« 世紀の天体ショー「金星の太陽面通過」 | トップページ | 嫁さんと舅のボウリング? »

2012年5月25日 (金)

広辞苑初版発行の日

文字離れが進んでどの位の時期が経つのでしょうか?
毎日、パソコンのお世話になっていても、読書だけは本。完全にアナログ派です。
それでも本を読む時間は、数年前から比べると少なくなっている気がします。

一方、調べものとなると、まずは検索サイトと圧倒的にデジタル派になってしまいます。
1955年の今日、広辞苑の初版本が岩波書店から出た日だそうです。
1969年第二版、83年第三版、91年第四版、98年第五版が発行され、2008年に第六版が発行されました。

この広辞苑も欲しくて、購入した辞書ですが・・・・・・・?
最近、この辞書も手にすることがほとんどなくなりました。
改めて、広辞苑を手元に持ってきました。
私の持ってきた広辞苑は、昭和47年10月16日、第二版第六刷発行、定価3,200円です。
当時の私にとっては、大変高い買い物で、購入当初は頻繁に使用していたのですがね。

改めて見ると、えっ! 文字が小さくて良く見えません。

0525

眼が疲れます。これではネット検索に頼らざるを得ません。

« 世紀の天体ショー「金星の太陽面通過」 | トップページ | 嫁さんと舅のボウリング? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54798524

この記事へのトラックバック一覧です: 広辞苑初版発行の日:

« 世紀の天体ショー「金星の太陽面通過」 | トップページ | 嫁さんと舅のボウリング? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ