« 小磯の七夕 大磯 | トップページ | 昆虫にも「刷り込み現象?」 »

2012年8月 8日 (水)

参加することにこそ意義?

昨日は立秋!
今朝は秋を想わせるような風が爽快でしたね!
しかし、ロンドンオリンピックは終盤を迎えて熱い熱い戦いが続いています。
バレー、卓球、サッカーの女子は見事な戦いを展開し、国民の寝不足を誘ってくれる活躍です。

44年ぶりにベスト4入りしたサッカー男子はメキシコ戦で先制点を奪ったものの逆転負け。
ブラジルに負けた韓国と銅メダルをかけた試合に臨むことになりました。

韓国選手は日本戦で勝利し銅メダルを獲得すると、軍に服務する際の兵役特例対象者に分類され、現役兵ではなく公的機関などに勤務する公益勤務要員となるそうです。この制度は一般的な公益勤務要員とは違い、4週間の基礎訓練を受ければ退所でき、その後は該当分野で指導者や選手として34カ月間過ごせば良いのです。
更に銅メダルを獲得した場合、何と、監督と選手に合わせて15億2000万ウォン(約1億円)の報奨金が支給される、ビッグなプレゼントも待っているとか!

このプレゼントを享受するためには「五輪の団体種目でメダリストになった選手が兵役免除を受ける場合、1秒でも試合に出場していなければならない」規定があります。
つまりベンチウオーマーは該当しないのですから、ピッチに立てるか立てないで大きな差があります。まずチーム内の戦いを勝ち抜かなければならないのです。

かつて、クーベルタン男爵(実際は男爵の言葉ではないそうですが)唱えた「オリンピックは、勝つことではなく参加することにこそ意義がある。」は死語になりました。

一方では、トランポリンで5位に入賞した上山選手のように、スポンサー企業がなく、東京都内のアパート暮らしの中でオリンピックを目指していた真摯な姿に救う神がいることに感激しました。
埼玉県の不動産管理会社を夫婦で経営している方が、自らのマンションに住まわせ、社員扱いにして月給を支給。スポンサーになれば自社広告等の制約を課せられるのが普通ですが、このご夫婦のスポンサー?条件は「五輪で活躍するため練習を頑張ること」のみ。

上山選手はメダルこそ逃しましたが5位入賞は見事でした。
脚光を浴びるメジャーなスポーツの裏にオリンピックの代表選手と言えども、こうした苦労をしている選手がいるのです。

« 小磯の七夕 大磯 | トップページ | 昆虫にも「刷り込み現象?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55380950

この記事へのトラックバック一覧です: 参加することにこそ意義?:

« 小磯の七夕 大磯 | トップページ | 昆虫にも「刷り込み現象?」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ