« 近い内に関東地方でも「木枯らし一号」が? | トップページ | 大磯宿場まつり最後の追い込み »

2012年10月30日 (火)

大磯市の懇談会

大磯市も始めて2年が経過しました。
19店の出店で小じんまりした「大磯市」としてスタートしました。
いつから大磯町は「市」に昇格をしたのと問い合わせもいただきました。
それが、今や毎回100店を超える出店により神奈川県でも有数の朝市に育ててもらいました。
これも出店者や実行委員会のメンバーのお陰です。

大きくなればなるで、次々と課題が生じてきます。
それを一つ一つ修正をして解決することにより、出店者も来場者と一体となった、皆で創り上げる「市」になるのだろうと思います。

「大磯市」を始めるきっかけは、「大磯市」をチャレンジの場にしてもらうこと。そして、大磯全体を「市」にする。そのためには港に直接出店できない商店にマチナカ出店をして、港会場と連携をしてもらうことでした。

こうした当初の目的を達成するためには運営している実行委員会だけでは中々解決できるものでありません。

1030

今夜は実際に出店している方々に集まっていただき実行委員会メンバーと懇談会を行いました。
何と!40人近い仲間が集まってくれました。
そして、とても貴重な意見を沢山いただき、驚くことに酒の入っている懇談会でこれだけの意見が正直でるとは期待していませんでしたが・・・・・?
それだけ皆さん大磯町に愛着を持っている証だと痛感し、頼もしさを感じる懇談会でした。

« 近い内に関東地方でも「木枯らし一号」が? | トップページ | 大磯宿場まつり最後の追い込み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/56007710

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯市の懇談会:

« 近い内に関東地方でも「木枯らし一号」が? | トップページ | 大磯宿場まつり最後の追い込み »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ