« 秋のつるべ落とし 景気も連動? | トップページ | 秋の空かから冬の空へ! »

2012年10月23日 (火)

吉田沙保里選手に国民栄誉賞

女子レスリング界の王者、吉田沙保里選手に国民栄誉賞が贈られることが決定しました。
おめでとうございます!
世界選手権で10連。五輪と合わせて13大会連続世界一を達成しているのですからすごい記録です。

記者会見で「世界大会14連覇、リオデジャネイロ五輪の金メダル獲得に向けるなど、世界記録を更新することが国民栄誉賞に応えることだと思う」と喜びを語っていました。

私はレスリングのことは良く知りません。
世界大会になると注目される種目程度の認識しか持ち合わせていません。
野球やサッカーから比べるとマイナーなスポーツの印象もします。
(レスリングファンにはゴメンナサイ!)

しかし、2002年の世界選手権で初優勝して以来、アテネ、北京、ロンドンのオリンピックの3連覇を挟み、ことし9月の世界選手権で10連覇を達成し、合わせて13大会連続で世界一になり、男子のアレクサンドル・カレリン氏(ロシア)の12大会連続世界一を抜いたことに際し、「ギネスブック」の記録認定は達成した側からの申請が原則とのことですが吉田選手の場合はギネス側から働き掛け、ギネス世界記録の認定証を受け取ったことでもその偉業の凄さを証明していると思います。

国民栄誉賞とは、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった方に対して、その栄誉を讃えることを目的」としています。

過去に大リーガー、イチロー選手は、2001年にメジャーリーグで日本人選手史上初となる首位打者・盗塁王のタイトルを獲得する活躍を見せ、この活躍に当時の小泉首相から国民栄誉賞を打診されましたが「国民栄誉賞をいただくことは光栄だが、まだ現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい」と固辞しました。続いて2004年もメジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新したことから国民栄誉賞の授与を検討されたがこれも再度固辞したイチロー選手の違ったポリシーを感じます。世の中こうした栄誉を受けるにしても我々凡人が理解しがたい哲学を持っていると感心はしますが、改めて吉田沙保里選手の栄誉に心から賛辞を送りたいと思います。

« 秋のつるべ落とし 景気も連動? | トップページ | 秋の空かから冬の空へ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55956545

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田沙保里選手に国民栄誉賞:

« 秋のつるべ落とし 景気も連動? | トップページ | 秋の空かから冬の空へ! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ