« 珍しい2月29日の雪景色 | トップページ | 春はそこまで »

2012年3月 1日 (木)

スマートとワイズ

世の中には馬鹿と利口がいます。
人が「利口」と言う時にはもちろんいい意味で使う時もありますが、得てして「利口だけれど信頼ができなな!」といった意味で使っていることも少なくありません。

英語にも同じような言葉で「スマート」と「ワイズ」で使い分ける場合があります。
「ワイズ」は信用できる利口。「「スマート」は少しばかり小利口、だけれど信用が出来ないという使われ方をしているように感じます。

利口な人は先が見えるから冒険が出来ない。しかし、先が見えるかと言って世の中の変化が激しい時代に見通すことが出来るのは精々2年から3年程度の先でしょう。本当に近未来的な先だと思います。
ところが馬鹿は先が見えないから、今、目の前にある課題に一生懸命取り組み馬鹿正直にやってしまうのです。だから馬鹿が愛される一面も持ち合わせているのだと思います。
そうした面でみると私などは馬鹿の代表格かもしれません。

でも馬鹿も捨てたものではありません。
馬鹿の語源を調べると梵語の「摩訶般若波羅密多(まかはんにゃはらみた)」の「摩訶」から出ているとのことです。そして「摩訶」とは「「偉大な」とか「際限ない」という意味から転じて「馬鹿」になったというこです。

世の中では「理論」「論理」だけで動くものではありません。
そうすると、私のように論理から少し外れた、遠くを見つめる「馬鹿」を目指す人間であって良いと思います。逆に自分自身はそうありたいと思います。

« 珍しい2月29日の雪景色 | トップページ | 春はそこまで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54117124

この記事へのトラックバック一覧です: スマートとワイズ:

« 珍しい2月29日の雪景色 | トップページ | 春はそこまで »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ