« 好い日・悪い日? | トップページ | 入学式には桜が似合う! »

2012年4月 4日 (水)

一日二食の意外な健康法?

いつの頃から食事は一日三食きちんと、食べないと健康を害してしまうと言われたのでしょうか?
そして本当に、そうなのだろうか?

私は朝食抜きの生活をずっと続けています。
動きの少ない、事務職なのでそれで充分なのです。

それが、先日、何かの本か?ラジオか? どちらかで
「不健康な体を健康体に根本から変える、最重要ポイントは朝食を抜くことである。」と。

私が朝は食べていないと言うと「ええ? 朝食を抜くなんて、不健康の最たるものじゃないか」「どこか悪い?」と心配されることも多いのが現実です。
しかし、この説でいけば、私など理に適った健康法を実践しているではないかと 一人にんまりとしていた記憶があります。

と思いながら調べていくと、人間の体の消化時間を根拠にしているようです。

人間は食事を完全に消化吸収し、排泄するまでに18時間を要するそうです。だから1日に一度、食事の間隔を18時間、空ける必要があると。そうしないと内臓は24時間常に活動しなければいけないと。それも1日だけで見ればたいしたことはないように思えるが、1日に1度も内蔵を休めない人は、死ぬまで内蔵を休めない人である。
逆に、1日に1度、必ずこの間隔をあけている人は、毎日体を休めていることになる。死ぬまで体を休めない人と、毎日休めている人。その体力差は自明であろう。と言っていました。

私は朝食を抜く方が自分の体の調子が良いと何気なく続けてきた食生活に、こうした思い掛けない後ろ盾があることを嬉しく感じました。

美食、過食が健康を害している一面があることだけは、間違いがありません。
適度に、自分に合った食事法を見出すことが最大の健康法だと思います。

« 好い日・悪い日? | トップページ | 入学式には桜が似合う! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54392816

この記事へのトラックバック一覧です: 一日二食の意外な健康法?:

« 好い日・悪い日? | トップページ | 入学式には桜が似合う! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ