« 平成23年度事業等監査会 | トップページ | 「いそべえ」大磯市に登場 »

2012年4月14日 (土)

新東名高速道路が部分開通

今日、新東名高速道路が御殿場~三ケ日間の約162キロが開通しました。
海老名南~豊田東の全長約254キロが完成するのは8年先の2020年度だそうです。
現在の東名高速は清水~富士インターチェンジ間が海岸線のルートにあるために、たびたび台風などの影響で交通止めが発生していましたが、新東名は内陸側を通り、天候の影響を受けにくく災害時の代替ルートとしても期待されています。

日本初の高速道路として名神高速道路の栗東IC~尼崎ICが開通したのが1963年7月。
そして1965年に名神高速道路が全線開通。
全線開通したことに伴い、トヨタがコロナを小牧~西宮間を10万キロ往復耐久テストを昼夜徹して行い58日間で276往復走行したことが高校生だった頃の記憶に残っています。

そして東名高速が開通したのが1968年。
私が普通自動車免許を取得したその年のことです。
免許証を手にして東名高速道路に行って、気持ち良く走ったのが44年も前のことを鮮明に思い出します。
それだけ車の魅力に取りつかれていたという証です。今でもそうですが。

« 平成23年度事業等監査会 | トップページ | 「いそべえ」大磯市に登場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54472330

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名高速道路が部分開通:

« 平成23年度事業等監査会 | トップページ | 「いそべえ」大磯市に登場 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ