« 大磯小学校「第139回運動会」 | トップページ | 大磯海岸での塩づくり体験教室 »

2012年10月 7日 (日)

自転車の安全な乗り方認定証(上級)

5日に「16ミリ映写機操作技術認定証」の話題について書きました。
その時に一緒にあった認定証、それが今日の話題の「自転車の安全な乗り方認定証(上級)」です。

1007___2
昭和50年代に交通安全協会の交通指導員を拝命していた時期がありました。
その頃、各地区の子ども会や小学校では盛んに「自転車の安全な乗り方教室」が行われていました。

その教室は「交通安全子供自転車全国大会」に向けての予選会も兼ねて行われていたのです。
この大会は昭和41年12月に「自転車の安全な乗り方コンテスト全国大会」としてスタートし昭和48年の第8回大会から「交通安全子供自転車全国大会」と改称され今年で第47回を迎える伝統ある大会なのです。
大会の名称の如く自転車に乗るための交通法規と実技を競う大会です。

自転車が関連する交通事故は全事故の約2割を占めています。
そして、自転車は「車のなかま」なのですから、原則として車道を走る必要があり、交通ルールを守り、安全な運転を心掛けなければなりません。
こうしたことを子どもたちの教えるために、当時の先輩たちからこの資格を取得して来いと言われて取った認定証が「自転車の安全な乗り方認定証(上級)」なのです。

これって、意外と大変だったのを覚えています。
乗り出し前の前の確認、手相図から始まって、交差点手前の相図の出し方、幅が30㎝のコースをはみ出さないように、また、細い8の字のコースを回るのにペダルを戻さないで遅く走ったり、板乗りやバランスを崩しやすいでこぼこ道を走らせたりと、実技もかなりの難度があったことを覚えています。

いずれにしても自転車は車両です。
交通ルールを遵守して事故を起こさないようにするのはもちろんですが、加害者になる場合もあります。
そうすると当然の責任として、被害者の方の受けた損害を賠償しなければなりません。

たかが自転車と思わずに、乗る以上は最低限の交通ルールを守って乗りましょう!

« 大磯小学校「第139回運動会」 | トップページ | 大磯海岸での塩づくり体験教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55837960

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の安全な乗り方認定証(上級):

« 大磯小学校「第139回運動会」 | トップページ | 大磯海岸での塩づくり体験教室 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ