« 今夜は「花散らしの雨」 | トップページ | 平成23年度事業等監査会 »

2012年4月12日 (木)

魔法の言葉 ありがとう!

「ありがとう」とは自分以外の人等に対して感謝やお礼の意思を伝える言葉であり、感動的にも用いられる場合もあります。

私はお願いしたことに応えてくれた時や、自分がやろうと思っていたことを先にやってくれたことに対してごく自然に「ありがとう」という言葉が出る方だと思います。

また、買い物した時には店員に「ありがとう」
食事をした時にも「美味しかったよ、御馳走さま、ありがとう」
カミさんがお茶を入れてくれた時にも「ありがとう」・・・・・・。
グループウエアに入っている伝言にも、まず冒頭に「ありがとう!」
その言葉は孫のような小さな子、目下であろうと言います。
目上の方には「ありがとうございます」と変化しますが感謝やお礼に上下関係はありません。

そうです。「ありがとう」という言葉はとても不思議な言葉なんです。
言われた方も、そして言った方もとても心が温かくなって幸せな気分になれる言葉です。
幸せを呼び込む言葉でもあるのです。

この言葉は、意識して毎日、言い続けることに意義があるのです。
声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた、正に「言霊(ことだま)」です。

この「ありがとう」が、今年で20回目を迎える越前丸岡藩の「日本一短い手紙」の「お題」だそうです。
日本一短い手紙と呼ばれる「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」は、戦国武将本多重次が息子仙千代、後の初代丸岡藩主本多成重のために送ったものです。この手紙文の碑は日本で最も古い天守閣をもつ丸岡城にあります。

今日もいっぱい「ありがとう」を言いました。

« 今夜は「花散らしの雨」 | トップページ | 平成23年度事業等監査会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54456615

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の言葉 ありがとう!:

« 今夜は「花散らしの雨」 | トップページ | 平成23年度事業等監査会 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ