祭」:

« 投げることを忘れたボウラー | トップページ | 大磯町商工会・法人会大磯支部・青色会大磯支部 新年会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ