« 高梁市&真庭市の建造物保存地区 | トップページ | 「旅」のもう一つの楽しみ »

2012年6月 4日 (月)

「旅」のテーマ

私の趣味の一つは「旅」だとは何度か書きました。
そして「旅」のテーマは「街道」と「重要伝統的建造物群保存地区」を訪ねることです。
重要伝統的建造物群保存地区は平成23年11月29日現在全国で93か所あります。
その内約70か所ほど訪ねています。
毎年、何箇所か追加されていくので、いつになったら完全制覇できるのか分かりません。
従って永遠のテーマになると思います。

伝建地区と呼ばれているこの地区には京都の祇園や金沢市の東山地区、山口県の萩市のようにメジャーな観光地の一角にこうした伝建地区があるところには大勢の観光客がやってきます。

今回、訪れた伝建地区は都会地から比較的離れた地区です。
高梁市での小さなギャラリーでは作家さんとオーナーがホットな論議をしていました。
「保存も大切だが、どのように生活を成り立たせていくの」かと?
非常に現実的な話に意見を求められてもそう簡単に答えが出るわけがありません。

しかし、一つ言えるのは「住んでいる人がどれだけ地元に愛着を持てるか?」ということです。
そこに住んでいる人の誇りがなければ訪れる人に良さが通じるはずがありません。

振り返ってみると首都圏から一時間足らずで足を運ぶことの出来るわが町には、周辺都県で3,600万人の人口を抱えています。同じ田舎と言っても大変めぐまれた町だと思います。
まちづくりには一定のハード整備も必要なのですが、住民の迎え入れるホスピタリティーが一番重要だと思います。

各地で「こんちちは!」「ようこそ!」と声を掛けていただき、地元の方と色々な会話をしている内に、ついつい二人分のお菓子を買い、その場で食べて昼食代わりになる旅なのです。
こうした地道な積み重ねが大切なのです!
今回も沢山の出会いをいただきました。

0604

« 高梁市&真庭市の建造物保存地区 | トップページ | 「旅」のもう一つの楽しみ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54887395

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅」のテーマ:

« 高梁市&真庭市の建造物保存地区 | トップページ | 「旅」のもう一つの楽しみ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ