« 大磯宿場まつり「運営スタッフ会議」 | トップページ | 大磯小学校「第139回運動会」 »

2012年10月 5日 (金)

「16ミリ映写機操作技術認定証」

事務所の引き出しの奥に「16ミリ映写機操作技術認定証」がありました。
昭和46年に取得したのですから40年以上も前に取得した「認定証」です。

1005__16
DVD全盛のご時世に、この「16ミリ」のフィルムなど見る機会はあるのでしょうかね?
でも、各地の図書館でこの講習会は未だに行われている様子に、ちょっと嬉しく思います。

講習会に行って映写機の扱い方の練習もしました。
当時はフィルム装填は全て手動です。
撮影中にフィルムが破損した場合にはスプライサーを使用してフィルムをつなぎます。
スプライサーとはフィルムを切ったりつないだりする道具。テープを装填して、ちぎれたフィルムをセットし、穴開けパンチの要領で圧すと、きちんとパーフォレーションの穴が開いてフィルムを元通りに接合するための道具のことです。最近の映写機は扱ったこともありませんが、きっと、フィルムを差し込めば自動的に装填してくれるのだと思います。

当時、子ども会活動に熱中していた時代に「認定証」を持っていないと県内の図書館や視聴覚ライブラリーからの16ミリフィルムと映写機を借りることが出来なかったので取得をしたのです。現在でも同じです。
その映画会の途中でフィルムが切れると、手元の明かりで子どもたちを飽きさせないように短時間で行うにはそれなりの練習が必要なのです。

そして、今日この「16ミリ映写機操作技術認定証」を見て、子どもの夏休み期間中に各地で巡回映画会を行った、若かりしのことを、ふっと懐かしく思い起こした一日でした。

« 大磯宿場まつり「運営スタッフ会議」 | トップページ | 大磯小学校「第139回運動会」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55825986

この記事へのトラックバック一覧です: 「16ミリ映写機操作技術認定証」:

« 大磯宿場まつり「運営スタッフ会議」 | トップページ | 大磯小学校「第139回運動会」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ