« 大磯宿場まつり反省会 | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

2012年12月 9日 (日)

第11回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム@葉山

このシンポジウムもいつの間にか回を重ねて11回目を迎えるのですね?
私がこのシンポジウムとの関わりを持った頃の大磯町は「旧三井守之助邸」をどうしたら保存できるのか、町をあげて活動をしていた頃です。
最終的には部材の一部を確保して取り壊されてマンションが跡地に建ってしまったのですが・・・・・。1209
葉山には御用邸がある関係か、明治期より宮家を中心にした政治家、文化人、財界人が多く住み別荘が形成されてきました。往時をしのぶ景観は残されてはいますが、全盛期から比べれば宅地化が進み、往時の面影が薄れて寂しさは拭いされません。
大磯でも同様です。
「葉山らしさ」を喪失せずに保っていくことは大変な努力が要ります。

今日のシンポジウムのテーマは「葉山らしさの継承と創造」です。
基調講演は後藤 治工学院大学教授が「湘南地域の歴史的建造物の保存と今後」のテーマで講演があり、水沼淑子関東学院大学教授からは「日影茶屋の国登録有形文化財(建築物)の登録について」保存活動報告があり、その後は葉山の別荘の今「葉山らしさの継承と創造」のセッションで辻吉隆/葉山環境文化デザイン集団、伊勢地成好/景観まちづくり研究会・葉山、野中康司/エコツーリズム葉山、野口浩平/一色第五町内会、松澤利親/アートの力とまちづくりの地元で保存活動に携わる団体からの話がありました。

1209_2
今回の主要なテーマの「葉山らしさ!」
私も地元では「大磯らしさ!」と口にしますが、ある面ではそこに住んでいる町民の人数分の「らしさ」を持っているのですよね!ここに、この事業の難しさがあることを、改めて痛感したシンポジウムでした。

« 大磯宿場まつり反省会 | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56287251

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム@葉山:

« 大磯宿場まつり反省会 | トップページ | 私の関連するイベント情報 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ