« 『崖の上のポニョ』の鞆の浦 | トップページ | 「旅」のテーマ »

2012年6月 3日 (日)

高梁市&真庭市の建造物保存地区

備中の小京都と呼ばれる「備中高梁」を訪れました。
街中の紺屋川の美観地区、そして「吹屋地区」を訪れました。
吹屋の町並みは、江戸時代後期から明治時代にかけて銅山とベンガラ生産で大いに繁栄しましたが、時代の変遷と共にその役目も終え、産業としての歴史に幕を閉じました。
その後は、地域住民で組織された「吹屋町並保存会」が中心となり、伝統的家屋の再生と景観保全に取り組み、多くの人が訪れるようになっています。

0603

0603_2

0603_3

この「吹屋地区」が平成24年度都市景観大賞の都市空間部門において、大賞の国土交通大臣賞を受賞した、ホットなニュースを知りました。

次に訪れた先は古くは出雲街道の要衝として繁栄した真庭市の勝山地区です。
白壁や格子窓の古い町並みが残るこの地区は、昭和60年に「町並み保存地区」に指定されています。

0603_4

文化と伝統を伝えながら、各軒先をかざる暖簾の風景が一体化し、住む人の温もりをしっかりと表現し、訪れる人を迎えてくれました。

« 『崖の上のポニョ』の鞆の浦 | トップページ | 「旅」のテーマ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54872621

この記事へのトラックバック一覧です: 高梁市&真庭市の建造物保存地区:

« 『崖の上のポニョ』の鞆の浦 | トップページ | 「旅」のテーマ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ