« 『「寅さん」なんでもトーク 大磯小さな美術館』 | トップページ | NPO水と緑の環境ネットワークの会の総会 »

2012年12月21日 (金)

明日から一日一日が楽しみ

今日のタイトルに明日から何が楽しみか?
一秒でも太陽が日中にある時間が増えてくれるのが楽しみなのです。

今日は二十四節気の「冬至」です。
昔から暦の上では立冬からが冬で、本格的な寒さは冬至ごろからと言われていますが今年は寒さがやってくるのが早いように感じます。

「冬至とは」と聞かれれば、多くの人が「夜が長くて昼が最も短い日」とすぐに答えられるかと思います。
そうですよね。だから「日の出が最も遅くて、日の入りが最も早い」と思っている方もいるようですが、これは間違いなのです。

2012年~13年にかけて、日の入りが最も早くなるのは、札幌は12月初め~半ばで16時ちょうど頃、東京は11月末~12月上旬で16時28分、横浜は16時29分、福岡は11月末~12月上旬で17時10分。
一方、日の出が最も遅くなるのは、札幌が12月末~1月上旬の7時6分、東京は1月上旬の6時51分、福岡は1月前半の7時23分だそうです。

このことから冬至の日を過ぎて今日あたりの日没は横浜で16時33分、夕方だけを見ると日没が4分延びています。

各地とも日の入りが早くなるピークが、日の出が遅くなるピークよりも先なのです。
つまり、冬至の日には「日の出はもう少し遅くなるけれど、夕方は徐々に明るくなり始めた」という時期です。
しかし、そのズレの兼ね合いによって間違いなく昼間の時間が最も短くなるのが「冬至」なのです。

« 『「寅さん」なんでもトーク 大磯小さな美術館』 | トップページ | NPO水と緑の環境ネットワークの会の総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56365580

この記事へのトラックバック一覧です: 明日から一日一日が楽しみ:

« 『「寅さん」なんでもトーク 大磯小さな美術館』 | トップページ | NPO水と緑の環境ネットワークの会の総会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ