« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 本当の理解者とは? »

2012年3月 5日 (月)

啓蟄に虫が地中に逆戻り?

今日は二十四節気の一つ、啓蟄です。
啓蟄には春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫たちが外に這い出てくる頃のことです。
「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味があり「蟄」には「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、閉じこもる」という意味があります。(出典:知恵蔵2011)

しかし、今朝、目覚めた虫さん達は、昨晩からの氷雨で土から出てこようと予定をしていましたが、思わず季節を間違えたかな?と思い、再び地中に潜り込んでしまうような陽気です。まだまだ春は先のようです。
それでも、九州地方は4月並の暖かい朝を迎え「日に日に膨らみ、花びらを広げる準備をしているハクモクレンのつぼみ」が大きくなりました。とのニュースもありました。

明日にも、春一番がやって来るような予報も出ていますが・・・・・・・。
本当に、春の到来が待ち遠しいです。

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 本当の理解者とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/54147575

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄に虫が地中に逆戻り?:

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 本当の理解者とは? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ