« 会議三昧の一日 | トップページ | この週末は大磯オープンガーデンへ »

2012年4月19日 (木)

欲しいですね!誉めあう社会

諸外国の家族は「身内」を良く誉めます。
日本は「身内」のことを余り良く言いません。
職場では上司は部下のことを良く言いません。部下も上司のことを良く言いません。

何故なのでしょうかね?
皆さん、一人一人がしっかりしているので独立心が強く、自分一人で誰にも頼らずに生きているという自負を持っているのでしょう?と思います。
だから自分以外の人を認めることも出来ずに、自分の考え方が常に正義だと思っている裏返しだと思います。

最近は、社会全般的に欠点を見出し指摘するのは得意だけれど、相手の良い所を見る視点がないことに一抹の寂しさを感じることがあります。

職場では褒め合う行動が必要だと思います。成熟した社会にあっては特に必要だと思います。
職員同士で誉める仕組みが出来上がると、どのような効果があるでしょう?

誉められるということは、人とちょっと違う輝きがあるはずです。
その輝きに気づくということは、日頃からそうした視点で見る眼が養われているから気がつくのです。
だから誉めることも出来ます。独りよがり、自己中心で行動している方には見ることは出来ないでしょう。

一つ言えることは、誉められて気分を害する人はいないと思います。ですから、誉められれば、モチベーションも上がり、自ら考え行動する職場が醸成されるはずです。

職場でいきなり実践することに違和感を感じる人は、まず家族で、そしてなにより、照れくさいと思わずに「夫婦間で誉めあう」ことから始めましょう!
う~ん。実はこれが一番難しいと思うご仁は多いのではないでしょうか?

ここでも「ありがとう!」という言葉とリンクします。
夫婦で「お互いが一番愛情を感じる言葉は何か」というランキングにおいて、男性側は「お疲れ様、ご苦労様」「ありがとう」が1・2位となっており、女性側もダントツの得票数1位で「ありがとう」となっています。
「ありがとう!」は「好きだよ!」「愛しているよ!」といった言葉をおさえる魔法の言葉なのだそうです。(出典:明治安田生命『夫婦の日アンケート2007』)

「ありがとう!」であれば誰でも言うことが出来るのではないでしょうか?

« 会議三昧の一日 | トップページ | この週末は大磯オープンガーデンへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54514097

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいですね!誉めあう社会:

« 会議三昧の一日 | トップページ | この週末は大磯オープンガーデンへ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ