« 真夏を思わせる梅雨の合間 | トップページ | 夏休みを前にした「万引防止パトロール」 »

2012年7月11日 (水)

二大政党から再び多党化へ?

民主党を除籍(除名)された小沢一郎氏が率いる「国民の生活が第一」の新党が出来ました。
それにしても小沢さんの政治家としての歩みは新党を結成しては「破壊」そしてまた「新党」と、今回で4党目の新党ですね。
小沢さんがかねてから訴えていた「政権交代可能な二大政党」は民主党で事実上、実現したかに見えましたが、今回はその自らが作り上げた民主党を壊す形での離脱です。今度の目的はなんなのでしょうか?

党名の「国民の生活が第一」は民主党が政権交代を果たした2009年衆院選の際のスローガン。
小沢氏は「一体改革に名を借りた消費増税法案を撤回させるべく行動していく決意だ」と述べ、増税阻止へ決意を表明していましたが、これが本当に「国民の生活が第一」になる政策なのでしょうか?
小沢さんの政治家としての過去の発言等からみると大分違和感を感じますが。
私だけではないと思います。だから世論も期待をしていないとの評価になっているのだと思います。

現在の既成政党は9党。
政治にかなり関心をもっている私でも、え~と!と悩むほど既成政党の名前が出てきません。
まして政党名と党首まで完全に言える人がどれだけいるのか?

民主党・自民党・公明党・共産党・社民党・国民新党・みんなの党・新党日本・たちあがれ日本・新党改革それに「国民の生活が第一」が加わるのですから大変です。

確かに国民一人一人の価値が違います。
極論を言うのであれば有権者分の個人政党があっても不思議ではありません。
だから、世論調査をすれば支持政党なし層が半数を超えているのはある面では当たり前だと思います。

その割に選挙のたびに投票率が極端に低いことから推測すると、支持政党なし層は「無関心党」なのでしょうか?
あるいは既成政党に自分の思いが一致しないのでしょうか?
いずれにしても政治は国民が作り上げていくものです。
政治に対して「諦め」「冷めている」この状況を懸念します。

« 真夏を思わせる梅雨の合間 | トップページ | 夏休みを前にした「万引防止パトロール」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/55174020

この記事へのトラックバック一覧です: 二大政党から再び多党化へ?:

« 真夏を思わせる梅雨の合間 | トップページ | 夏休みを前にした「万引防止パトロール」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ