« そろそろ秋の楽しみ方を! | トップページ | 心の豊かさを重視 ブータンに近づく? »

2012年8月25日 (土)

台風の接近で記者会見?

台風15号(ボラヴェン)は北へ進み、明日沖縄へ最接近する見込みです。
最近の気象状況は、台風を始め、各地の雨の降り方等で想像を超える吹き方、降り方をしています。
時間降雨30ミリ位の雨は、何か当たり前のような降雨としてニュースが流れています。
100ミリ位の雨が降らないと驚かなくなって、明らかに感覚が昔と違います。

気温にしても35度を超える猛暑日も当たり前の様に毎日続いています。
こんなに頻繁になかったような気もしますが。

台風15号の接近を受け、沖縄気象台は異例の記者会見を開き「近年にない記録的な風と雨が予想される」として、最大級の警戒を呼びかけました。その会見の詳細は「今回ほどの規模の台風が沖縄本島を通過するのは、最近ではみられない。近年にない記録的な風や雨が予想される」と述べ、今から56年前の1956年に沖縄気象台が那覇市で観測した73.6メートルの最大瞬間風速に匹敵する暴風が吹くおそれがあるとしています。

先ごろ、風速70メートルを超す「スーパー台風」が60年後くらいには4倍に増えると日本気象学会で発表されました。
この要因には「地球温暖化」があります。この温暖化によって海面温度が1度上昇するだけで台風の育ち方、つまり勢力が格段に増してくるのです。

「スーパー台風」とは記憶に新しい、2005年8月末にアメリカ合衆国南東部を襲った大型のハリケーン「カトリーナ」クラスの台風がやってくるということです。「カトリーナ」の被害を大きくしたのは、避難勧告に従わなかった2割の人の中で起こったものです。

日本でも高潮や風に対する避難勧告に従う重要性を軽視して、水害等対策に対する甘さがあります。
いずれにしても、停電に備えて懐中電灯や電池の用意や非常用の食品や飲料水の確保、それに、避難の指示が出た際にすぐに避難できるよう準備しておくことが必要なのでしょうね!

今年の二百十日は8月31日です。この時季は稲が開花・結実する大事なときですが、台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうことがよくあり、厄日とか荒れ日などと言われていますので用心にこしたことはありません。

« そろそろ秋の楽しみ方を! | トップページ | 心の豊かさを重視 ブータンに近づく? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55506074

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の接近で記者会見?:

« そろそろ秋の楽しみ方を! | トップページ | 心の豊かさを重視 ブータンに近づく? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ