« 神の助けを借りられない秋! | トップページ | 大磯宿場まつり「運営スタッフ会議」 »

2012年10月 3日 (水)

お上りさんの一日

久しぶりに職員協議会の福利厚生事業で「東京宝塚劇場」に行きました。

1003_2

観劇の前に日比谷公園(メイン6会場)で現在行われている「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」へ。
日比谷公園では、毎年日比谷公園ガーデニングショーが行われていますが、この事業をベースに併せて「全国都市緑化フェア」を開催したようです。

周囲をビルに囲まれた中にぽっかりと穴のあいた空間は違和感を覚えます。
が、都会で生活をしている人には貴重な空間なのだろうと思います。
都会のオアシスで一息つき宝塚劇場に移動!

5b7a6af5s

本日の公演は、フランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説を題材にしたミュージカル・ファンタジー『サン=テグジュペリ』-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-です。

児童文学を題材にしたミュージカル・ファンタジーですが、子どもの心を失ってしまった我々大人に何かを示唆する劇です。だから世界で8,000万部、日本でも600万部が売られているのでしょう!

特に「大切なものは、目に見えない」とする本作の言葉に考えさせられました。
「命」「愛」は確かに生きていく上では大きな問題ですが、全く見えません。
それだけに尊さもあるのでしょうね。
こうした大切さを子ども達に伝えていかなければいけません。
そして我々大人もこうしたミュージカルで改めて認識する必要もあるのだと思います。

後半の『CONGA』と題したラテンのショーは、本当に激しいリズムに乗ったダンスが美しく、感動しました。

観劇後は劇場からベンチアートを見ながら改装になった東京駅のライトアップを見ようと歩き始めたのですが、雨に見舞われてこちらはパス。

久しぶりに仕事を離れた「お上りさん」気分の一日でした。

« 神の助けを借りられない秋! | トップページ | 大磯宿場まつり「運営スタッフ会議」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55810082

この記事へのトラックバック一覧です: お上りさんの一日:

« 神の助けを借りられない秋! | トップページ | 大磯宿場まつり「運営スタッフ会議」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ